2018年02月08日

ヘリコプターの墜落した現場にヘリコプターを飛ばすマスコミさん

「やっぱり」飛ばしましたか。「民家に自衛隊のヘリコプターが墜落した現場」の画像、そりゃニーズはあるでしょう。ぞのニーズに応えるのも、報道機関の役目。でも住民の方の不安を考えたら、ドローンにするとか何か方法はあったかと思います。

2/5に佐賀県神埼市で墜落した、陸自西部方面航空隊第3対戦車ヘリコプター隊所属のAH-64D戦闘ヘリコプターに関する報道。いろんな状況がわかってきて、報道もたくさんされてます。

今回の事故の報道、私はあまり見ていません。
疲労がたまっていて気が滅入るものを見たくない、と言う理由がひとつ。
もう一つは情報が錯そうしていて、推測を含む「余計な」情報を入れたくなかったから。

でも、これはさすがに酷いと思った次第でして。

マスコミさん、都合が悪くなると記事を削除するので
スクショ取りました

最初に見つけたのが朝日新聞。
記事はこちら 「どうして民家の上を…」 ヘリ墜落、住民に不安や怒り

WS000003.JPG

写真のキャプションには
「朝日新聞社ヘリから」

他紙も調べてみたら、毎日新聞もですね
記事はこちら 陸自ヘリ墜落 主回転翼部品を民家で発見

こちらも自社のヘリ飛ばして撮影ですか

WS000004.JPG

産経は共同通信が撮影した写真を使用
記事はこちら 墜落ヘリから遺体発見 行方不明の操縦士か 

まだあるんだろうけど、現場上空をどれだけの報道ヘリが飛んだのか

住民に不安や怒り
そりゃそうでしょう。元自の私だって、家の近くに自衛隊機が墜ちりゃ不安になるし、腹も立つ。

でもさ
住民の不安をあおり、怒りに油を注いでいるのは誰だ?




posted by てっちゃん at 20:23| Comment(0) | マスコミの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月26日

F-35B導入の報道で気になった 日本を守るための話はどこ?

F-35B云々も大事。でも攻撃型空母の保有は専守防衛から逸脱だー的なことを書いてるけど、空母=専守防衛から逸脱と言う理屈が私にはわかりません。

さてこのF-35Bの話、ネットでは「あり得ない話ではない」とも言われてます。
しかし小野寺防衛大臣は完全否定。
マスコミもそれらしいことを、もっともらしく書いているけど、根拠が薄いだけに今一つ信憑性が・・・と言うところですね。

この報道が出たのが昨日の深夜。今日の防衛大臣記者会見で、案の定質問が飛びました。
小野寺防衛大臣は否定してるんですが、マスコミはなんとか吐かせたいと必死。手を変え品を変え質問しますが、検討もくそもないものはないと否定されて涙目。

この記者会見が防衛省公式サイトでアップされてます。
興味のある方、お読みになってみてください

防衛大臣記者会見概要 平成29年12月26日(11時15分〜11時31分)

F-35は今のところ3つのモデルがあって、航空自衛隊が導入を始めたのがA型。
垂直・短距離離着陸できるのが、今回話題のB型
そして、空母で発着艦できるのがC型。

F-35Bと言う戦闘機がこれ。



東京新聞としては、「いずも」から発艦するF-35Bをこんな感じで妄想してるんでしょうかね

この戦闘機を
F-35A42機のうちの1部をB型にしてーとか
「いずも」型ヘリ搭載護衛艦に積む構想がー、とか
滑走路が短い南西諸島の空港で運用がーとか、
強襲揚陸艦を新造してーとか
東京新聞はかなり具体的に書いてます。

その記事がこちら
防衛省「空母」用戦闘機を導入検討 「自衛目的」と整合性問題

「検討なんてしてないよ」と言った小野寺大臣が正しいのか
実はマスコミの報道が正しいのか
この話、長いスパンで見極めが必要なようです



東京新聞の書き方がどうも腑に落ちない私
F-35B云々の話よりも気になったのが、日本を守るための話が全然見えてこないんです

空母は自衛のための必要最小限を超えるから保有は許されない、としてきた政府見解との整合性がー
と言う文。

そして、現状F-15など空自戦闘機が離着陸できる3000m級の滑走路があるのは下地島空港だけだが
1971年当時に琉球政府と日本政府が交わした覚書では、民間機以外は使用しない・・・と言う「関係ありそうだけど実は関係ない話」をぶっこむところ

大事なのは政府見解がとかそういうことじゃないでしょ?
「日本をどうやって守るのか」と言う話の方が大事でしょ?
そこはどうなの?

先の戦争での過ちは反省しなければなりません。
しかし今、現在進行形で日本に脅威が迫っている現状
その反省の上にたって、どうやって我が国を守るかと言う議論もしなければならないのではないでしょうか。

マスコミや野党や9条教のみなさんはその議論すら許さないようですが、あんたたち日本を守る気あるの?く














ラベル:防衛省 自衛隊
posted by てっちゃん at 20:16| Comment(0) | マスコミの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年11月09日

新聞社の退化が酷いなぁ

マスコミはマスゴミ、なんて言われる今日この頃。でもなんだかんだ言っても、世の中のことを知らせてくれるのにマスコミは無くてはならないもの。そこらへん、もっと自覚して欲しいと強く願います。

なんて思わせる出来事が2つ。
ツィッターで拾ったものだけど、調べた限りでは「事実」
こんなことばっかりやってれば、そりゃ誰もあなたたちの言うことなんか信用しないでしょ、て話です。




東京新聞の望月記者、一応「世銀(世界銀行)が立ち上げた・・・」的な言葉は挟んでるけど、「イヴァンカ基金がー」を連呼しちゃってるのはアウトだよねぇ。

トランプはアベのお友達、トランプの娘が作った基金に税金を出すのはケシカラン、的な印象操作狙ってるなら、なおのこと。東京新聞と言うメディアの報道姿勢見てると、その可能性は否定できないでしょ。

※トランプ大統領の娘で大統領補佐官のIvanka Marie Trump氏、スペルがIvankaなので「イヴァンカ氏」とします。

こちらは毎日新聞。
在日米軍司令部からダメ出し食ってます。
訂正報道なんか期待してないし、どうせ出さないでしょう。

また毎日か・・・としか見られないだけです。




今日は新聞を取り上げたけど、テレビも最近さらにひどくなったと思いませんか?
なんかかんだ言っても、あなた達が頼りなんですよ。
そこのところ、本当にわかってますか?













ラベル:マスゴミ
posted by てっちゃん at 20:00| Comment(0) | マスコミの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月25日

写真の圧縮効果を使ったデマ、共同通信の過去記事が発掘され炎上中

米軍ヘリが青山墓地上空を低空飛行、米軍機は日本の航空法を守らなくてもいいんだー
とデマを流したツィートが晒され炎上中。

元は47NEWSの2017.05.02のこの記事
東京都心に米軍基地 住民不安、「標的かも」

先日の東京新聞であった、ベイブリッジを至近距離で飛ぶ米軍ヘリに味をしめたんでしょう
報道カメラマンの原田浩司氏が、昨日8/25にこんなツィートを上げました




やめときゃよかったのに、あちらこちらから疑問の声が噴出





圧縮効果云々の前に機体の姿勢とかから見れば、これ着陸寸前じゃん・・・て指摘







ヘリポートはここ。青山墓地のすぐ隣。
国立新美術館からもすぐ近く。六本木ヒルズからも約400m。



国立新美術館からもすぐ近く。六本木ヒルズからも約400m。
地図載せます













さて、なんで米軍ヘリがこんなとこ飛んでるの?て話
ここには「赤坂プレスセンター」と言う、在日アメリカ軍の『星条旗新聞』を発行する新聞社があるとか
またすぐ近くにあるアメリカ大使館への人などの輸送にも使われているそうです

赤坂の「超」一等地ゆえ、また地元住民の方々が返還要求をしていますが
なかなか進んでいないのが実情だとか

しかし
だからと言ってデマを流していい、と言う話には絶対にならないでしょう

一番最初にあげた原田氏のツィートにたくさんの疑問の声が寄せられてます
しかし、その原田氏は「みっともない言い訳」ばかり
ついには相手をブロックして逃亡です

でも、ここまでデマ流したらそりゃ許せんでしょう
JSF氏、徹底的に追及の構えです




最後に
航空軍事評論家の関貫太郎氏・・・ふだん、こんな口汚いツィートってあんまりしない人だと思ってたけど
よっぽど腹に据えかねたんでしょうねー



日本のマスコミは、こんな「ゲス」しかいないの?



posted by てっちゃん at 19:50| Comment(0) | マスコミの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月23日

東京新聞は、バカを騙して煽れればそれでOKかい?

簡単にわかるようなウソを、平気で記事にする新聞社ってどうよ。
それだけ東京新聞と言うメディアは、何かに追い詰められてるんだろうねぇ。




このツィートが炎上してます
一般人だけじゃなく航空評論家や作家にカメラマンと言った、その筋のプロとも言える人たちまでもが、ツッコミを入れてると言う状態。

望遠レンズの圧縮効果についてのツィートをいくつか

零戦に関する数々の著書を持ち、カメラマンでもある神立尚紀氏のツィート




軍事航空評論家の関賢太郎氏




この方、プロのカメラマンさん




ちなみに圧縮効果とは




参考までに、あの橋を




航空評論家の井上孝司氏は、この記事を逆手に取ってこんなツィートを




この東京新聞の報道姿勢に、こんなツィートも上がってます




そして




新聞には新聞にしかできない報道もある、と私は思ってるけど
こんなことやってたら、誰も信用しないんじゃないでしょうか

自分で自分の首を絞めてる、て気づかないのかね







ラベル:マスコミ
posted by てっちゃん at 19:20| Comment(0) | マスコミの偏向報道 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする