2019年07月29日

2019.07.26の空活 エアポートウォーク駐車場で愛知県警のヘリ撮ってきました

愛知県警のヘリって、3機あるんですね。今まで2機だけだと思ってました(笑)
愛知県警の公式サイトで調べてみたら、実際は4機とのこと
不勉強でした、ごめんなさい。

この日撮れたのは3機

JA11AP Kawasaki BK117C-2



JA6922 Agusta A109E Power 「あかつき」



後ろにはJA07AR 福島県消防防災航空隊のヘリ



3機目はこちら
JA6816 Kawasaki BK117C-1 「あさやけ」




この日見れなかった、もう1機
撮るのが楽しみ(^^♪



※記事中の画像は全て私が撮影し、著作権を保持しています。無断転載厳禁。

posted by てっちゃん at 23:33| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月18日

エンブラエルE195-E2が羽田に飛来 機内公開も

県営名古屋空港でよく見かけるFDAフジドリームエアラインズのERJ-175などの「Eジェット」の後継機だけあって、新型エンジンに新設計の主翼など、いろんな新機軸を盛り込んだ機体のようです。

TechLionと呼ばれる、今回来日した機体の外観や機内の様子を航空メディア AviationWireが記事にしています。
ビジネスクラスの配置などは、なかなか面白いものです。

画像付の記事はこちら

AviationWire 2019.07.16 エンブラエル、羽田でE195-E2機内公開 ビジネスクラスは全席通路アクセス

日本に来る前?3日前に行われた中国での公開の様子
機体外観や内装、エンジンや主脚のクローズアップも見れます
YouTubeであったので、リンク貼ります
約1分ちょっと







posted by てっちゃん at 21:35| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月07日

JAL日本航空の最新鋭機A350-900のコックピットがスゴイ

1960年代と現在・・・こうも違うのか。ただただビックリ。
A350のコックピットの画像が航空メディア AviationWireで上がっていたので、シェアしたいと思います。

毎週のようにあいち航空ミュージアムで見ている、YS-11のコックピットがこれ
約60年経ってどれだけ進化したものなのか、今更ながら驚くばかりです。



JAL日本航空に納入されたA350-900の初号機のコックピット画像を取り上げた記事は
以下の青太文字クリックで、別タブにて開きます

AviationWire 2019.306.30 サイドスティックと大型画面並ぶ 写真特集・JAL A350-900(コックピット編)


実際に飛んでいるA350のコックピット動画がありました
パイロットさん、サイドスティックをチョコチョコと動かしているだけ(言い方悪いけど)と言うのが印象的











posted by てっちゃん at 11:24| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月06日

速報☆スペースジェット 量産開始 型式証明取得と同時進行

90席クラスの「スペースジェットM90」の量産を、6月下旬に三菱重工飛島工場(愛知県飛島村)にて開始したとのこと。
今年秋には、他の部分も含めての機体全体の最終組立に入る予定。
最終組立には約3か月程度かかり、3機ほどの機体を確保する見通し。
※参照元 日本経済新聞 2019.07.05 三菱航空機 民間ジェット機 量産開始 TC取得なお時間

スペースジェットは、2019年3月から国土交通省のパイロットによる「型式証明」取得のための試験が始まったところ。
来年前半にもTC型式証明を取得し、ローンチカスタマーのANA全日空への初号機納入は2020年8月ごろ。

そのためTC型式証明を待ってから量産を開始しては、納入が間に合わないことも考え
取得手続きを量産を並行して進めるもよう。
これはホンダジェットがTC取得直後に、納入を開始したのと同じ手法。

スペースジェットは、過去に何度も量産化の遅延があったことから
そのたびに人員や設備を準備してきた企業は、人員の配置転換や削減をしてきた経緯があります。
また航空機とは違うものを作る企業も報道されています。

過去にテレビでも報道されてますが
三菱に依存してきた体制を見直してる企業が多いのが現状。
「三菱は信用できない」と思っている可能性、否定できませんよね。

今後安定した生産体制が整い、また受注が増えれば
スペースジェット関連企業が多い東海地方は、景気が良くなることでしょう。

エアバスを抱えるフランス・トゥールーズ地方や、ボーイングのおひざ元アメリカ・シアトルのような
航空機産業が盛んな地域に、愛知・岐阜・三重がなって欲しい。

切に願います。

先月のパリエアショーでお披露目されたスペースジェットを報じる動画です(約45秒)







posted by てっちゃん at 08:17| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年07月05日

FDAフジドリームエアラインズ 10月に神戸空港に新規就航へ

神戸ー松本便と神戸ー高知便を1日1往復、計4便就航させる計画で近く国土交通省に届け出る方針とのこと。
新規機材の相次ぐ導入、そして新規路線の拡充。
今年のゴールデンウィーク、搭乗率が全体で90%超え。
FDAフジドリームエアラインズ、上昇気流に乗っていますね。

今回の神戸空港乗り入れは、今まで1日60便だった発着枠が80枠に引き上げられると、地元官民の合意があったから。
FDAフジドリームエアラインズとしては、神戸空港には2015年チャーター便を期間限定で運航したことはありますが、定期便は初めてとのこと。

頑張れFDA(^O^)/






posted by てっちゃん at 06:37| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする