2018年02月20日

小牧基地オープンベース 平成27年度 こんな写真撮ってきました UH-60Jによる救難展示

今回の記事は、2016年(平成27年度)のオープンベースより、救難教育隊の救難展示の様子です(^^♪

救難展示の様子 3枚

現場上空に到着したUH-60J 今回は78-4567号機を使用

救難教育隊 UH-60J 78-4567 IMG_3181_2

ロープを使って降下するメディック(救難員)

救難教育隊 UH-60J 78-4567 IMG_3185_2

今回の想定は、負傷者(要救助者)を担架を使って吊り上げるというもの
ホイストを操作する機上整備員との連携が、非常に大切なんだとか
一見何気なくこなしているこの作業も、厳しい訓練の裏打ちがあってこそ・・・のことなんでしょうね

救難教育隊 UH-60J 78-4567 IMG_3194_2

この機上整備員は要救助者をホイストで吊り上げる任務の他に、負傷者がいれば応急処置も行います。
その上各飛行に必要なデータを算出する、フライトエンジニアとしてのお仕事もこなさなければならないとか。
航空救難団のホームページで、インタビュー記事がありました。以下にリンクを貼ります。
隊員の活動 機上整備(UH-60J)

この救難デモの動画がYouTubeにありました
エンジン始動からなので、トータルで約23分。そのうちロープを投下してメディックが降下し始めるシーンは、13分50秒くらいからです

離陸の際には、目の前を通っていくのですが
これがまた大迫力☆




「救難の最期の砦」と言われる救難隊。
災害現場で実際にどんな活動をしているのか、私達が見る事できる。
それが航空祭と言う場だと思います。
皆さん、オープンベースと言う機会にぜひ見に行きませんか?




















posted by てっちゃん at 08:09| Comment(0) | 小牧基地オープンベース 平成27年度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月06日

小牧基地オープンベース 平成27年度 こんな写真撮ってきました U-125A救難捜索機

この飛行機、近年は地上展示がなくて列線に並んでるのを遠目で見るだけ。前はこんな間近で見ることができたんですがねぇ。救難活動には無くてはならない飛行機ですから、もっとアピールしても良いかと・・・地上展示、検討してくれないでしょうか(^^♪

U-125A #009 IMG_4443_2
U-125A #009 IMG_4443_2 posted by (C)てっちゃん
※2012年小牧基地航空祭にて

こちらからは2016年、平成27年度の写真を
ブルーインパルスと並ぶ、救難教育隊のU-125A

U-125とブルーインパルスが並ぶ風景 IMG_0709

元がビジネスジェット機だけに、なかなかスタイリッシュです

救難教育隊 U-125A 12-3016 IMG_0695_2

救難教育隊 U-125A 12-3016 IMG_2926_2

救難教育隊 U-125 12-3016 IMG_2923

お尻から撮った写真がこれ

U-125A #009 救難教育隊 IMG_4507_2
U-125A #009 救難教育隊 IMG_4507_2 posted by (C)てっちゃん
※2012年小牧基地航空祭にて

秘密裏に開発されていたU-125Advance(笑)

U-125 Advance IMG_0721

公開されている情報は、ごくわずか(笑)

U-125 Advance IMG_0720

展示飛行は、空自のU-125初号機52-3001号機が担当
以前は高度100mないんじゃないか、てくらい低い高度を飛んでたのですが今は300m。残念。

救難教育隊 U-125A 52-3001 IMG_3132_2

救難教育隊 U-125A 52-3001 IMG_3191_2

救難教育隊 U-125A 52-3001 IMG_2970_2

航空自衛隊の救難隊が注目される機会も増えました。
UH-60Jともども、どんな活動をしてどんな役目を持っているのかを含めた展示をお願いしたいです。

※画像にポインター(矢印)あてると「U-125」と出ますが、リンク先のFlickrのページでは「U-125A」に直してあります。























posted by てっちゃん at 20:03| Comment(0) | 小牧基地オープンベース 平成27年度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月25日

小牧基地オープンベース 平成27年度 こんな写真撮ってきました C-130H輸送機 地上展示

C-130H輸送機を、こんな間近でしかも中まで見ることができるなんて・・・小牧基地オープンベースならではの楽しみです。

人気なので、けっこう並びます。
・・・が、あちこち見ながら写真撮りながらで、待ち時間も楽しい。
機内を見たい方は、展示飛行などのタイムスケジュールをチェックしたうえで、早めに並んだほうがいいでしょう。

機内見学をやってるエリアは、エプロン地区から格納庫をはさんで東側のあたり。
75-1078号機が使われていました。この時私は機内を撮っていないので、こんな感じだったんだ、と思っていただければ幸いです。

C-130H 75-1078 第1輸送航空隊 第401飛行隊 IMG_3438_2

C-130H 75-1078 第1輸送航空隊 第401飛行隊 IMG_3436_2

輸送機って、大きいから好き☆
・・・て、50過ぎたオッサンが言うと気色悪いか(笑)

C-130H 75-1078 第1輸送航空隊 第401飛行隊 IMG_3437_2

C-130H 75-1078 第1輸送航空隊 第401飛行隊 IMG_3434_2

プロペラ、大きいです

C-130H 75-1078 第1輸送航空隊 第401飛行隊 IMG_3439_2

翼がエンジンの排気で汚れてるところに、日頃の訓練の厳しさを感じます

C-130H 75-1078 第1輸送航空隊 第401飛行隊 IMG_3431_2

飛行隊の隊員さんが、写真を撮ってくれます(^^♪

C-130H 75-1078 第1輸送航空隊 第401飛行隊 IMG_3442_2

次のネタは思案中。
写真が整理できていない私です。















posted by てっちゃん at 07:53| Comment(0) | 小牧基地オープンベース 平成27年度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月24日

小牧基地オープンベース 平成27年度 こんな写真撮ってきました C-130H輸送機 航過飛行

今日は小牧基地所属のC-130H輸送機が見せる、展示飛行の様子をアップします。

オープニングフライトで飛ぶ、3機のC-130H輸送機。
高度は約300m。以前に比べると、高い高度になってきてます。

C-130H 85-1080 第1輸送航空隊 第401飛行隊 IMG_3000_2

1機ずつフライパス

水色を基調として、空の色に溶け込むように塗装された53-1071号機
※今はグリーンの迷彩に変わってます

C-130H 35-1071 第1輸送航空隊 第401飛行隊 IMG_3139_2

グリーンの迷彩は、95-1082号機
2018年現在、小牧基地のC-130Hはほとんどがグリーンを基調にした迷彩が施されてます
同じグリーンでも違いがあるようで、そこらへんの違いも観察すると面白いかも。

C-130H 95-1082 第1輸送航空隊 第401飛行隊 IMG_3145_2

青の塗装が施されたKC-130H、85-1080。
空自的にはKC-130Hと言う名称はなく、全てC-130Hと一括りにしてます。

C-130H 85-1080 第1輸送航空隊 第401飛行隊 IMG_3126_2

このKC-130Hは、有事のさい撃墜された航空機のパイロットを捜索・救助するためのUH-60Jヘリコプターへ燃料を給油するのがお仕事。
平時でも遠い海の上での海難事故や急患搬送を行う、UH-60Jの支援にも使えます。

空中給油すれば捜索範囲が広がるし、そうすれば救助できる確率は大きく上がります。
極論ですが、機体はお金を出せば買えます。でもパイロットやクルーは買えるものじゃありません。
経験・技術・・・大きな大きな財産。そして大事な大事な命ですから。

空中給油=外国に侵略だー、なんてことを言い出す人もいますが
違うんですけどねぇ。

ふつうの物資輸送用のC-130Hとの見分け方は、両翼の外側にある空中給油ポッド。
※以下2枚は、平成28年度のオープンベースの時の画像

KC-130H 85-1080 IMG_5141_2

このポッドから、こんなホースを伸ばして給油します。

KC-130H 85-1080 IMG_5109_2

実際の空中給油はこんな感じ・・・に近いのかな?
災害派遣デモでの空中給油展示のようすです

C-130H 85-1080 第1輸送航空隊 第401飛行隊 IMG_3119_2

帰ってくる着陸するハークさん達

C-130H 95-1082 IMG_3245_2

KC-130H 85-1080 IMG_3249_2

誘導路に入り目の前を通っていくのを見ることができるのも、小牧基地オープンベースの楽しみ
ときには、飛行機がバックするなんてパフォーマンスもしてくれます(^^♪

C-130H 35-1071 IMG_3257_2

C-130H 95-1082 IMG_3258_2

C-130H 35-1071 IMG_3260_2

目の前を飛ぶC-130H、飛行機好きにはたまりません(^^♪

次はC-130Hの地上展示を取り上げます。





















posted by てっちゃん at 07:08| Comment(0) | 小牧基地オープンベース 平成27年度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月23日

小牧基地オープンベース 平成27年度 こんな写真撮ってきました KC-767地上展示

2016年(平成27年度)小牧基地オープンベースでの画像を、シリーズでアップしています。
今日は小牧基地第1輸送航空隊第404飛行隊のKC-767空中給油機が、地上展示されてる様子をご紹介。
航空自衛隊で運用されている機体の中でも、一番新しい87-3604号機でした。

空中給油機を間近で見ることが出来るのも、航空祭の楽しみ。小牧基地オープンベースでは、内部も見ることができます。こんな機会、ホントにこの時だけですよね。

展示エリアはエプロン地区の一番北側。正門を入りエプロン地区に入ったら、右手の方になります。

ブルーインパルスがいるあたりにも近いので、人がムチャクチャ多いです。

KC-767 87-3604 第1輸送航空隊 第404飛行隊 IMG_2903_2

機体を囲むようにして行列できてます。

KC-767 87-3604 第1輸送航空隊 第404飛行隊 IMG_3452_2

機内へは、タラップを使って入ります。
私は他にも撮りたいものがいっぱいあったので、この時は断念

しかし・・・デカい(^^♪

KC-767 87-3604 第1輸送航空隊 第404飛行隊 IMG_3450_2

エンジンもデカい(^^♪

KC-767 87-3604 第1輸送航空隊 第404飛行隊 IMG_3449_2

主翼です

KC-767 87-3604 第1輸送航空隊 第404飛行隊 IMG_3448_2

見上げる高さの垂直尾翼
部隊マークは黒馬。

KC-767 87-3604 第1輸送航空隊 第404飛行隊 IMG_3447_2

2014年のオープンベースで撮った、機内の様子。
これは空中給油のブームオペレーター席。位置はコクピットのすぐ後ろ。後ろ向きに座り、機体後部のカメラから送られてくる画像を見ながら、ブームを操作。F-2やF-15へ燃料を補給します。

KC-767空中給油機 機内展示 IMG_9879_2
KC-767空中給油機 機内展示 IMG_9879_2 posted by (C)てっちゃん

機内はこんな感じ
これは人員輸送用。イスを取っ払って、貨物輸送用に変更もOK。
用途に応じて、燃料も人も荷物も運べるスグレものの飛行機でございます(^^♪

KC-767空中給油機 機内展示 IMG_9873_2
KC-767空中給油機 機内展示 IMG_9873_2 posted by (C)てっちゃん

コクピットもちょっとだけ。

KC-767空中給油機コクピット 機内展示 IMG_9880_2
KC-767空中給油機コクピット 機内展示 IMG_9880_2 posted by (C)てっちゃん

画像はありませんが、機内にも隊員さんが配置されていて、質問等に答えてくれますよ。

この機内公開。過去には行わなかった事もありましたが、事前には公表されてなかったと思います。
でも念のため、基地公式サイトはマメにチェックしておきましょう。

機内公開はけっこう人気です。なので、行列できます。
でも人の流れがそこそこ早いので、ストレスを感じるほどの待ち時間にはならないでしょう。

並んでいる間は空中給油用のブームとか

KC-767空中給油機 機内展示 IMG_9061_2
KC-767空中給油機 機内展示 IMG_9061_2 posted by (C)てっちゃん

主脚とか

KC-767空中給油機 機内展示 IMG_9860_2
KC-767空中給油機 機内展示 IMG_9860_2 posted by (C)てっちゃん

へぇー、こんなふうになってるんだ・・・とあちこち見てる間に、「はい、ご案内〜」て感じですよ♪







































posted by てっちゃん at 07:44| Comment(0) | 小牧基地オープンベース 平成27年度 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする