2019年04月25日

函館に行ったら五稜郭公園 ここの桜は必見!

以前に帰省した時の写真と合わせて、紹介します。

GWゴールデンウィークに北海道・函館に行かれる方、多いことでしょう。私もそろそろ帰省したいのですが、なかなか・・・(笑)
故郷・函館の桜は4/24に開花したそうです。このGWに開花が進んで、4/30頃が満開と予想されてます。

函館には桜の名所がいくつかあります。
元函館人の私のイチオシは、やはり五稜郭公園。
3年前に帰省した時に撮った写真を紹介します

行ったのが満開を過ぎた後だったのが残念
次行くときは満開の桜を見てみたい

元は旧幕府軍の要塞だった五稜郭
お堀端にも見事な桜



これは城郭内



土塁のい周りはぐるっと桜が咲いてます
※天気が・・・(泣き



城郭内には売店等もあります
そこの前にはしだれ桜も



幕末にあった箱館奉行所(復元)内部も公開されてるので、ぜひ



五稜郭タワーと桜のコラボ(*^_^*)



五稜郭の城郭内を見たら、ぜひ五稜郭タワーにも上がってください



高さ90mの展望デッキからの眺めは絶景☆
視程が良ければ、対岸の青森県まで見渡せます
五稜郭タワーから函館山と函館港を望む

五稜郭タワーからの眺め IMG_0459_2
五稜郭タワーからの眺め IMG_0459_2 posted by (C)てっちゃん

桜が満開なら、この風景

Goryokaku_Park-1.jpg
※出典元 函館市公式観光情報はこぶら 函館観光画像ライブラリー

私も五稜郭タワーに上がって写真撮ったんだけど・・・桜があまり写ってないので、ボツ(笑)


アクセス紹介します

車の方、五稜郭公園の向かいに北海道立函館美術館の駐車場が近くて便利。
その他にもコインパーキングあり。混雑してますが、ちょっと待てば入れるかな?と言う感じでした。

公共交通機関だと、GWは函館バスの五稜郭タワー・トラピスチヌシャトルバスが便利でしょう
市電や路線バスだと、停留所から10〜15分くらい歩きます。

しかも若干下り坂もあるので、ちょっとキツイかも。(つまり帰りは上り坂、と言うこと)
このバスについては、ネットで調べるとすぐ出ます。

またはホテルの方に聞くのも良いでしょう。
地元の方ならではの情報が手に入るかも(^_-)-☆

五稜郭タワーについて

1階にお土産屋さん等、あと土方歳三の像もあります
※土方歳三はここ五稜郭から味方を掩護するために出撃し、途中で戦死



高さ90mの展望フロアに上がるのは有料。大人900円です。
またFree Wi-Fiあります。

五稜郭タワーの公式サイトは以下のリンクからどうぞ
※青太文字クリックで、該当記事が別タブで開きます

五稜郭タワー 公式サイト



※記事中の画像は管理人の私が撮影しています。著作権は私にあります。無断転載厳禁。引用も不可。
(除く、函館市公式観光情報はこぶらからの出典画像)














posted by てっちゃん at 21:14| Comment(0) | 故郷 函館のお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年11月03日

函館市青函連絡船記念館摩周丸 営業再開

函館人として、とてもうれしいニュース。
ちょっと画像多め、時間がある時にでも読んでいただければありがたいです。

9月の平成30年北海道胆振東部地震で、震度5を記録した北海道・函館市。
ちなみに平成5年に奥尻島で震度6、津波による死者200名近くを出した北海道南西沖地震でも、函館は震度4でした。

JR北海道・函館駅に係留されている、青函連絡船摩周丸。
9月の地震で係留設備にダメージを受けたため、桟橋と船体を結ぶタラップがずれてしまうと言う事態が発生。
そのため、来館者を船内に入れることが出来なくなり、やむなく営業休止になっていました。

復旧工事が終了し10/22から、営業再開。
子供のころ連絡船にお世話になった者として、とてもうれしいです。

昭和世代の函館人なら、修学旅行などでは必ず乗ってます。
懐かしいフネですから。

函館市青函連絡船記念館摩周丸の公式フェイスブックなどから引用しつつ
以前に訪れた際の画像もいれて、記事を書きます。



地震での被災状況





大きさは8328総トン(新造時の規定による)、全長132メートル、幅17.9メートル、深さ7.2メートル、旅客定員1200名、搭載車両48両。
※記事引用元 函館市青函連絡船記念館摩周丸公式ページ>摩周丸ものがたり

海上自衛隊のイージス艦よりは小さいですが、これだけ大きいフネが1mもずれ動いた
地震のエネルギーの大きさ、破壊力の大きさに驚きです

ただ船体そのものは、昭和29年の洞爺丸台風の教訓から風速50m級の台風でも航行可能なくらい頑丈。
風や波だけでは、致命的な沈没に至るようなダメージは受けないとのこと。
今回しんぱいされたのは、船体を係留しているチェーンやロープなどだそうです。

昭和63年、青函トンネルの開通で廃止された青函連絡船。
この摩周丸は青函連絡船最後の航海を担った1隻です。

私ら昭和世代の函館人は、小中高と修学旅行はこのフネ。内地(本州)に行くのも、このフネでした。
記念館として残っているのがウレシイし、その船が立ち直ったこともウレシイ。

昔函館に帰省した時に行った写真です
このフネが現役当時、貨車を載せていた車両甲板や機関室はNGですが、船橋や客室などが公開中

青函連絡船記念館摩周丸 全体像
JR函館駅で列車を降りたお客さんは、連絡通路を通って連絡船へと急ぎました

青函連絡船 摩周丸〜海から見る
青函連絡船 摩周丸〜海から見る posted by (C)てっちゃん

船首から
船体は上半分が白、下半分が青・・・このカラーは、それぞれの船で黄色だったりオレンジだったり異なります
ちょうどFDAフジドリームエアラインズと同じコンセプト

青函連絡船 摩周丸
青函連絡船 摩周丸 posted by (C)てっちゃん

※ちなみに羊蹄丸はこんな色

1024px-Yōtei_Maru_at_niihama_east_port.jpg
※画像引用元 ウィキペディア

船尾から
ここに線路、そして陸とフネを結ぶ桟橋があり、貨車を車両甲板へと搭載

青函連絡船 現在の可動橋
青函連絡船 現在の可動橋 posted by (C)てっちゃん

車両甲板、波の侵入を防ぐ水密扉
昭和29年の洞爺丸台風の時は、この扉が無くて開放されていたために浸水
5隻の船が沈むと言う大事故となった教訓から、この扉が付けられたとのこと

青函連絡船 摩周丸〜後方から
青函連絡船 摩周丸〜後方から posted by (C)てっちゃん

貨車を車両甲板に載せる作業がYouTuneにありました
9分の動画のうち、44秒くらいから



JR函館駅から摩周丸のいる第2岸はこんな位置関係。
出典「国土画像情報(カラー空中写真) 国土交通省」
※画像引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%A4%E3%83%AB:JNR_Hakodate_pier_1976.jpg

JNR_Hakodate_pier_1976.jpg

船内です。
青函連絡船の歴史を展示する部屋
歴代連絡船の模型は、あいち航空ミュージアムの名機100選の模型に負けない精密さ

摩周丸 船内展示室
摩周丸 船内展示室 posted by (C)てっちゃん

客室はグリーンと普通(イス)と、このカーペット敷きの普通船室
通はココを選ぶんです(笑)
函館〜青森の3時間50分、皆で騒いでいたら、あっと言う間でしたねぇ(^^♪

摩周丸 普通船室
摩周丸 普通船室 posted by (C)てっちゃん

操舵室と無線室も公開

青函連絡船 摩周丸 操舵室
青函連絡船 摩周丸 操舵室 posted by (C)てっちゃん

青函連絡船 摩周丸 IMG_1144_2
青函連絡船 摩周丸 IMG_1144_2 posted by (C)てっちゃん

青函連絡船 摩周丸 通信室
青函連絡船 摩周丸 通信室 posted by (C)てっちゃん

最上階4階航海甲板に出ると、函館港を渡る風がさわやか
修学旅行なんかで乗って、出港すると皆でここに上がって海の景色を楽しんだもの

青函連絡船 摩周丸と函館山〜3
青函連絡船 摩周丸と函館山〜3 posted by (C)てっちゃん

航海甲板から見た函館港
海・・・です
私にとっては「故郷の海」の1つ

青函連絡船「摩周丸」から見た函館港
青函連絡船「摩周丸」から見た函館港 posted by (C)てっちゃん

函館・・・と言うと、夜景やグルメみたいなイメージあります
でもこういう施設もあるので、お時間があればお立ち寄りくださいませ(^O^)/

※引用など注釈がない画像は、すべて管理人が撮影してます。
著作権は放棄していませんので、無断転載は固く禁じます。
























































posted by てっちゃん at 20:24| Comment(0) | 故郷 函館のお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年10月21日

函館・五稜郭公園のゆるキャラ「ごっしー」がトラウマレベルの気持ち悪さ(笑)

閲覧注意。飛行機出てきません。キモいやつが出てきます。

新撰組・鬼の副長だった土方歳三の最後の戦場、函館・五稜郭。この城郭では、幕末の箱館戦争で多くの男達が死にました。
その怨念が五稜郭公園のお堀を泳ぐ鯉に乗り移った、と言われてるのがこの「ごっしー」です。

このゆるキャラを考案したのは、この五稜郭公園で貸しボート屋さんを営む店主の女性。
自らが「ごっしー」に扮して、五稜郭公園のアピールに努めてるそうです。

IMG_0821.JPG

IMG_0264.JPG


私的には五稜郭公園を見下ろすようにそびえ立つ、五稜郭タワーの「GO太」クンの方が・・・

EAA1C69B-7603-4CAF-ACC7-EB59AFCF8874.jpeg

5585F937-C096-4CEC-8827-514EE1429A36.jpeg

ごっしーは一度見たら忘れられない、強烈なインパクトがあるよなぁ・・・


さて、この五稜郭公園。幕末に作られた城郭です。
「お城」と言うより、要塞のような作り。
旧幕府軍はここに立て籠もって、新政府軍と戦いました。

函館 五稜郭 全景 191_2

当時は箱館奉行所と言う役所もあって、今はその建物が再現、公開されています。

函館 五稜郭 箱館奉行所 196_2

春のGWは桜がとてもキレイ

函館 五稜郭の桜 417_2

五稜郭タワーの上に上がるのと箱館奉行所は入場料かかりますが、公園に入るのは無料。
函館に行かれた際は、ぜひ訪れてみてくださいませ。















posted by てっちゃん at 12:23| Comment(0) | 故郷 函館のお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月17日

北海道胆振東部地震 函館はほぼ復旧 ぜひ旅行に行ってくださいませ

今朝テレビで「地震で北海道の観光が大打撃」と言うニュースやってました。復旧がはかどっていないところは仕方ないとして、ほぼ日常が戻った地域でも、観光客が大幅に減っていると。

ツィッターやブログ、フェイスブックを持ってる方。自分の住んでるところ、知っているところは大丈夫だから、ぜひ遊びに来てねーと発信するのも1つの手ではないでしょうか。
できれば自治体などの公式サイトやアカウントなどのリンクも入れると、読み手は安心できるかと思います。

さて
震度5弱を記録した、私の故郷函館。地震から数日経過してだいぶ復旧。でも旅行を計画している人にとっては不安があるのも確かでしょう。

こういう時は市や自治体の公式サイトを頼るのがイチバン。函館市公式観光情報「はこぶら」では、公式サイトとツィッターの公式アカウントで、随時情報を発信しています。

例えば・・・
公式サイト 地震の影響と函館観光に関する「よくある質問集」

公式ツィッターでは動画も入れて




と、函館は元気です!と言うメッセージを発信してます。

なので皆さんが大丈夫だと思ったら、出かけてください。
美味いものをたくさん食べて、いっぱいお金を使ってください。
回りまわって、それが北海道全体を元気づけます。

今日はベイエリアの夜の風景を紹介します。
函館山頂上の展望台から見る、あの夜景もいいけど
ベイエリアの夜の風景も、インスタ映え間違いなし(^O^)/

ベタな写真ばかりですが、私の撮った写真を上げさせてください。

夜と言うより夕方と言う感じだけど、金森赤レンガ倉庫と函館山

函館 金森赤レンガ倉庫 夜景 FB714CA1-0CB3-4782-BF82-6B4FA35F2353

反対側、ホテル「ラビスタ函館ベイ」を向いた写真

函館 金森赤レンガ倉庫 夜景 FAF92FC4-80D6-498D-979F-7759736A859B

画像奥の背が高い建物、ラビスタ函館ベイの方へ進むと「七財橋」と言う1884(明治17)年に作られた石造りの橋があり、そこから見た運河(掘割)もライトアップ
この周囲の赤レンガ倉庫にも飲食店や店舗があります

函館 金森赤レンガ倉庫 七財橋から見た運河(掘割) 夜景 24DA0EF0-E54A-4013-A68C-F8FEF2156B81

函館 金森赤レンガ倉庫 七財橋から見た運河(掘割) 夜景 1D31CECA-DD0A-419B-9484-3D3CE810644A

反対側、掘割の終点から

函館 金森赤レンガ倉庫 運河(掘割) 夜景 28EDC463-DB78-4872-9FDB-0482E73730E1

この写真を撮った時に泊まったのは「ラビスタ函館ベイ」
7階の部屋から金森赤レンガ倉庫を

函館 ホテル ラビスタ函館ベイ7階客室から見た金森赤レンガ倉庫の夜景 7FC8DC47-06B8-40D5-B036-7CC271E44DFE

函館港を巡る観光遊覧船ブルームーンも電飾

函館 観光遊覧船ブルームーン 夜景 4E724818-DDE9-44D1-B036-0506A3748820

かつて津軽海峡を渡り、函館と青森を結んでいた青函連絡船摩周丸
今は博物館となって、夜はライトアップ

函館 青函連絡船摩周丸 ライトアップ  夜景 4F81627B-890F-44A6-8D94-510C14E24A06

ベイエリアにて
函館市民のソウルフード「やきとり弁当」のハセガワストアと、あの「ラッキーピエロ」が隣同士

やきとり弁当は「やきとり」と言いつつ、実は豚肉です(笑)でも、美味いんだこれが(^O^)/

函館2大ソウルフードの競演 9CD182DE-5663-485A-A2C4-14D31A52E14D

こちらお土産店などが入っている「はこだて明治館」
夜はシックな佇まいで、これまた良い雰囲気

はこだて明治館 夜景 6211665C-EFB1-46E2-93B7-E4DDAE68E858

このエリアでは12/1から25まで、「はこだてクリスマスファンタジー」と言うイベントが開催されます
函館港の海の上に20mものクリスマスツリーが飾られ、毎晩花火が上がり、あたりは様々な彩りのライトで飾られます。
「どっか行きたいなぁ」と言う方、函館も候補に加えてくださいませ(^O^)/

公式サイト ギャラリーページより引用

0500_photo_tr3234.jpg
※画像引用元 http://www.hakodatexmas.com/0500_library.html

はこだてクリスマスファンタジー2018 公式サイト
http://www.hakodatexmas.com/index.html#top

公式ポスター

1000_img_poster.png

※画像引用元 http://www.hakodatexmas.com/1000_download.html





























私ごとですが・・・80を過ぎた母親が函館の介護施設にお世話になっていて、当日の昼過ぎ施設に電話をかけたものの不通。さすがに不安になったけど、3日経ち今日話を聞いたら停電だけで大したことは無かったと今日聞いて安心。
職員さん方に感謝ですね。







posted by てっちゃん at 20:11| Comment(0) | 故郷 函館のお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする