2019年08月31日

陸上自衛隊の災害派遣について よくわかる動画です

今でこそ、災害が起きると自衛隊が派遣されるのは当たり前みたいになってますね。
でも「何故、自衛隊?」と言うところまではなかなか理解されていないんじゃないかな。

YouTubeの陸上自衛隊広報チャンネルが陸上自衛隊の災害派遣における活動について、どうのような時にどのような理由で派遣されるのか。
また自衛隊だけではなく、地方公共団体との連携した活動なども合わせて動画で解説してます。
この動画、私はわかりやすくていいと思っていました。
しかし、まだまだ理解されていない方もいるのが現状です。

もしこの動画で、自衛隊の災害派遣について理解が進めばいいと思った方は、ご自身のSNSなどで拡散していただければ幸い。
拡散することも、自衛隊を応援することの1つかと思ってます。




ラベル:自衛隊
posted by てっちゃん at 19:19| Comment(0) | 政治のお話をツィッターで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月09日

もうすぐ米朝首脳会談 金正恩委員長の乗る飛行機に注目

金正恩委員長が会談の開催地シンガポールに向かうのに、自分の専用機を使うのか、それとも北朝鮮の後ろ盾である中国が機体を用意するのか、いろんな憶測が飛び交っているようです。

韓国メディアのKBSは、金委員長専用機が中国領空に入ったら、中国が戦闘機を発進させ専用機を護衛する可能性がある、と報じてます。
これがアップされたのが6/6。
※記事参照元@http://alert5.com/2018/06/07/chinese-fighters-may-escort-kim-jong-uns-plane-during-his-trip-to-singapore/
※記事参照元Ahttp://world.kbs.co.kr/special/northkorea/contents/news/news_view.htm?lang=k&No=65499

新しい情報として6/8に出てきたのが、中国が金正恩委員長のために機体を用意、この機体に乗って移動と言う説。
日テレ系が報じてます。




どちらの記事からも、北朝鮮そして金正恩委員長と北朝鮮が、アメリカ軍機などに接近されることを「非常に」警戒しているように見受けられますね。

その原因じゃないかと指摘されてるのが、金正恩委員長専用機がとても古い型の機体と言うこと。
金委員長専用機は旧ソ連時代の1962年に開発が始まり1963年に初飛行した、Il-62と言うジェット旅客機がベースとなったもの。
ネット上では航続距離からして足りないんじゃないの?とボロクソに叩かれてます。

YouTubeで、金委員長の乗機がアップされてます
ピッカピカに磨き上げられたその機体は、とても50年以上も前の型とは思えません
※韓国メディアのニュース番組に登場、約2分の動画のうち、50秒あたりです



さて「史上初」の米朝首脳会談。
米朝はもちろん、韓国や日本、そして世界が笑顔になるような成果に期待ですね。








posted by てっちゃん at 12:38| Comment(0) | 政治のお話をツィッターで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月18日

南シナ海の重要性をわからない大臣さん 次は総理大臣を目指すそうで

南シナ海の人工島が、まるで要塞。しかもほぼ完成に近づいてるとか。
この大臣さん、これでも「関係ない」と言うおつもりでしょうかね。

南シナ海は資源や物資が入ってくる、日本にとっては「とても」大事な海だと私は思ってます。
(私は学がないんで間違っていたら、ゴメンなさい。ご指摘いただければ、幸いです。)

しかし、この現職の総務大臣。こんな発言してます。
※この画像がいつのものかわからないので、現時点でどうお考えか問いたい。




その発言が以下の通り




南シナ海で中国が人工島を造成しているのは、皆さんもご存じのとおり
中国のトップである習近平主席は「軍事基地にはしない」と言ったはず。
みなさん、そうでしたよね?

しかし、滑走路や対空ミサイル陣地などを次々に完成させてます。
ホント、海に浮かぶ要塞ですわ。

その人工島の現況を取り上げた記事がありました。
どういった施設が作られているか、写真も入れて説明されています。
ぜひご一読を。

南沙諸島と西沙諸島で埋めたて完了・施設充実中 世界が北朝鮮に注目する間にも着々と・・・



大きい画像もある、元記事はこちら

ASIA MARITIME TRANSPARENCY INITIATIVE
A CONSTRUCTIVE YEAR FOR CHINESE BASE BUILDING



この海の重要性を「ホントに」わかっていないのなら、見識を疑うし
どこぞの国へ忖度してるなら売国奴
いずれにしても日本にとってはマイナスにしかならないですよね

野田聖子総務大臣、次回の自民党総裁選挙に立候補するおつもりらしいですが
国民の一人としては、絶対に許せんと思う次第であります。




posted by てっちゃん at 19:35| Comment(0) | 政治のお話をツィッターで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月08日

小牧でのF-35試験飛行の騒音問題 悩ましいですねぇ

爆音も悩ましいけど、いちゃもんつける共産党も悩ましいぞ。
政治の話です。つまらないです。他人の批判します。楽しくありません。興味の無い方、スルーしてください。

航空自衛隊小牧基地での騒音問題で、こんなツィートが。




この人たちいつも話を盛るから、どの程度の「大音響」なのか。どれくらいの「爆音」なのか疑ってかかってますが。

共産党の某市議が、FDAのERJ-170と航空自衛隊のC-130の騒音値が8デシベル違うのを、「体感的には2倍」とか、盛りまくってましたから。
この議員さん、子供の頃には国際線も飛んでた小牧空港で、ジャンボとかトライスターとかエアバスとかの音を聞いて育ってるはずなんですがね。

空港と基地の騒音で、自分の経験をお話しします

私は元航空自衛隊。千歳基地で働いてました。
当時の千歳基地は、今の新千歳空港と分離された形ではなく
民間航空会社の機体も自衛隊の機体も滑走路を共有する、いわば今の小牧基地のような状態。

ただし、民間機の離着陸の頻度は比べ物にならないほど多いし
飛んでる機体だって、FDAのER-175とか言う「小さい」リージョナルジェットじゃありません。

FDA ERJ-175 JA09FJ IMG_5926_2

B747とかトライスターとか言う「大型」ジェット旅客機です
ANAが国内線用に使っていたB747SR

1024px-ANA_Boeing_747SR_PER_Wheatley.jpg
※画像引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9C%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%B3%E3%82%B0747

こんなデカい旅客機が四六時中飛び、さらには自衛隊のF-15やらF-4にF-104が夜遅くまで飛ぶ毎日
当時は旧ソ連機へのスクランブルが多かったから、夜中に飛んでいくこともしばしば。

そりゃもう、すさまじい「爆音」。何回叩き起こされたことか。
今の小牧基地?まだ静かな方だと思いますよ。

しかし地域住民にとって、日々の騒音はやっぱりうるさい。
その点では住民の方の騒音についての悩み、多少はわかります
だから騒音対策を!言う話には大いに賛成

でもねぇ、2つほど疑問な点があるわけですよ
@冒頭の引用ツィートをもういっぺんあげます




注目すべき点は載せられた新聞の画像の中に
「本格的にF-35が配備されると・・・」

いや・・・小牧にF-35は配備されませんから・・・
そこは正しく事実を認識しましょうよ
でないと、騒音問題だって「この人の言ってること、いい加減だから」と見向きもされなくなるでしょ?

ただまぁ、最終組立工場もあるしIRANだって小牧でやるからには
F-35が名古屋や小牧の空を飛ぶ回数は増えることは間違いないです

千歳で飛行機の爆音の中生活していた身からすれば、騒音対策は大賛成・・・て話になるんですが
共産党に限らず野党のみなさん、もう一歩がまだ。
ここは期待して注視して行こうと思ってます。

A騒音対策について愛知県と協議した、もとむら伸子衆議院議員がフェイスブックにこんな投稿を



注目点はここ
自衛隊機の離発着が増えているのに、騒音対策は愛知県の予算とのことです。
納得いきません。
で、しめがこれ
愛知県が、真に県民の皆さんの安全を守る立場に立って対応することを強く求めました。

騒音対策費が県の支出になってる点は、あなた達議員がなんとかする話で
今起こってる問題に対し感情的に「納得いきません」はないでしょう
そして最後は「県へ求めました」

いや、まず自分たちで動けよ。

一般市民が声を上げたところで、できることはたかが知れてます。
でも議員は違う。有権者の付託を受けて動くことができる。その権限も与えられている。
それにふさわしい人間だと判断して、有権者はあなたに1票を投じてるんですよ。

名古屋市議会で航空機の騒音監視体制の見直しを検討させることもできたんだから
もう一歩進んで何かできることはあるでしょうよ、て話です。

真に県民(国民)の皆さんの安全を守る立場
それは議員も同じでしょう。

この書き方からは、もとむら議員自身がこれから頑張るぞ!と言う覚悟が伝わって来ない。県に丸投げしてるとしか思えない。
丸投げしてどうするの?て話です。

さて、このF-35と共産党をめぐるお話しはもうひとつあります。これも酷い。
生活保護費の削減に反対の共産党、防衛費の増加にひどくおかんむりですが
あなた達野党がしっかりしていれば、防衛費も生活保護費も両立できるだろうと思う話を取り上げます。


共産党叩きの記事続くけど、共産党に限った話じゃないからね。
F-35については、旧民主党の大臣経験者もやらかしてますから、これも取り上げるつもり。

私はどっちかと言うと自民支持だけど、たとえ与党でもこんなことやってるなら疑問をぶつけていくつもりです。















posted by てっちゃん at 09:06| Comment(0) | 政治のお話をツィッターで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年07月18日

安倍さんと菅さん、この違いは何なんだろう

どっちを選ぶ?と聞かれれば、そりゃぁねぇ・・・

3.11の東日本大震災、避難所で被災者を「華麗に」スルーする菅元首相




今回九州北部の豪雨災害で見せた安倍首相の姿

安倍首相に私は積極的支持ではないけど、被災者と同じ目線まで下りて話をする姿勢には好感を持ちませんか?






自衛隊初め警察や消防、そして海上保安庁の方々。地元の行政関係者のみなさんが現地で頑張ってる姿が「全く」報道されていないわけじゃありません。
しかし、「森友ガー」や「加計ガー」の方が多いのは事実ではないでしょうか。

安倍首相が来て感謝されている、この声が外国では報道されても日本では報道されることはないだろうなぁ、とは思いませんか?




菅さんのこの姿、やっぱり今の民進党(笑)





これでは民進党もマスコミも、信用されなくなるのは当たり前。
他人の批判するのも結構、でもその前にわが身も振り返ってみてほしいですね。

posted by てっちゃん at 18:34| Comment(0) | TrackBack(0) | 政治のお話をツィッターで | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする