2017年11月17日

航空自衛隊向けE-2D アメリカで初飛行

我が国の領空監視能を向上させるべく、導入が決まっている次期早期警戒機E-2D。今月にアメリカ・フロリダ州にあるノースロップ・グラマン社の工場で初飛行を行い、無事成功したそうです。
※記事参照元 https://news.northropgrumman.com/news/releases/northrop-grumman-completes-first-flight-of-japans-e-2d-advanced-hawkeye#.Wgzz2g9DdhM.twitter

同社から公開された画像がこちら

Northrop+Grumman+Completes+First+Flight+of+Japan’s+E-2D+Advanced+Hawkeye_e2caab6c-3b3d-4ff5-8a45-f45b47a87a50-prv.jpg

こちら現在運用中のE-2C
見た目の大きな違いはプロペラの羽根の数がC型は4枚、これがD型になると6枚になるところ
中身はとんでもなく進化しています

E-2C #456 IMG_0832_2
E-2C #456 IMG_0832_2 posted by (C)てっちゃん

航空自衛隊が今現在保有・運用しているE-2Cに比べ、レーダーが強化されたこのE-2D。
ウワサでは戦闘機クラスのステルス機も探知が可能とも言われてます。

そこらへんの話はこちらのブログが詳しいです。ぜひ、ご一読を。
東京の郊外より・・・ E-2D早期警戒機はステルス機が見える!?

E-2Dと言えば、去年の年末に空中給油機能を装備した機体を飛ばしたなんて話も聞こえてましたが
見た感じ空自向けのE-2Dには、空中給油のための装備はないみたいです。

空中給油を受けるためのプローブを装備した機体がこちら

E-2D+AR_1_dd9b2bbc-ceb6-4d31-8c66-4e04f43d1dd6-prv.jpg
※画像引用元 https://news.northropgrumman.com/news/releases/e-2d-advanced-hawkeye-with-new-aerial-refueling-capability-successfully-completes-first-flight

さて、この空自向けE-2Dがいつ日本に来るのか、配属は那覇なのか三沢なのか
詳しい話はまだ出ていません。

こちらも近く配備されるF-35が持つ優れたセンサー能力と連携しての、領空監視能力アップに期待ですね。










ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 07:07| Comment(0) | 空自 その他装備 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月16日

美保基地C-2 ドバイエアショーで海外デビュー

この話、aviationweekやdefensenews、flightglobalなど、海外の軍事航空サイトでも取り上げられてます。
それだけ注目されてるのかどんなものなのかと言う好奇心なのか、どっちなんだろうとも思いますが取り上げてくれると言うことは良い事です。

ドバイエアショーでのC-2を取り上げた動画と、ドバイの後にジブチに寄った画像を記事にします。

※参考記事
@http://aviationweek.com/awindefense/kawasaki-c-2-primed-us-military-airlifter-market(会員記事)
Ahttps://www.flightglobal.com/news/articles/dubai-japans-c-2-makes-overseas-debut-in-push-for-443132/
Bhttps://www.defensenews.com/digital-show-dailies/dubai-air-show/2017/11/12/japans-c-2-airlifter-makes-its-international-debut/

YouTubeでも、海外メディアがいくつか取り上げています。
変わったところでは、ウクライナのメディアも取り上げてました。
その中で一番写っていたのが、この動画。



展示機の周りは何か閑散とした雰囲気ですが、動画見てると何人かお客さまも見えたようで何よりです。

C-2には今のところ、ニュージーランドとアラブ首長国連邦が興味を示していると言われてます。
さて、今回のエアショーで新たな市場を開拓できたんでしょうか。

C-2に関しては不整地での離着陸ができないとか、性能が中途半端とかいろいろ言われているようです。
さらに海外への売り込み経験も不足している、との指摘もあります。

要は相手のニーズに合致すれば売れる、それだけの話です。
やたら高性能なものが売れるとは限りません。
相手にとって欲しい機能(性能)を満たしていれば、買ってくれるでしょう。
もちろんお値段や政治的思惑も絡んでくるんで、難しい話ではありますが。

C-2輸送機の海外輸出、今後の展開に期待ですね(^^♪

さて、C-2はドバイの後にジブチに立ち寄ってます。
統合幕僚監部のFacebookから、記事を引用させていただきます。






ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 20:43| Comment(0) | 空自 その他輸送機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

あいち航空ミュージアム シアトル航空博物館と協力協定を締結

アメリカのシアトル航空博物館、私は行った事が無いのでちょっと調べてみました。
公式サイトや口コミなどを見ると、まずはその展示物の多さに圧倒されます。
そして大人には啓発事業、子供には興味を持たせるような仕掛けの数々。
いや・・・スゴイところです。

その博物館とあいち航空ミュージアムが、手を組むこととなり
11/30のオープンに合わせ、シアトルから関係者の方が来日。協定書に署名を行うとのことです。
※記事参照元 中日新聞 11/14配信 米航空博物館と協定 あいち航空ミュージアム

以下に、愛知県大村知事のツィートをご紹介










あいち航空ミュージアムを見に来てくれた子供たちが、飛行機に限らずモノ作りに興味をもってもらい
将来を背負って立つ人材になってくれれば・・・
と言う願いも込められてるのかな?なんて思ったりします。

あいち航空ミュージアムはスタートに立ったばかり
シアトル航空博物館から運営や展示のノウハウなど、学ぶことが多いことでしょう

できるだけ多くのことを吸収して
「楽しかった」「また来たい」とたくさんの人に言ってもらえるようなミュージアムになれば、ボランティアとして働かせてもらう私も嬉しいです。

展示機などをおさめた動画がYouTubeにありました
旧陸軍の一式戦「隼」もあるんですね
約5分弱の動画です



以下、参考までに

シアトル航空博物館の公式サイトは↓

http://www.museumofflight.org/

当然、すべて英語です
Google先生の自動翻訳に助けてもらいましょう(^^♪


あいち航空ミュージアム、11/30(木)にオープンします
皆さまのお越しをお待ちしてます☆








posted by てっちゃん at 20:19| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

三式戦「飛燕」を見にかかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫に行ってきました その2

旧かかみがはら航空宇宙科学博物館の収蔵庫(リニューアル後の新名称・岐阜かかみがはら航空宇宙博物館)にある、復元途中の旧陸軍・三式戦「飛燕」。

今日はコクピットの計器盤とエンジンの写真をアップします。
リニューアル・オープン後は完成機として展示される、飛燕。
こう言う細部は、今でしか見ることができないもの。行っておいて良かった(^^♪

コクピット(操縦席)の計器盤。全体像はこんな感じ

陸軍三式戦闘機飛燕 かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 481

レイアウト図です

陸軍三式戦闘機飛燕 かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 485

ちなみに・・・あいち航空ミュージアムで展示される零戦の計器盤がこれ

零式艦上戦闘機 ゼロ戦 IMG_5221

高度計や速度計、羅針盤などがある中央部

陸軍三式戦闘機飛燕 かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 482

右側には冷却器の扉の開き具合を示す計器や、油量を示す計器など

陸軍三式戦闘機飛燕 かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 484

特徴的なエンジン ここの飛燕は最初の一型よりパワーアップしたエンジンを積んでいたそうです
しかし維持・整備が大変で、なかなか戦果に結びつかなかったとのこと

陸軍三式戦闘機飛燕 かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 512

エンジンについているスーパーチャージャー(過給機)

陸軍三式戦闘機飛燕 かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 516

こんな図面もありました

陸軍三式戦闘機飛燕 かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 515

私的に興味を惹いたものが、この工具入れ
どんな人が持っていたんだろう

陸軍三式戦闘機飛燕 かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 517

リニューアル・オープン後は、完成機の姿で展示されるとのこと
修復プロジェクトの考えとしては「できるだけオリジナルの姿」を重要視されているそうです
どんな姿を見せてくれるか・・・楽しみですね。

かかみがはら航空宇宙科学博物館の収蔵庫、次はフライトシュミレーターの様子を取り上げます。
リニューアル・オープンしたら、長蛇の列が出来るのは確実。今のうちに体験できて良かった(^^♪
これ絶対楽しい☆

この飛燕の姿をはじめ収蔵庫での写真は、私のFlickrのアルバムに置いてあります。
興味のある方は以下のリンクからどうぞ☆
※ページ中段くらいから

https://www.flickr.com/photos/138474798@N03/albums/72157671552736783/page2































2017年11月14日

護衛艦「いせ」の上をB-1Bが飛び 日米韓の連合艦隊が日本海を進む動画

空母と並んで進む護衛艦「いせ」の姿から始まる、この動画
日米にさらに韓国の艦艇も加わった艦隊の上を、FA-18を従えたB-1Bがフライパスします。
そして空母の飛行甲板の上にぎっしり並ぶ艦載機。

ミリオタとしては「とても良い絵」です
興奮すること間違いなし

でもね
別の動画では、若い乗組員たちがブリッジで働いてる姿が写っていたのよ
19とか20?まだあどけなさが残ってるような顔の若い子たちです
それ見たら、何かね

北朝鮮もアメリカも、メンツをつぶさない格好で何とか丸く収まらないかなぁ

動画はこちら
約7分弱



空母3隻を含む10隻以上の艦隊
これ見て思った・・・中国もこんな艦隊を作り上げたいんだろうね







ラベル:海上自衛隊
posted by てっちゃん at 20:40| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする