2018年04月22日

宮古島沖を通過した中国空母艦隊 「いずも」空母化には騒いだ皆さん、こちらにはダンマリですかね

中国版「空母打撃群」でしょうか。本家アメリカ海軍の空母打撃群と肩を並べるくらいの陣容に見えますね。

空母「遼寧」を中心とする7隻の艦隊が、4/21に宮古島と沖縄本島の間の海域を通過したとのこと。さらには洋上で艦載機の離着艦訓練も行ったとか。
領海侵犯した訳でないですが、何か意図があってこの領土領海の近くを通ったのでしょう。気持ち良いものでは・・・ありませんよね。

問題は、国内の反応。
防衛力強化の一環として、海自のヘリ搭載護衛艦「いずも」をF-35Bが運用出来る「空母」に、と言う話が出た時
「反対だー」とか「専守防衛から逸脱だー」とか、あちら界隈が騒ぐこと騒ぐこと。

でもこの件については、なぜかダンマリ。
何故でしょう(笑)

この空母打撃群の沖縄近海通過についての新聞報道はこちら
産経使います

4/21 産経 中国空母など7隻、沖縄−宮古間を通過

防衛省統合幕僚監部からのプレスリリースへのリンクです
各艦の写真もあります

4/21発表 中国海軍艦艇の動向について

なお、小野寺防衛大臣は特に記者会見はしてません。
コメントも出してません。

さて、この艦隊のついての中国側の報道をシェアしますね
一昔の「大本営発表」・・・みたいで威勢の良い言葉が並んでます。

でも今の中国の勢いみたいなものを見ると
ホントに「実力」を付けて来てるんじゃないか、とも思えます。
バカにしちゃ、泣きをみるかも知れません。

中国網日本語版(チャイナネット)から引用します
このメディアも「?」と言うふうにも言われてますが、中国側がこの打撃群の力に「少しは」自信を持ってると言うのを垣間見る事ができるかと思います。

※以下の記事および画像引用元 http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2018-04/18/content_50906007.htm

海軍空母編隊、実兵対抗で作戦能力向上

海軍の遼寧艦空母編隊は連日にわたり、南中国海で偵察・早期警戒体系の構築、電子対抗、対空作戦、対海作戦、対地攻撃、対潜作戦などの訓練を実施し、強度・高難度の実兵対抗訓練を通して編隊の体系作戦能力を検証し、向上させている。


1122697896_15239725484171n.jpg

1122697896_15239725483711n.jpg

こちら中国国営テレビCCTVでは、ツィッターに動画をアップしてます



この空母打撃群の行動、領海侵犯してるわけじゃない
あまりいい気分はしないけど、公海上であれば別にいいんじゃないの?と私は思ってます。

でもね、最初にも書いたけど
我が国を守るための「空母」には反対だと騒ぐ人達。
太平洋戦争の時のように他国を侵略するんじゃないか、と「その人達」は言います。

では、あちらの空母も「他国を侵略する」為に使われる可能性もあるわけで
しかも日本近海、領海領土のすぐ傍を通ってると言う事は、日本がターゲットにされてる可能性もあるわけです。

少なくとも「否定はできない」ですよね。
もちろん、そう簡単に戦争なんてならないでしょうが、十分脅威になってませんか?

なのにダンマリを決め込んでる。

何でだろうね。













ラベル:中国
posted by てっちゃん at 14:41| Comment(0) | 中国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月28日

中国軍機が日本と韓国の防空識別圏に侵入 でも・・・

しかも韓国の領空ギリギリ、朝鮮半島の東側まで飛んできたのは初めてだそうです。
日本や韓国に対し何の意図も無ければ、こんなところは飛ばないと思うんだけど、皆さんどう思います?

日本で「平和がー」とか言ってる方々、いつものようにダンマリのようで。
憲法の改正に反対は自由だけど、日本の周りでこんなことがしょっちゅう起きてる状態で
じゃあ日本の平和をどう守るのか、具体的な方策を示して欲しい。

事の概要はこう
以下、統合幕僚監部の報道発表より引用
※引用元 http://www.mod.go.jp/js/Press/press2018/press_pdf/p20180227_02.pdf

WS000000.JPG

飛行ルート
WS000001.JPG

対象機 Y-9型電波情報収集機と思われます
目的は不明なれど、日本や韓国のレーダーサイトの電波情報を集めに来たのかも知れません。

WS000002.JPG

日本側からも空自の戦闘機がスクランブルしましたが
韓国側はF-15KやF-16など、10機以上をスクランブルさせたとか。
※記事参照元 http://english.yonhapnews.co.kr/news/2018/02/27/0200000000AEN20180227008252315.html

現時点では、中国側の意図は不明。
でも、こうやってレーダーの情報など集めておけば、いざ有事となれば相手側のレーダーをかく乱することは可能。その上で相手領土に攻め入ることだって出来ますよね?

これでも、国の守りは要らないとでも言うのかな。






ラベル:中国軍
posted by てっちゃん at 20:38| Comment(0) | 中国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

中国のY-20輸送機は6番機も登場

航空自衛隊C-2と何かと比べられる、中国のY-20輸送機。こちらは最近、6番目の機体が確認されたと中国メディアが報じてます。

中国軍網(英語版)の最新の記事によると、西部戦区空軍航空兵某師団は18日に多科目飛行訓練を実施し、部隊の実践化作戦能力を磨いた。
発表された写真を見ると、機首ナンバー「06」のY-20輸送機を確認できる。これはナンバー「05」のY-20の公開に続く新型機で、すでに6機のY-20が就役した可能性がある。

※記事及び画像引用元 http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2018-01/24/content_50291015.htm
※画像の機体は6号機ではありません

20180124081955770.jpg

20180124081954469.jpg

20180124081956610.jpg

このY-20輸送機、初飛行から5年とのこと




まだ実際の機体が確認されていませんが、中国はこのY-20を早期警戒管制機や空中給油機へ改造する計画をもっているとのこと。
逆に設計段階から、多目的に使えるように考えていたかも知れません。
太平洋への進出へ着々と手を打ってる・・・とも見えるんじゃないでしょうか。

さて、我が空自のC-2
電波情報収集機への改造が進行中。岐阜基地に隣接する川崎重工では、機体も確認されています。
空中給油機への改造は・・・ノウハウ持ってるのかなぁ。
将来は空中給油機も国産、なんて計画あるのかなとか思ったりします。






ラベル:中国軍
posted by てっちゃん at 08:06| Comment(0) | 中国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月27日

あのAG600、2回目のテスト飛行を成功させたそうで

初飛行が12/24、つい一か月前。開発が順調に進んでいるようです。中国メディアも画像入りで、自慢げに報道してます。開発や生産に携わった人たちも、きっと嬉しいことでしょう。

以下、引用
中国初の大型消火・海上救助用水陸両用機、AG600「鯤竜」が24日、珠海市で2回目のテスト飛行を行った。今回の飛行では性能の限界を探り、かつ各システムの機能を検証した。各システムは正常に稼働し、予定のテスト飛行内容を完了した。これは同機が陸上科学研究・調整・テスト飛行の段階に入ったことを意味する。

8593bac08d904458a53bdf2e35c38db2.jpg

bd400310-3946-4f06-9da0-22d907deaf27.jpg

※記事および画像引用元 http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2018-01/25/content_50300146.htm

性能云々はわかりません。日本のUS-2に比べりゃ、まだまだだぜ。なんて声もあるし、実際そうかも知れません。逆に、とっくに日本を追い抜いてるかも。

ただ表向きは消防・海難救助用と言ってる、この飛行機。
南シナ海の人工島へも飛ぶんだろうなぁ、とは思います。

海難救助はもちろん、器材を積めば対潜哨戒にだって使えるでしょう。
中国はグアム近海にも、対潜用の調音器だかセンサーを仕掛けたと言いますから。

ツィッターでは動画も上がってます。
運用とか性能は置いといて、なかなか美しいデザインだと思いますよ。







ラベル:中国軍
posted by てっちゃん at 09:26| Comment(0) | 中国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

あの中国の飛行艇が初飛行

スゴイね、中国。この飛行艇に限らず、火器や艦艇と言った装備品もどんどん新しいものが開発・配備されているそうです。
引用させていただいたツィ主さんのタイムラインでは、そんな中国の現況がツィートされています。合わせてご覧ください。

このAG-600に関連するツィート上げます







今回は陸上からだったけど、近いうちに水上からの初飛行も





YouTubeには、早くも動画が上がってます
3時間近くあるので時間があるときに、wifi環境でご覧ください



こちらは中国メディアのニュースから
約2分ちょっと
工場の人達、歓喜です。開発が遅れていたと言う話もあっただけに、嬉しいだろうなぁ。





























ラベル:中国軍
posted by てっちゃん at 07:09| Comment(0) | 中国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする