2018年06月30日

「元自衛隊なら銃には慣れてるだろ」と言う先入観に異論を唱えたい

元自衛官が起こした富山での交番・小学校襲撃事件、「自衛隊にいたから銃には慣れている」的な報道にはある意味、マスコミの自衛隊に対する悪意すら見えますね。

銃に慣れると言うことでは、別に自衛隊にこだわる必要なんてないわけです。
誰もが気軽に海外へ出かけることができる今、近いところならお隣の韓国にだって射撃が体験できるスポットがあります。
そこに行ってお金を払いさえすれば「いくらでも」撃って来れる、今はそんな時代ですから。

確かに「全く銃を扱ったことがない」ド素人に比べれば、銃に「慣れてる」と言う表現もあり得ます。
銃の経験があると言うことを、自衛隊の印象を悪くしたい方向に利用したいと言うのが見え隠れする。
そんな悪意を感じる、「元自衛官」です。

自衛隊での射撃経験について、一般論ですが私が知ってる限りを書きます。
陸海空、職種によっては例外もあるので「一般論」としてです。

まず私。空で1任期3年いまして、2士で入り士長で退職。
教育隊で陸自の射撃場に行って、64式で訓練
40発だったかを撃った、これ1回「だけ」

※航空団では年に1回、射撃訓練があります。曹・士だと40人いた小隊から1人か2人だけが小銃を撃つ機会が与えられ
 拳銃の訓練は1尉とかから上だった記憶

陸にいた兄弟は、高射特科に3任期いて小銃の訓練を何回か
同じく陸で30年近く勤め、准尉で退官した親父。連隊本部と言う部署柄、これまた何回かだけだったそう。


富山の地元メディアのニュースは、小銃も拳銃もごっちゃになったひどい記事を配信してます。

同期生の新証言 射撃技能 自衛隊で身につけたか/富山

この記事中、犯人は陸自に1任期2年いて、現職時代は迫撃砲中隊に所属していたと書かれています。
迫撃砲中隊にいた2年間で、どれだけ射撃経験が積めるんだ?と言うのが、正直なところ

私は空にいた3年間で小銃を撃ったことがある、と書きました
実は20年前に新婚旅行で行ったオーストラリア・ケアンズで、射撃体験をしてまして。
何種類かの拳銃を、オプションも含めトータルしたら80発くらい撃ってるんですね。

パンフレットがこれ
日本の旅行会社では「あまりお勧めしないけど」と言いつつ、カウンターにあったチラシ

IMG_20180630_0002.jpg

「チョベリグ」と言う、怪しげな日本語を使うオッサンに連れて行かれた記憶がよみがえる(笑)
値段表がこれ
○○shootsと言う、弾数にも注目

IMG_20180630_0004.jpg

マグナムを片手で撃ったら、あまりの衝撃に弾があさっての方へと行った私

IMG_20180630_0001.jpg

自衛隊とは全く関係ない、ウチの嫁さんも射撃体験
この笑顔に、自分に対する殺意を感じるぞ(笑)

IMG_20180630_0005.jpg

オーストラリアに行った20年前より、今や格段に海外へ行きやすくなりました
どの国のどこでどんな射撃体験ができるか、ネットで簡単に情報を得ることが出来る時代
自衛隊員や警察のような職業でなくても、手軽に銃を撃つことができるようになりました

自衛官だから銃に慣れているだろう、なんてことはないし
自衛官でなくても、銃を撃つことができる

そこのところも考えて、記事を書いてほしい
嫁にも突っ込まれた、元自衛隊の私でした。




















posted by てっちゃん at 18:14| Comment(0) | マスコミの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

富山で起きた交番襲撃と警備員殺害事件でのマスコミの取材が酷過ぎる件 その@

この事件の報道で感じたことを2つ、記事にします。
ひとつ目は、人の心に土足で踏み込む「超絶クズなマスゴミ」について

亡くなられた被害者の人となりなんて知りたいとは、毛頭思わない。
愛する家族を理不尽に失ったご遺族の声、それを聞きたいとも毛頭思わない。
この2つ、親族でも何でもない人にとってニーズありますか?

記者さん皆が「こんなクズ」とも、毛頭思わないけど
相変わらず「ヒドイ」ね。

名古屋の繁華街・栄のネカフェでキチガイが起こした殺人事件
被害者の奥様は「マスコミ向けに」コメントを出さざるを得ない状況に追い込まれた。
それを「わざとらしい」「悲痛な表情」で読み上げるテレビ

新幹線で起きた無差別殺人で、あのクソガキに立ち向かい殺された男性
奥様や親族の方からのコメントは出ていないけど、どうせ「クズ」どもが追い回したことは想像に難くない。




何かあると「人に寄り添ってー」と言うくせに
自分たちがやってることは何なんだ?




そして
富山の犯人は「元自衛官」。
お決まりの「元自衛隊」バッシングが始まった。

自衛隊にいたから、銃には慣れてる
この先入観だけで書いてる記事が「ホント」多いのには閉口

関連するツィートで、これは同感と言うのをいくつか紹介します

ジャーナリストの桜林美佐氏
犯人は迫撃砲中隊にいた、と言う新しい情報入り
リンク先の記事も合わせてどうぞ




軍事アナリストの重鎮である小川和久氏
元自衛隊と言うことをこの事件を「結び付けたい」と、深い言葉




元自衛官である方も、こんなツィートを







次は「元自衛隊だから銃には慣れてる」について
私なりに反論と言うか、異論を唱えたいと思います

















posted by てっちゃん at 13:26| Comment(0) | マスコミの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月11日

新潟で起きた小学生女児殺害事件の報道や取材が「あまりにも」酷い話で

私は被害者の実名は基本的には報道するべきじゃない、と考えてます。
でも「いや、報道することに意味がある」と言う方もいると思うので、コメントやRTで意見を聞かせて頂ければ幸いです。

被害者の実名報道、現地でのマスコミの振る舞いについて感じたことを書きます。
殺された上に隠ぺいのために電車に轢かせるなんて、あまりにもむごい死に方をした小学生の女の子。

ご両親やおじいちゃん・おばあちゃん、親戚の方々や学校関係者、近所の方々の心痛はいかほどのものかと痛感します。
しかしテレビのニュースでは、住所や実名はもちろん
学芸会な何かで撮ったであろう動画が流れ、顔写真も「晒されて」ます

その実名報道に何の意味、目的があるのか学が無い私にはさっぱりわかりません
このひどい報道は、被害者や近隣住民の方々の心の傷をさらにえぐるものではないでしょうか。

関連するツィートをいくつか引用します
これは自分の。でもインプレッションが13000回越え。全てが賛意と言うわけではないだろうけど、関心の高さにびっくり。




ニュースでは実名出すくらいだけど、ワイドショーでは再現フィルムもどきの解説までつけてるそうで
子どもも見る可能性あるよね?
訳もわからないまま、不安や恐怖に陥る可能性があるんじゃないか?




現地にはマスコミの方が押しかけ、無思慮な取材活動を展開しているとか
このツィートに激しく同意




女の子が通っていた小学校のみならず、近所の家まで押しかける・・・さたにはヘリも飛ばしての取材敢行
そこまでやるんだ、と呆れるばかり







学校側からの要望もガン無視のようで




今一番守ってあげなければならない子どもにも、突撃インタビュー
こうやって住民の生活を破壊していくマスコミ




なぜ保護者が付き添って登下校してるのか、考えたことあるの?





・・・と延々とマスコミ批判してきましたが

でも、マスコミでなきゃできないことだってあると思うんです




マスコミって、私達個人じゃできないをできる力を持っていると私は思ってます。
その力、もっと犯人検挙につなげることできないの?

最後、警察では情報提供が欲しいとのこと
心当たりがある方は、警察の方へ連絡をお願いします




ウチは子供がいないけど、姪っ子が小学生。
可愛いんですわ、ほんと。
だからこの事件はとても他人事には思えません。
一刻も早い犯人逮捕と住民の方々の不安が解消されることを願います。











































ラベル:マスコミ
posted by てっちゃん at 19:03| Comment(0) | マスコミの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年02月08日

ヘリコプターの墜落した現場にヘリコプターを飛ばすマスコミさん

「やっぱり」飛ばしましたか。「民家に自衛隊のヘリコプターが墜落した現場」の画像、そりゃニーズはあるでしょう。ぞのニーズに応えるのも、報道機関の役目。でも住民の方の不安を考えたら、ドローンにするとか何か方法はあったかと思います。

2/5に佐賀県神埼市で墜落した、陸自西部方面航空隊第3対戦車ヘリコプター隊所属のAH-64D戦闘ヘリコプターに関する報道。いろんな状況がわかってきて、報道もたくさんされてます。

今回の事故の報道、私はあまり見ていません。
疲労がたまっていて気が滅入るものを見たくない、と言う理由がひとつ。
もう一つは情報が錯そうしていて、推測を含む「余計な」情報を入れたくなかったから。

でも、これはさすがに酷いと思った次第でして。

マスコミさん、都合が悪くなると記事を削除するので
スクショ取りました

最初に見つけたのが朝日新聞。
記事はこちら 「どうして民家の上を…」 ヘリ墜落、住民に不安や怒り

WS000003.JPG

写真のキャプションには
「朝日新聞社ヘリから」

他紙も調べてみたら、毎日新聞もですね
記事はこちら 陸自ヘリ墜落 主回転翼部品を民家で発見

こちらも自社のヘリ飛ばして撮影ですか

WS000004.JPG

産経は共同通信が撮影した写真を使用
記事はこちら 墜落ヘリから遺体発見 行方不明の操縦士か 

まだあるんだろうけど、現場上空をどれだけの報道ヘリが飛んだのか

住民に不安や怒り
そりゃそうでしょう。元自の私だって、家の近くに自衛隊機が墜ちりゃ不安になるし、腹も立つ。

でもさ
住民の不安をあおり、怒りに油を注いでいるのは誰だ?




posted by てっちゃん at 20:23| Comment(0) | マスコミの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

F-35B導入の報道で気になった 日本を守るための話はどこ?

F-35B云々も大事。でも攻撃型空母の保有は専守防衛から逸脱だー的なことを書いてるけど、空母=専守防衛から逸脱と言う理屈が私にはわかりません。

さてこのF-35Bの話、ネットでは「あり得ない話ではない」とも言われてます。
しかし小野寺防衛大臣は完全否定。
マスコミもそれらしいことを、もっともらしく書いているけど、根拠が薄いだけに今一つ信憑性が・・・と言うところですね。

この報道が出たのが昨日の深夜。今日の防衛大臣記者会見で、案の定質問が飛びました。
小野寺防衛大臣は否定してるんですが、マスコミはなんとか吐かせたいと必死。手を変え品を変え質問しますが、検討もくそもないものはないと否定されて涙目。

この記者会見が防衛省公式サイトでアップされてます。
興味のある方、お読みになってみてください

防衛大臣記者会見概要 平成29年12月26日(11時15分〜11時31分)

F-35は今のところ3つのモデルがあって、航空自衛隊が導入を始めたのがA型。
垂直・短距離離着陸できるのが、今回話題のB型
そして、空母で発着艦できるのがC型。

F-35Bと言う戦闘機がこれ。



東京新聞としては、「いずも」から発艦するF-35Bをこんな感じで妄想してるんでしょうかね

この戦闘機を
F-35A42機のうちの1部をB型にしてーとか
「いずも」型ヘリ搭載護衛艦に積む構想がー、とか
滑走路が短い南西諸島の空港で運用がーとか、
強襲揚陸艦を新造してーとか
東京新聞はかなり具体的に書いてます。

その記事がこちら
防衛省「空母」用戦闘機を導入検討 「自衛目的」と整合性問題

「検討なんてしてないよ」と言った小野寺大臣が正しいのか
実はマスコミの報道が正しいのか
この話、長いスパンで見極めが必要なようです



東京新聞の書き方がどうも腑に落ちない私
F-35B云々の話よりも気になったのが、日本を守るための話が全然見えてこないんです

空母は自衛のための必要最小限を超えるから保有は許されない、としてきた政府見解との整合性がー
と言う文。

そして、現状F-15など空自戦闘機が離着陸できる3000m級の滑走路があるのは下地島空港だけだが
1971年当時に琉球政府と日本政府が交わした覚書では、民間機以外は使用しない・・・と言う「関係ありそうだけど実は関係ない話」をぶっこむところ

大事なのは政府見解がとかそういうことじゃないでしょ?
「日本をどうやって守るのか」と言う話の方が大事でしょ?
そこはどうなの?

先の戦争での過ちは反省しなければなりません。
しかし今、現在進行形で日本に脅威が迫っている現状
その反省の上にたって、どうやって我が国を守るかと言う議論もしなければならないのではないでしょうか。

マスコミや野党や9条教のみなさんはその議論すら許さないようですが、あんたたち日本を守る気あるの?く














ラベル:防衛省 自衛隊
posted by てっちゃん at 20:16| Comment(0) | マスコミの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする