2017年11月24日

あいち航空ミュージアム 地元住民や児童らを招いてプレオープン

私らボランティアスタッフも出番なんですが、私の出番は明日。どんなことになるのやら、期待と不安が入り混じった複雑な心境でございます。

県営名古屋空港(愛知県豊山町)の、あいち航空ミュージアム。11/30(木)のグランドオープンを前に、地元住民の方々や児童などを招待してのプレオープン・イベントが開かれました。

このプレオープン、事前に招待された方のみが入場できます。一般の方は11/30まで、もう少しお待ちくださいませ。

このプレオープン、地元メディアもいっせいに報道。
TBS系名古屋ローカルのCBCがYouTubeに動画を上げてます。



中の展示について、ネットメディアの「トラベル Watch」が、詳しく書いてます。
また、地元豊山町の服部町長も報道陣向けの内覧会の時に視察に訪れていたとのこと。

記事はこちら
零戦52型も展示。県営名古屋空港の「あいち航空ミュージアム」事前内覧会実施

あいち航空ミュージアムのボランティアスタッフに登録した、私。
明日、ミュージアム・デビューです。

先日行ったのは、機体搬入。その前はボランティア登録の面談。
なので完成した状態を一度も見てません。
明日はしっかり勉強して来ないと。

柄にもなく、ちょっぴり緊張してます(笑)

あいち航空ミュージアム 462


















posted by てっちゃん at 20:18| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月20日

あいち航空ミュージアム 報道関係者向けの内覧会がありました

あいち航空ミュージアムが県営名古屋空港にオープンするのが、11/30木曜日。ボランティアとして働かせてもらう身としても、飛行機好きとしても今からワクワクが止まりません(^^♪

今回の記事は報道陣向けの内覧会があった話と、ショップとカフェができたと言うお話。

30日の本オープンに先立ち、今日11/20報道陣向けの内覧会があったそうです。
※記事参照元 中日新聞 11/20配信 あいち航空ミュージアムで内覧会 30日開館、YS11やゼロ戦展示

中日新聞は2階あたりからの俯瞰写真を1枚だけ、載せています。
逆に毎日新聞はそれぞれの機体などをいろんな角度で撮っていて、ボランティアスタッフの私でも「こんな並べ方してるんだ」とか、妙に感心してます(笑)

零戦とMU-300の機体搬入に行ってから、まだ行ってません。なので、中がどうなってるのか全然わからない私です。

その毎日新聞の記事はこちら
あいち航空ミュージアム ゼロ戦、YS11など名機ずらり

この内覧会に合わせた形で、昨日の19日にはショップとカフェが完成。
あいち航空ミュージアムのFacebookで、記事がアップされているので引用します。



記事中にあるカフェ、これはミュージアムの2階北側にあります。
1階フロアから見た写真。

あいち航空ミュージアム 北面 2階部分 458

県営名古屋空港に拠点を置く、セコインターナショナルや新日本ヘリコプターなどが機体を置いてる駐機場が目の前。

目線を右にやると滑走路。離着陸する航空機も見える、絶好のロケーションでございます(^^♪

誘導路を進むFDAとか

FDA エンブラエル ERJ-175 JA06FJ IMG_5565_2

上の画像は県営名古屋空港のターミナルビル屋上からの撮影ですが、あいち航空ミュージアムは誘導路・滑走路に近い位置。なので、より身近に飛行機を楽しむことができますよ。

駐機場でホバリングする愛知県警のヘリとか
※これは着陸進入中の画像

Kawasaki BK117C-1 JA6816 IMG_5815_2

ドリンクだけでなく軽食もあるそうだし、席もカウンターとソファがあるとか。
もう・・・一度座ったら動けなくなりそう(笑)

皆さん、ぜひお越しくださいませ☆



昨日の岐阜展開で風邪をひいた私。
記事更新のペースが落ちるかと思いますが、お許しください。

















posted by てっちゃん at 19:17| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月15日

あいち航空ミュージアム シアトル航空博物館と協力協定を締結

アメリカのシアトル航空博物館、私は行った事が無いのでちょっと調べてみました。
公式サイトや口コミなどを見ると、まずはその展示物の多さに圧倒されます。
そして大人には啓発事業、子供には興味を持たせるような仕掛けの数々。
いや・・・スゴイところです。

その博物館とあいち航空ミュージアムが、手を組むこととなり
11/30のオープンに合わせ、シアトルから関係者の方が来日。協定書に署名を行うとのことです。
※記事参照元 中日新聞 11/14配信 米航空博物館と協定 あいち航空ミュージアム

以下に、愛知県大村知事のツィートをご紹介










あいち航空ミュージアムを見に来てくれた子供たちが、飛行機に限らずモノ作りに興味をもってもらい
将来を背負って立つ人材になってくれれば・・・
と言う願いも込められてるのかな?なんて思ったりします。

あいち航空ミュージアムはスタートに立ったばかり
シアトル航空博物館から運営や展示のノウハウなど、学ぶことが多いことでしょう

できるだけ多くのことを吸収して
「楽しかった」「また来たい」とたくさんの人に言ってもらえるようなミュージアムになれば、ボランティアとして働かせてもらう私も嬉しいです。

展示機などをおさめた動画がYouTubeにありました
旧陸軍の一式戦「隼」もあるんですね
約5分弱の動画です



以下、参考までに

シアトル航空博物館の公式サイトは↓

http://www.museumofflight.org/

当然、すべて英語です
Google先生の自動翻訳に助けてもらいましょう(^^♪


あいち航空ミュージアム、11/30(木)にオープンします
皆さまのお越しをお待ちしてます☆








posted by てっちゃん at 20:19| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月04日

あいち航空ミュージアムに零戦が搬入・据え付けされました

昨日11/3、あいち航空ミュージアムに展示される零戦・MU-300・MH-2000の搬入・据え付け作業が一般公開されました。その様子を写真を添えて、アップします。

11/30のオープンに向けて、外観はほぼ出来上がった感じです。

あいち航空ミュージアム 461

見学者は建物北側の仮入り口から入館。
県営名古屋空港のビジネス機などがいる駐機場は、すぐ隣

県営名古屋空港 駐機場

見学者入口にはwelcomeボードもあって、ちょっとした演出が心憎い(^^♪

あいち航空ミュージアム 459

9時から公開開始で、私が着いたのは10時過ぎ。
愛知県の大村知事の挨拶はすでに終わり、前日深夜に搬入されていた機体が所定の位置に据え付けられようとしていました。

まず零戦。機体は三菱重工業小牧南工場史料室で展示されていたものを、期間限定で借り受けたとのこと。
ミクロネシア連邦ヤップ島で発見された零戦52型甲です。

多くの方が見守る中、移動開始。

あいち航空ミュージアム 零戦52型甲 439_2

展示スペースに搬入完了

あいち航空ミュージアム 零戦52型甲 440_2
※職員の方、報道陣の方にはお顔がわからないよう、モザイクかけてます。

据え付け作業開始→この後、機体後方に壁が取り付けられる作業が始まりました。
部屋の中に入れて、別個に展示するようですね。

あいち航空ミュージアム 零戦52型甲 IMG_6094_2

見た感じ、狭いスペースに零戦1機を展示するようなので、機体全景を撮るのは難しくなりそうです。
機体をいろんな角度から撮った写真などを、私のFlickrのアルバムに収めてあります。
興味のある方は以下のリンクをクリックすると、アルバムページへ飛びます。

Flickr アルバム「三菱重工・名古屋航空宇宙システム製作所史料室」

続いてMU-300。こちらはオープンなスペースに展示されるようですね。

あいち航空ミュージアム MU-300 JA8248 447_2

オープンすると、こんな全景は撮れないだろうから今の内(笑)
調べたら登録が1985(昭和60)年、30年以上経つのにピッカピカ。きっと展示に向けて、三菱でキレイに磨き上げてくれたんでしょうね♪

あいち航空ミュージアム MU-300 JA8248 IMG_6123_2

最後、MH-2000。

あいち航空ミュージアム MH-2000 453_2

この機体はフライトシュミレーターも設置されるみたいですね。
機体の横で、何やら作業をしています。

あいち航空ミュージアム MH-2000 448_2

あいち航空ミュージアム MH-2000 IMG_6113_2

あと・・・これ建物の北面、2階の回廊部分なんですが
ここから北隣の県営名古屋空港駐機場が見えるスペースが作られる予定だそうです
県警などのヘリがホバリングする様子が見えるようですよ(^^♪

あいち航空ミュージアム 北面 2階部分 458

これらの機体が、前日深夜にあいち航空ミュージアムに搬入される様子がYouTubeに上がっていましたので紹介します。約17分。



搬入当日、愛知県の大村知事の挨拶から据え付けの様子を収めた動画はこちら。
特に台車に乗った零戦をクレーンで下ろすところは圧巻。私もクレーン扱うけど、こういうものは重心を取るのがホントに難しいもの。クレーンのオペさんに拍手です。約26分。



2本とも501ELKさんの撮影。いつも良質な動画をアップされています。
撮影者様に感謝♪


さて、あいち航空ミュージアムも11/30のオープンまで、ひと月切りました。
私もボランティアスタッフに登録させていただいてます。みなさん、ぜひお越しくださいませ(^^♪
(強力にアピール)

地図とアクセス載せます



公共交通機関で行くよーと言う方、名鉄バスが名古屋駅から直行バスを出します
建物の目の前まで連れて行ってくれるので、超・楽チン♪
詳しくは以下のチラシを参照願います

http://www.nagoya-airport-bldg.co.jp/topics/20171001_meitetsubus.pdf

















































posted by てっちゃん at 20:22| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月02日

訂正有り・・・あいち航空ミュージアムに零戦が展示されます

機体搬入を12/3とアップしましたが、正しくは11/3明日です。
三菱のMU-300と共に搬入、据付される予定です。
詳しくは、あいち航空ミュージアム公式フェイスブックを参照願います。



あいち航空ミュージアムのボランティアスタッフになった私もビックリ。賛否両論がある中で、愛知県のトップである大村知事がよく決心したと思います。

展示されるのは、三菱重工小牧南工場の史料室にあった機体。史料室のリニューアルに伴いこの零戦がどうなるか心配でしたが、この機会に多くの人の目に触れることになります。
※記事参照元 中日新聞 11/1  あいち航空ミュージアムでゼロ戦展示へ 30日開館

展示されるのは、この機体
1944(昭和19)年に愛知県の大江工場で生産され、1983(昭和58)年にミクロネシア連邦のヤップ島で見つかった、零戦52型甲です。

零式艦上戦闘機 ゼロ戦 IMG_5200_2

愛知県の大村知事、自身のツィッターで以下のようにコメントしています
※5回に分かれています
















要約すると
@零戦は当時の航空技術の高さを象徴する機体で、愛知県で生まれたもの。あいち航空ミュージアムのコンセプトにふさわしい
A多くの若者が零戦に乗って戦い、還らぬ人をなった。この零戦を見て、今一度平和や戦争について考えて欲しい。

と言うことになりますか。

なお、この零戦の機体については
現時点では、将来的に三菱重工大江工場に移設されるまでの期間限定になるそうです。

機体の搬入は開館当日ではなく、12/3の日曜日の予定とのこと。

零戦のあいち航空ミュージアムへの展示については賛否両論があります。
戦争賛美だーとか言って、目に触れさせないようにしたい人もいるでしょう。

負の遺産と言う視点で見ると、だからこそ多くの人に見てもらいたい、私はそう考えています。
見てもらって、あとはその人自身に考えてもらうのがいいのではないでしょうか。

現時点では、
戦争については設計者の堀越次郎が書いた零戦が特攻隊に使われたことを嘆く手記も展示されるようです。
またメカ的な部分では超々ジュラルミンや引き込み脚などについて展示がされるとのこと。
※以上は記事参照元より

目を背けようとしたり、隠そうとすることに進歩は無いと思いますよ、私は。

さて、あいち航空ミュージアムがこの零戦をどう展示するか
メカとしての零戦、戦争の道具だった零戦・・・どっちも伝えなければなりませんよね
中の人として、できるだけ多くのことを、できるだけ多くの人に伝えて行きたいと考えます。

できれば・・・機銃弾が貫通したこのプロペラも、一緒に展示して欲しいですね。

零式艦上戦闘機 ゼロ戦 IMG_5217




















posted by てっちゃん at 19:04| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする