2019年07月24日

韓国 F-35Bを搭載可能な軽空母を建造

「いずも」にF-35Bを載せる話が出た時に大騒ぎした皆さん、静かですねぇ。
あの発狂的大騒ぎはなんだったのだろうね。

強襲揚陸艦「独島」の1.5倍の大きさで、F-35Bを16機搭載可能な3万トンクラスの艦を作ることを決定した、と言うお話です。
なので進水や配備についてのスケジュールは、これからと言うところ。
韓国の今の経済状況を見ると、ひょっとしたら断念と言うのもあり得るかな?とも思えます。

強襲揚陸艦「独島」がこの艦

해군_독도함_(7438321572).jpg
※画像引用元 ウィキペディア

exciteニュースによると
韓国が空母を計画したのは、これで4回目
これまでは予算面から断念してきたとのこと

さらに
今回の空母計画は、日本との戦争を考えた性能が要望されてるとか
※記事参照元 exciteニュース 2019.07.24 韓国の空母建造計画書に驚愕の報告添付「仮想敵国は日本!」

この手のニュース、私はあまり信用してないのでどこまでホントかはわかりませんが
全く無いわけじゃないよね、とは思ってます

さて

日本の海上自衛隊、ヘリコプター搭載型護衛艦「いずも」をF-35B搭載可能な軽空母にする話が出た時に
大騒ぎした「あちら界隈」の皆さん

まだ知らないのか
それとも見なかったふりなのか

不気味なくらい「静か」ですねぇ
あなたたちの大嫌いな「空母」ですよー
何故黙ってるんですか?

もう1つ
アメリカが韓国に売るのはF-35Aであって、F-35Bは決まってないはずだけど
どうするんだろ
アメリカ的には儲け話だけど、韓国を取り巻く今の状況ではどうなのかな?とも思います。

難しい話は専門家に任せて、まずはどうなるか見てみましょうか。









ラベル:韓国軍
posted by てっちゃん at 21:19| Comment(0) | 韓国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月20日

韓国とスペインでA400M輸送機とT-50などの交換交渉に入る

スペインが国内事情で余剰となりそうなA400M輸送機と、韓国KAI製の練習機を交換する話。韓国が交渉のために人員を派遣する計画だ、と韓国メディアの聯合ニュース(英語版)が報じてます。
2019.02.11 YOHNHAP NEWS AGENCY S. Korea to launch negotiations on aircraft swap deal with Spain

A400M-colombia.jpg
※画像引用元 https://www.airbus.com/search.image.html?tags=products-and-solutions%3Amilitary-aircraft%2Fa400m&page=2&tagLogicChoice=OR

以前にもいくつかの海外軍事航空サイトが取り上げてた、このお話し。
その後話が出てこなかったんですが、いよいよ動き出しそうです。

内容としては
スペインは自国のために27機のエアバスA400M輸送機を発注するものの、国内事情から13機を売却
このうち4〜6機を韓国KAI製のKT-1練習機30機と、T-50練習機20機と交換したい

去年2018年に行われた共同防衛産業協力委員会で、スペインから韓国側にこう提案されたそうです。

先出の聯合ニュースでは、現在C-130輸送機を持つ韓国空軍は、効率的な災害支援と平和維持活動を行うために
より大型の輸送機を欲していると結んでます。

C-130よりも大型で貨物積載量も航続距離も大きいA400M輸送機は、アメリカのC-17輸送機が生産が終了した現在、韓国空軍のニーズに合っているようです。

KT-1と言う練習機がこちら



韓国のアクロバットチーム「ブラックイーグル」も使っている、T-50ジェット練習機の動画



ヨーロッパへの初めての輸出、と韓国国内では歓迎ムード
KT-1やT-50が海外でも通用する素晴らしい機体だと言うのが、改めて実証されたことにもなるんじゃないかな

この件については海外メディア・・・スペインのメディアも報じているんだけど
https://www.infodefensa.com/es/2019/02/13/noticia-espana-corea-acercan-posturas-intercambiar-a400m-entrenadores.html

ネタ元は、この聯合ニュースの英語版
報道が出てから1週間近く経つけど、韓国・スペイン両国から公式な発表も、報道もなし

この取引が、韓国・スペイン両国にとって良い取引になるといいのですが
さて、どうなっているのやら









ラベル:韓国軍
posted by てっちゃん at 06:42| Comment(0) | 韓国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月13日

韓国 F-35の整備は自国で?

アメリカ国防総省はF-35戦闘機の「メンテナンス・パートナー」として、大韓航空やハンファグループなど6社で作られた「Team ROK」を選定したそうです。
韓国の聯合ニュースがWEB版(英語)で伝えてます。

YONHAP NEWS AGENCY 2019.02.12 
South Korean consortium chosen as F-35 maintenance partner


これを取り上げたのが、海外軍事航空サイトのAlert5

Team ROK selected as F-35 maintenance partner

※太文字クリックで、該当記事が別タブで開きます。自動翻訳で大体の意味はつかめるかと思います。

航空電子機器や電気系統の整備を担当する・・・みたいな書き方なんで、機体全部ではないみたいな書き方です。

この記事では、これ以上詳しく書いてません。

あとは
2014年に74兆ウォンで40機のF-35Aを購入を決定
韓国にF-35が配備されるのは、今年上半期から2021年にかけて
F-35Aは空軍仕様でー
と言うことくらい。

この話が出て日韓のネット民からはいろいろ憶測も出るだろうけど
そのうち続報が出てくるだろうから、それを見ればいいかな?

これはアメリカ空軍のF-35A
カッコいいんで載せました(笑)

180901-F-BQ566-006










ラベル:韓国軍
posted by てっちゃん at 22:11| Comment(0) | 韓国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年02月01日

韓国空軍A330MRTTの空中給油訓練の動画

韓国空軍が2018年11月に導入した、A330MRTT空中給油機。F-15KやKF-16に空中給油をする動画が、韓国メディアからアップされています。

空中給油機には「シグナス」と言う名前が付けられたこと、実戦配備が始まったこと、竹島(韓国名:独島)での作戦行動時間が増える見込み・・と言う内容。

約2分弱の動画。
F-15Kなどに給油する場面や国防部の偉い人のスピーチ、30秒あたりには空中給油のブームオペレーターの席が写ってます




韓国はこの1号機の他、今年2019年中にはさらに3機を導入予定













ラベル:韓国軍
posted by てっちゃん at 06:31| Comment(0) | 韓国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

韓国空軍 3月末までにF-35Aを2機受領

航空自衛隊でも続々と配備が進む、最新鋭ステルス戦闘機F-35A。お隣の韓国でも初のF-35Aが2019年3月末までに受領され、4〜5月には配備の予定。
今年中は10機が、メーカーのロッキード・マーティンから引き渡される計画だそうです。
※記事参照元 THE KOREA TIMES Two stealth jets to arrive in Korea by March

韓国は2014年3月に、40機のF-35Aを7.4兆ウォン(現在のレートで約7130億円)で購入を同意
2017年末からパイロットの飛行訓練のためにアメリカへ派遣。
アリゾナ州ルーク空軍基地には、さらに6機があるとのこと。

130516-F-BU402-566_(8793397581).jpg
※画像はアメリカ軍機
引用元 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:130516-F-BU402-566_(8793397581).jpg


さて定期検査とかはアメリカに持って行くんでしょうか
日本に整備拠点がありますが、あちらは嫌がってるご様子。
米軍機が小牧の三菱に整備へ来るのに大反対されてるグループの方々、韓国空軍のF-35Aなら良いですか?
ぜひ聞いてみたいですね。








ラベル:韓国軍
posted by てっちゃん at 06:28| Comment(0) | 韓国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする