2017年12月27日

韓国がF-35Aを20機、追加購入だそうで

次世代戦闘機2次事業と銘打ってますが、事実上はF-35Aの追加購入。F-35云々じゃなく、なんでコソコソ隠さなきゃならないのか不思議。ちゃんと訴えれば、国民も納得すると思うんだけど。

最新鋭ステルス戦闘機F-35を60機導入する予定だった韓国。財政事情を考慮し、まずは40機を購入して・・・との話だったもの。11月のトランプ大統領の訪韓で、この際もう20機も・・・と事が動きだしたようです。

F-35A ロッキード・マーティン社ホームページより

620140207_af6_200_13j00660-2__main.jpg
※画像引用元 https://www.f35.com/about/variants/f35a

この件、韓国・中央日報が報道したのに続き、ロイターも報道しました。
でも・・・韓国政府では
複数の政府消息筋は「『次世代戦闘機2次事業』というが、事実上、F−35Aの20機追加購買事業」と話した。入札方式で次世代戦闘機を購入しようとしても、F−35を製造するロッキードマーチンに対抗するライバルがいないからだ。
と、言われてるとか
※記事引用元 http://japanese.joins.com/article/772/236772.html?servcode=200§code=200

北朝鮮の脅威もあるし、ここは堂々と「韓国を守るためには、この戦闘機しかない!だから必要なんだ!!」と国民に訴えてもいいような気もしますが、どうなんでしょうね。

鈍重で空中での格闘戦なんて無理じゃね?とか言われていたF-35。
今年のパリ・エアショーでは「やればできる子じゃん」と言われた見事な飛びっぷりを見せてくれた動画です。約6分半。

















ラベル:韓国軍
posted by てっちゃん at 06:59| Comment(0) | 韓国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月19日

米韓合同訓練中に戦車が橋梁から転落、1人が死亡。でも主要メディアは完全スルー。何で?

北朝鮮があんな状態、韓国だって国を守るのに必死
この亡くなった兵士だって、いざとなったら自分が国を守るんだと言う強い気持ちで訓練に臨んでいた事でしょう。
この兵士に哀悼の意を捧げます。

事故の概要
発生は15日午後、午前の演習を終え集合地に向かう途中の戦車(型式不明)が演習場内の橋梁から2m下に転落。
A兵士は病院に運ばれたものの死亡。
同乗していた操縦手と砲手は軽傷。
・・・と言うもの。

記事参照元 http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=shm&sid1=100&oid=003&aid=0007895879

この記事、ロシア・メディアのスプートニクで見つけたもの

ところが記事元とされる聯合ニュースには記事が無い
朝鮮日報に中央日報、東亜日報など主要紙のウエブサイトにも無い
韓国語版も探してみたけど無い

主要テレビ局のKBS, MBC, SBSのサイトにも行ってみたけど無い

もし
ほんの一部のメディアしか報じていないのなら
主要メディアは何で報道しないんだろう

軍内部のイジメや不正は思いっきり叩きまくるくせに
現場で必死に働いてる兵士には見向きもしないのかい?
そこに違和感を感じます。

哀悼の意を捧げろ、とは言わないけど
せめてこう言う事故がありました、くらいは報じられてもいいんじゃないかと私は思ってます。

軍国主義者と言われるかな
軍を讃えろと言う話じゃなく、兵士に哀悼をと言う話なんでそこはお間違えなく

でも、これじゃ亡くなった兵士が何だか浮かばれない気がする






posted by てっちゃん at 00:59| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月15日

韓国、特殊作戦用にC-130をアップグレード

韓国・武器調達庁は、4機のC-130を特殊部隊が使用するためにアップグレードしたことを発表しました。

このうちの2機は昨年末に、空軍へ引き渡し済み。残り2機は、今年後半の引き渡しを目指してテスト中とのことです。
※記事参照元 聯合ニュース・英語版 S. Korea upgrades C-130s for special forces

海外の軍事航空サイトAlert5.comによると
特殊部隊を敵の背後に送り込むことを目的に、2007年からこのアップグレード計画が進んでいたが「技術的問題」から、計画が遅延していた
・・・と書いてます。
※記事参照元 South Korea’s modified C-130s to be inducted soon

計画が遅延した理由については、聯合ニュースとAlert5.comでは違う理由をあげてます
聯合は熱源追尾ミサイルを回避する技術が確立できていなかった
Alert5.comは地形追従レーダーに問題があった
いずれにしても機体の配備が始まったと言うことは、これらの問題がある程度目処がついたと見てもいいのかも知れません。

韓国品質なんで、どうなのかなぁと言う気もしますが。

韓国空軍は現在16機のC-130輸送機を保有・運用中
12機がC-130H、2014年には最新ヴァージョンのJ型(C-130J)を4機導入されました。

韓国は北朝鮮指導部、特に総書記などトップ級の首を取る作戦を10年以上も前から考えていたことになりますね。
※現在の金正恩氏がトップに着いたのは2011年に金正日氏が亡くなった後

北朝鮮をめぐっては、いろいろ物騒なキナ臭い情勢ですが
何とか平和に解決できないもんかなぁ、と切に願います。

42797AA9-823C-40C6-BFD8-C1A934969D9F-864-000000E22790A4FA.jpeg

※画像引用元https://commons.m.wikimedia.org/wiki/File:2012%EB%85%84_3%EC%9B%94_%ED%95%B4%EB%B3%91%EB%8C%80_%EC%8C%8D%EB%A3%A1%EC%97%B0%ED%95%A9%ED%9B%88%EB%A0%A8(3)_(7155491847).jpg





posted by てっちゃん at 14:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月18日

フィンランドが韓国製K-9自走砲をお買い上げ

こんな使いものにならないモノを売り込むと言う点では日本より商売上手なんだろうねぇ

韓国製兵器と言えばロクなものがない、と言うのが相場
この自走砲についてはボロが出てくること出てくること

一般市民が知り得るレベルでこんだけ出てくるんだから
それでも買ったフィンランド。もはやご愁傷様としか言えない

K-9自走砲と言うのがこれ

1692842_-_main.jpg
※画像引用元 http://www.janes.com/article/67827/finland-buys-k9-howitzers-from-south-korea

現在、旧ソ連製の砲が多いフィンランドはこの韓国製K-9を入れることによって、新しいシステムへと移行しようと計画しています。
購入する数は48門。トレーニングやスペア、メンテナンスなどを入れた総額は約175億円。

2017年から納入を開始、2024年までに納入を完了する予定。
しかし、フィンランド防衛軍はこのK-9がさまざまな問題を修正し近代化のプロセスを経て行かなければならないと言及しています。

そのK-9自走砲の問題点がこちらのブログで取り上げられています
他にもいくつか取り上げられてる記事がありましたが、その中でも一番わかりやすいかと思います

エンジンにあたるパワーパックの問題
あまりにひどい命中精度
あっと言う間に熱くなって撃てなくなる砲身
などなど・・・

Annex to a house お笑い韓国軍(陸軍編)K-9 155mm自走榴弾砲

フォンランドはこの自走砲を
「値段」と「現有戦力との互換性」の視点から検討し
試験を経て購入にいたったそうです


この自走砲・・・ちょっと酷いな
ラベル:韓国軍
posted by てっちゃん at 22:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月15日

F-35Bの日本配備、あの国も興味津々なようで

最新鋭のステルス戦闘機F-35B、日本では岩国基地に配備が決定済み
その第一陣10機はすでにアメリカ本国を出発。現在経由地のアラスカまで来て、悪天候で足止め中。

そのF-35B日本配備に、お隣韓国も興味津々。
韓国軍はF-35Bが朝鮮半島に出動する可能性に注意を払っている
韓米共同演習に参加する可能性が高い
※以上、自動翻訳で。 記事参照元  http://english.donga.com/Home/3/all/26/825729/1
などと、韓国メディアは報じてます。

韓米共同演習へのF-35B参加は
北のヤンチャな将軍様や中国に対しても、とっても強烈なメッセージになりそうですね。
私の勝手な妄想ですが。

その韓国軍、そのF-35のエンジンメーカーであるプラット アンド ホイットニー社と「不適切」な接触があったもようです。

F-35が搭載しているF-135エンジン

Pratt_&_Whitney_F135_-_140925-F-RS654-003.jpg
https://commons.wikimedia.org/wiki/File%3APratt_%26_Whitney_F135_-_140925-F-RS654-003.jpg

事は韓国軍関係者がプラット社を訪れた際に、現地での移動で使うマイクロバスのレンタル料金をプラット社が支払った・・・と言うことのようです。
※記事参照元 http://www.reuters.com/article/us-utc-pratt-management-idUSKBN14X291

このことにより、F-35のエンジンF135のプログラム責任者と何名かの社員が「退社」した・・・と。

現時点ではそれ以上の事はないのではないか、と言うこと
またアメリカの輸出規制に関する法律や賄賂にあたることは判明していない
と配信元のロイターは報じてます。

またプラット社では、特に国外の顧客との接触については厳しい規定を設けており
このような「軽い」行為であっても、倫理違反として処罰の可能性があるとのことです。

現時点での情報は、ここまで。
トランプさんのF-35に対するコメントから見ても、これ以上の事が表ざたになることはないでしょう。

しかしF-35を導入する韓国軍
アメリカ製兵器のブラックボックスを開けようとした前科がある、そんなお国柄ですからねぇ。
何かをやらかそうとした、のかも知れません。
これも私の勝手な妄想ですが(笑)











ラベル:韓国軍
posted by てっちゃん at 20:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 韓国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする