2017年09月15日

中国のミリオタ、ステルス戦闘機J-20を自作する

何が彼らを駆り立てたのか。1年の月日、20万元(現在のレートで340万円弱)、そして5dもの鋼材を使って作ったのが、最新鋭ステルス戦闘機J-20の模型。

3人の若者のうち、1人は板金工をしてるとか言う報道もありましたが
それにしても、この出来栄えは見事なものですね。

ba6e23a3-c118-4d08-aa6f-5628f3558899.jpg

b73be6d9-9c49-4983-b1a4-ab43703f740c.jpg

f4549fe3-fa35-4fbd-b575-81e86c0f1769.jpg

※以上3枚、画像引用元 http://japanese.china.org.cn/life/2017-09/12/content_50016214.htm


ラベル:中国軍
posted by てっちゃん at 07:31| Comment(0) | 中国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月14日

US-2もいいけど、機動衛生ユニットと言うスグレものもありますよ〜

この発想はなかった。中に積む医療機器は別として(電源などハード面や運用などのソフト面で、解決すべき問題が多々あるだろうから)日本にはこう言う装備があるよー、と言う話くらいは外国にしてもいいんじゃないかと思った。




元は重篤な戦傷者を設備の整った後方の病院へ搬送するために作られたのが、機動衛生ユニット。
戦争が無い平時の今は、緊急を要する患者さんを地方から大都市へ運ぶのに大活躍してます。

機動衛生ユニットの外観

航空機動衛生隊 機動衛生ユニット IMG_9527_2
航空機動衛生隊 機動衛生ユニット IMG_9527_2 posted by (C)てっちゃん

中はこんな感じ

航空機動衛生隊 機動衛生ユニット IMG_9523_2
航空機動衛生隊 機動衛生ユニット IMG_9523_2 posted by (C)てっちゃん

戦傷者の処置については、それぞれの国で考え方が違うと思うけど
搬送する、と言うことであれば役に立つんじゃないかなぁ。

平時であれば、当然一般市民方々にも使ってもらえると思うし

C-130Hへの搭載の様子、内部での活動の様子が収録された動画がこちら↓



※あくまでも医療的知識がなく、緊急医療についても知らない素人の発想です。こんな考えの人間もいるんだ程度に、読み流してくださいね。












ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 20:23| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月13日

MRJ、ANA塗装で県営名古屋空港に出現

度重なる不具合で先延ばしされる航空会社への納入。「大丈夫か」なんて声もあるけど、みんなで応援しようじゃありませんか。

MRJの最終組み立て工場に隣接する、県営名古屋空港に全日空の塗装を身にまとった機体が姿を現しました。
小牧基地ウォッチャーの皆さんが、続々とツィートされてます

画像を見たい方は、ツィッターで「MRJ」で検索して見てください
ツィートをブログに埋めこめば良いんだろうけど、どうかなぁと思うんで。

先月は飛行試験でエンジンが停止、なんて事態が発生しましたが
すでに飛行試験を再開
三菱航空機の社長は、契約は維持されていると語るとともに、新たに海外の航空会社からも声がかかってると述べています

三菱からANAカラーに塗装が施されるタイムラプス動画が、YouTubeにアップされています
この機体が日本の空を飛ぶ日が、待ち遠しいですね

約2分弱です















ラベル:小牧基地
posted by てっちゃん at 07:09| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月12日

陸自OH-6、高校の航空科で第2の人生

熊本地震で被災状況を偵察したOH-6が、規定の飛行時間を経過したため退役。
高校の航空科で整備実習に使われるため、無償で貸与されることとなりました。
※記事参照元 2017.09.09 毎日新聞 陸上自衛隊目達原駐屯地 北陵高にヘリ無償貸与 整備学ぶ

OH-6D 2017年小牧基地オープンベースで撮影

OH-6D観測ヘリコプター 31306号機 IMG_4687_2

貸与先は佐賀市の北陵高校航空科。航空機整備の一環でヘリを解体したり、組み立てたりする授業をしていたため、数年前から新たな機体を探していたとのこと。

3月に退役したOH-6が佐賀県の陸上自衛隊目達原駐屯地にあり、佐賀地方協力本部を通じて無償で貸し出されることが決まったそうです。

自衛隊側の佐賀地本は
学生の職業選択の一助となれば
とコメント。

貸与先の航空科の先生は
教材と実物は全然違う。実習の範囲も広がる
と語っていたそうです。








ラベル:陸上自衛隊
posted by てっちゃん at 06:43| Comment(0) | 陸上自衛隊の航空機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月11日

フランス空軍最初のA330MRTTが初飛行

エアバス・ディフェンス・アンド・スペースは9/7、フランス空軍向け空中給油/多目的輸送機A330 MRTTの発飛行を成功させました。
エアバスDS社のホームページ、そして公式ツィッターでもアップされています。
※記事参照元 http://www.airbus.com/newsroom/press-releases/en/2017/09/First-A330-MRTT.html

離陸する、フランス空軍向けA330MRTT「フェニックス」
Print_300ppp_1o-Vuelo-MRTT-Francia_05.jpg
※画像引用元 http://www.airbus.com/newsroom/press-releases/en/2017/09/First-A330-MRTT.html

ニックネームはフェニックス。
今回初飛行したのは、フランス防衛調達庁が発注した9機のうち最初の1番機。
標準の機体より構造改造、空気力学的改善により燃費が最大1%低下し、コンピュータと軍用システムが強化されているものとなっています。

この機体はトゥールーズで組み立てられた標準(民間用)のA330から、ヘタフェで改装されました。
乗組員は3時間25分の飛行中、期待通りの性能を発揮したと報告したそうです。

A330MRTTフェニックスは、
@エアバス空中給油ブームシステム(ARBS)とアンダーホース&ドローグ給油ポッドの組み合わせが装備
A272人の人員を運ぶことも可能
B医療用や避難用にすることも可能

フランス空軍への最初の納入は、2018年に予定されているとのこと。

日本が近く導入する予定の新型空中給油機・ボーイングKC-46「ペガサス」は
来年度の防衛省概算要求で1機の予算が計上されてますね。

最後、エアバス・ディフェンスのツィッターをご紹介







posted by てっちゃん at 19:37| Comment(0) | 世界の軍用機ネタ&動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする