2018年01月31日

ロシア新型空中給油機Il-78M-90Aが初飛行

ロシアが開発中の新型空中給油機Il-78M-90。初飛行を成功とのこと。
貨物も搭載可能で、空中給油も自動化されてるんじゃないかと言われてます。



空中給油をすれば給油された航空機は、より遠くにより長い時間飛ぶことができます。
日本海を中心に活動してきたロシア機が、太平洋へ出てきて日本をぐるっと一周。
レーダーサイトなど、いろんな情報を集める・・・そんなことも予想されますね。て言うか、すでにそうなっているのかも。

過去にはこんな飛行もしてますが、これだって脅威と言えば脅威ではないでしょうか。
参考記事
2017.10.30 統合幕僚監部 ロシア機の日本海及び太平洋における飛行について

脅威、脅威と煽るわけじゃないけど
平和をーとか憲法9条がーとか言う人達、こういう事実も見ようよ





ラベル:ロシア軍
posted by てっちゃん at 07:11| Comment(0) | ロシア軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月08日

ミグ25のエンジンが巨大すぎて・・・

何だ、このデカさは・・・




あの「異常な」爆音が納得できる(((;゚Д゚)))ガクガクブルブル

ちなみに
F-15のエンジンで、このサイズです

F15J/DJ エンジン IMG_6940_2
F15J/DJ エンジン IMG_6940_2 posted by (C)てっちゃん

身長170センチの私の目線で見た、エンジン・ノズルはこれくらいの高さ

F-15DJ #089 第6航空団第306飛行隊 IMG_9493_2
F-15DJ #089 第6航空団第306飛行隊 IMG_9493_2 posted by (C)てっちゃん

どうやっても、エンジンの排気口の中で座れんぞ、これは
やっぱり、ロシアは恐ロシアだ











ラベル:ロシア軍
posted by てっちゃん at 06:44| Comment(0) | ロシア軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月03日

Su-35Sが「地球の重力はお友達♪」と言ってる動画

ロシア・スホーイ社の戦闘機Su-35。中国への輸出でも、話題となった戦闘機です。
今年2017年7月に開催された、MAKS国際航空ショー2017で激アツなデモ飛行を魅せてくれました。

Su-35Sはロシア空軍向けの量産型で、中国へ輸出されるSu-35Kは「輸出用」とのこと
いろいろと仕様が違うであろう事が推測できますね

MAKS国際航空ショーとは
2年に一度、奇数年にモスクワ中心部から20kmほどのラメンスコエ空港で行われる航空ショー。軍用、民間問わず膨大な金額のビジネスが展開されます。
そこでのデモンストレーションは、各機種が素晴らしいパフォーマンスを見せてくれるそうです。

「見せた」ではなく、「魅せた」と魅力=人を惹きつける意味で書いたのは、ホントにスゴイと思ったから。
地球の重力など感じさせなかったり、逆に重力を上手く利用してるような飛びっぷりに、思わず惹きこまれます。

約6分弱の動画。HDです。




ラベル:ロシア軍
posted by てっちゃん at 22:21| Comment(0) | ロシア軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月27日

Su-57の次はMig-41?

ロシアが開発したステルス戦闘機につい先ごろPAK-FAにSu-57と言う名前が付き、部隊配備も近々?・・・と言う話が流れてきたと思ったら
次はPAK-DA、Mig-41の開発にかかったとか

特徴は
@現在稼働しているMig-31の後継機と言う位置づけ
A音速の4倍、つまりマッハ4の速度。しかも宇宙空間も飛べる
B人工知能の活用、ゆくゆくは無人化も?
Cレーザー兵器を搭載
と、紹介されています。
※記事参照元 https://www.rt.com/news/400687-russian-mig-interceptor-space/

Mig-41について伝える海外メディア。こんな感じですよー・・・と紹介した動画です。



ネットでは、早くもイメージ図が出回っていろいろ盛り上がってます

これはウクライナのイラストレーターさんが作ったとのこと




こんな図も出回ってます




井上氏の「波動エンジン」がウケる(^^♪
しかし、みんなどうやってこんな図を仕入れてるんだろ

開発スケジュールとしては、2020年半ばまでに生産開始の可能性・・・と記事は書いてます。
EUやアメリカからの経済制裁を受けて、財政はかなり厳しいはずのロシア。
さて、どう進んでいくのか注目です。




ラベル:ロシア軍
posted by てっちゃん at 12:21| Comment(0) | ロシア軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月18日

ロシア、ステルス戦闘機T-50に新たな動き

いろいろとウワサが出ていた、ロシアの開発するステルス戦闘機T-50
今年2017年後半に、ロシア航空宇宙軍に5機が引き渡されると公式に軍から発表がありました。

空軍が機体を受領し、
メーカーのスホーイ社のテストパイロットから操縦に関する訓練を受け
その次に空軍による試験飛行
その後に量産開始・・・と言ったステップを踏んでいくようですが
具体的なスケジュールは不明だそうです。

最初の配備先が欧州になるか、極東になるか
これによってプーチンさんの考えもある程度わかって来るのかなぁ、と感じます

・・・などと言っているうちに、岩国基地へF-35Bが到着したようで。
時代はステルス。
F-104が登場した時は、「最後の有人戦闘機」なんて言われていたのにね。

しかし、この飛行機の飛び方
ハッキリ言って変態です(笑)



ラベル:ロシア空軍
posted by てっちゃん at 20:46| Comment(0) | TrackBack(0) | ロシア軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする