2017年10月15日

イスラエル オスプレイ購入へ向けての評価を凍結

2014年にはアメリカ国務省が輸出を議会に提出したものの、その後話が止まっていました。
F-35の導入を優先的に進めたイスラエル、オスプレイの導入そのものをしない可能性も濃くなってきたようです。
https://www.flightglobal.com/news/articles/israel-steps-back-from-v-22-purchase-442158/

もともと、イスラエルはCH-53を運用していました。

CH-53_ErezS.jpg
※画像引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/CH-53_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)#/media/File:CH-53_ErezS.jpg

これが老朽化し、1部は飛行時間が10000時間超え。
後継機にオスプレイを・・・と言う話が出ました。

しかし、空軍筋は現在CH-53が行っているミッションをオスプレイが替わって行うことが出来ない、と判断した・・・と上記の海外メディアは報じてます。

現在のCH-53「Yasur」の後継機として上がっているのは、オスプレイの他にCH-53シリーズの最新型CH-53KやCH-47。搭載量が多いヘリですね。

離島が多い日本とは、イスラエルは運用思想が全く異なる国でしょう。
ティルトローター機の持つ、航続距離や飛行速度のメリットより
いっぺんにどれだけモノや人が運べるか、を重視したのかも知れませんね。








posted by てっちゃん at 10:08| Comment(0) | オスプレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月06日

オスプレイより進化したV-280Valor 地上試験でローターを回す

アメリカ陸軍からダメ出しされたオスプレイ。そこでメーカーのベル社は、より進化させたV-280Valorを開発。「これでどうや!」と提案しています。

初飛行はもう少し先のようですが、地上にてローターを回す試験の様子がYouTubeに上がってます。
オスプレイと違ってエンジン全体をティルトさせるのではなく、「半分に折れ曲がるように」動く可動部分にはボカシがかかってます。
それだけ秘密保護に気を配ってる、と言うことなんでしょう。

海外メディアも注目してるようで、これから一連の試験を行うと報じてます。
ただメーカーのベル社からあまり情報が出ていないようで、あっさりとした内容ですが

Bell V-280 Valor prototype begins restrained ground run test operations

動画はこちら ↓。約1分です。



※ちなみにエンジンが半分に折れ曲がる様子の動画がこれ



ティルトローター機はオスプレイやこのV-280と言った軍用の他にも、アグウスタ・ウエストランド社が民生用にAW609を開発中。
こちらは来年2018年に型式証明取得を目指しているとか。
※さらに大きな機種にも触れている記事がこちら→レオナルド、次世代型テイルトローター機「NGCTR」の開発へ
ティルトローター機はビジネスはもちろん、救急用にも・・・夢が広がっています。







ラベル:オスプレイ
posted by てっちゃん at 07:53| Comment(0) | オスプレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

オスプレイの事故が続いてますが

去年12月の沖縄で起きたオスプレイの事故、そして日本のオスプレイ報道の異常さについて
元自衛隊パイロットの方のフェイスブックと、フリーランスのライターさんのツィートを紹介します。

新石垣空港への緊急着陸、そしてシリアでは「墜落事故」。シリアの件は海外メディアを見ると「着陸失敗」に思えるけど、日本のマスコミがする報道はどうにも異常にしか見えない。

とんでもなく強力な武装を施しているわけでもないし、ワープができるわけでもない
たかだか20人くらいの兵士か、いくばくかの物資を積んで運ぶことができるくらいの輸送機です
なのに、何をそんなにムキになってるの?と思う私。

私はどこでも離着陸できて(どこでも・・・は語弊があるけど)、飛行機なみのスピードで飛べるから便利だなぁ、と言う理由でオスプレイ賛成です。

さて

自衛隊で操縦桿を操っていた方のフェイスブックでは、空中給油に必要な編隊飛行の難しさや、暗視ゴーグルを着けての難しさなどが書かれています。

記事は以下からどうぞ
軍事アナリスト小川和久氏のフェイスブックでの紹介です
※青文字リンクをクリックで、該当記事が別タブで開きます。

https://www.facebook.com/kazuhisa.ogawa.5/posts/1450826334993858

続いて、軍事ジャーナリストの黒井文太郎氏のツィート




アメリカは日本のように議員のガソリン代疑惑なんぞ絶対に許さないし、徹底的に追及するお国柄と聞きます
それは、国民もメディアも。
以下のツィート、同感です。




オスプレイがーとか欠陥機だーとか騒ぐみなさん、こちらには全く無頓着のようで↓

全日空がひと月ごとに欠航や引き返しの情報を公開してます
※青文字リンクをクリックで、該当記事が別タブで開きます。

ANA 運行情報


2017年7月、1ヶ月の間に欠航や引き返しは20件(国内便16便、国際線4便)
機種別に見るとボンバルディアDHC8-400が8件、ボーイングB73が-500と-800あわせて6件。ひと月の間で、です。
最新鋭と言われるB787もありますね。

※日本航空では欠航便数、遅延便数、目的地外空港への到着の3つに分け、それぞれ天候・機材不具合・機材繰りの3つに分けて、便数のみ公表
http://www.jac.co.jp/company/operate.html

そのまま飛ぶと墜落事故の恐れがあるから、飛ばなかったり引き返したわけで
いわゆる「欠陥」です。

それなのに、何も言わない。オスプレイ叩きしか考えていないから、こういうデータには目が向かないし、探そうともしない。

マスコミ含め「オスプレイがー」とか言う連中の「安全」なんて、しょせんその程度。
だから報道の仕方もいびつだし、言ってることもおかしくなるわけです。

オスプレイ反対、おおいに結構。
でもデマとかウソとか並べるのは止めようよ。
















posted by てっちゃん at 21:44| Comment(0) | オスプレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月10日

オスプレイの白煙騒ぎ、こう言うメカニズムなんだよ・・・と言うツィート見つけました

私自身の整理も込めて、まとめてみました。興味のある方、どうぞ。







上に行きたいなら、エンジンを縦向きにすればいいんじゃね?て発想ですか。
でも言うのは簡単だけど、実現させるのは大変だったと思います。




液体って、高いところから低いところに流れるのが普通ですよね。
それを低いところから高いところへと送り出すためには、それなりの圧力が必要・・・てとです







車でもバイクでも飛行機でも、オイルは熱せられたら「さらさら」な、水に近い状態になります
しかし冷めにくい。
となると、流れやすい状態が続くわけで。

そう言えば、ハンガーにしまった飛行機の下に「ドレン皿」だったかな
オイルを受ける鉄の皿を置いてあった




「多めにオイルを入れてしまった」と言っても、ガバガバ溢れ出すわけじゃなく
車のオイルで言えば「FULL」をちょっと超えちゃった程度ですね







で、考えられる原因はこれじゃないか・・・と推測しています
公式発表?こんなもんトラブルなんかじゃなくて、当たり前のことじゃん、て話です







長期保管を前提として各部に保護塗布してあった油脂類
新品やO/H後のエンズンは保護のため内部に油脂類がたっぷり
(ふざけて書いてるけど「エンジン」です。O/Hはオーバーホール)

エンジンに限らず、金属部品は錆びます。
ウチの会社は工作機械作ってるけど、回転部や可動部にはさび止めと潤滑のために油やグリースがタップリです。

エンジンは燃料を燃やして力を得るものだから、燃料が燃えれば熱が発生するわけで
それに液体が触れて、温度が沸点を超えれば気化するのは当たり前。
極端な例えだけど水蒸気と同じ?

ブルーインパルスのスモークも、ある意味同じ理屈







ブルーインパルス仕様のT-4では、操縦桿にあるトリガーでスモークのON/OFFをコントロールするそうです。

ちなみに旅客機でも同じ現象が起きるそうで
(そりゃ同じ仕組みですから)
このツィート、もういっぺん載せますね

盛大に白煙を噴きだす、事故率が低いことで有名なカンタス航空機




ちょっと調べてみた
この動画のエンジンはCFM-56シリーズ、と動画の撮影者は言ってます。
一口にCFM-56シリーズと言っても軍用機から民間機、旅客機ではB737やエアバスA321やA340と言った機体に「幅広く」使われています。古いところではDC-8も。新しいところでB737の最新型である-800や-900。

下のツィートみたく、白煙を上げると危険だー!と言うのなら
今すぐこのエンジンで飛んでる機体、全機の運行を停止させないとね。




この方は共産党の副委員長である参議院議員ですが、
「共産党」とか「国会議員」と言う肩書きなんかじゃなく
事実を知り知識を得ようとすることが必要なんかないの?と私は言いたい。

だから「オスプレイ擁護、乙」なんて批判は全く気にしないし
議論するつもりもありません。



























ラベル:オスプレイ
posted by てっちゃん at 16:37| Comment(0) | オスプレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

大分空港のオスプレイ白煙騒ぎ、実はこういう理由なんだよ・・・と航空関係の方々が指摘してます

パイロットなど航空関係の方々が「こうなんだよ」とツィートしてくれてます。
オスプレイを批判する方も、とりあえず読んでみてください。

この現象、私もエンジン小隊にいた同期から聞いたことがあるような覚えがあったなぁと思いつつ
昔の話だし、「聞いた」だけで理解してなかったので
他人様にハッキリと、こう言う理由なんだよと・・・ちゃんと説明できなかった。
やっと腑に落ちた気がします。

それらのツィートをまとめてみました。
時系列バラバラだし、あとツィ主さんのプロフはご自分でチェックお願いします。




現場でオスプレイを見ていた方もビックリしたようで




朝日は、飛べなかった理由をいかにもエンジンから出た白煙のせいにしてますが・・・
別の可能性も否定できないわけで




このツィ主さん、白煙の原因にも触れています




空飛ぶたぬきさんは、元イーグルドライバー。F-15のパイロットだった方




私は電子装備担当だったので、これは知らなかった



※指導は「始動」です

航空軍事評論家の関賢太郎氏は、こんなツッコミを




布留川@WolfWork‏氏は、飛行機のDVD製作にかかわる方




またまた出た「オスプレイがー」のこの騒ぎ
またまた共産党の議員さんが「おバカなことを」ツィートされてます




こんな苦言を呈してる方も




オスプレイ批判、大いに結構
だけど何も知らない、知ろうとしない・・・それは違うんじゃないでしょうかね。


















posted by てっちゃん at 19:38| Comment(0) | オスプレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする