2018年02月19日

FDAフジドリームエアラインズの新しい機体がホワイトデーにやってきます

フジドリームエアラインズが、新しい機体を導入。カラーはホワイト。県営名古屋空港へやってくる日は3/14のホワイトデーだそうです。

現在保有・運航中のエンブラエルのERJ-175を続けて購入。
MRJでないのは残念だけど、会社としては当然の選択。着々と実績を重ねていく、エンブラエル社。三菱のMRJがどこまで迫れるか、私達も応援しましょう。




そして、県営名古屋空港発着で夜景を見る遊覧飛行も企画。
きらめく夜景を見ながら飛ぶ、大切な人との夜間飛行。
一生の想い出になることでしょう☆彡




今回新たに導入する12号機(JA12FJ)に関する、プレスリリースはこちら
株式会社 フジドリームエアラインズ ホワイトの12号機を3月14日に導入します

FDAはこのほかにも2機、今回の機体と合わせて3機を確定発注してます。
今回の他、来年と再来年に1機ずつを受領する予定。

このJA12FJホワイトは、県営名古屋空港到着予定が3/14(水)16時頃、との事
その日はムリだけど、あいち航空ミュージアムへボランティアに行ったついでに写真が撮れるといいなぁ(^^♪






posted by てっちゃん at 08:07| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月10日

エアバス社「ベルーガ」XL 姿を表す

何だ、この飛行機は?と思ったら・・・エアバス社が飛行機の部品を運ぶために使っている輸送機「ベルーガ」。これの新しく開発中の機体だそうです。

運用開始は来年2019年、初飛行は今年の夏を予定・・・と言うことで、塗装もしてなければエンジンも付いていません。
地上試験を行うそうで、この画像は外に出てきたところを撮影されたみたいです。
※写真を引用すると著作権にひっかかるかも・・・なので、ツィートで載せます。

この機体についてもう少し知りたい方は、ツィート内のリンクへどうぞ。




ちなみに現在使っているベルーガは、A300をベースにしたこの機体

Airbus_A300-600ST_Airbus_Industries_(AIB)__Join_us__Beluga_3_F-GSTC_-_MSN_765_(9741143612).jpg

今度新たに開発されるベルーガXLは、A330をベースにコクピットや貨物室は新規開発するとか。

ボーイングのドリームリフターは、セントレア(中部国際空港)で見たことあるんだけど

ひとときの休息
ひとときの休息 posted by (C)てっちゃん

ベルーガも見てみたい(^^♪









posted by てっちゃん at 19:16| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月14日

エアバスA380の組立工程をタイムラプスで

ツィッターで見つけた動画付ツィート。こんなふうに組み立てられ、こんなふうに色が塗られていくんだ・・・なかなか面白い風景です。




先日、第4エンジンのカウルが脱落しながらも、何とかカナダに緊急着陸したエールフランスのA380。
脱落したエンジン・カウルがグリーンランドで見つかったそうです。

ダメージを被った第4エンジン

F-HPJE-Damaged-Engine.jpg

グリーンランドの雪原で見つかったエンジンの一部

Debris-and-Air-Greenland-Helicopter.jpg

※以上2枚、画像引用元 https://www.flightradar24.com/blog/air-france-flight-af66-suffers-engine-failure-over-greenland/

飛行機って頑丈に作られてるんですねぇ。




posted by てっちゃん at 06:55| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月01日

動画付☆A380のエンジンカウル、大西洋上で外れ緊急着陸

どんな「深刻な」状態だったのか、画像多めに紹介します。
エンジンを覆う「カウル」と言う部品が外れ、エンジンがほぼむき出しになってます。
該当機はエールフランス航空のAF66便。フランスのパリ シャルルドゴール空港からアメリカのロサンジェルス空港へ向かうエアバス社の超大型旅客機A380です。

エールフランス航空のエアバスA380

p073537.jpg
※画像引用元 エールフランス航空公式サイト

機体右側についている2つのエンジンのうち、外側の第4エンジンのカウルが外れ落下したそうです。
トラブル発生時、機体はまだカナダの陸地から1時間以上離れた大西洋の上空。
トラブル発生を受け、カナダ東部のグースベイ空港へ緊急着陸しました。けが人はいなかった模様。

乗客の方が撮った画像や動画をまとめたものがネットに上がってます
いろんな角度から撮っているので、どんな状態かわかりやすいです
※引用元 https://globalnews.ca/news/3778159/air-france-flight-af66-diverted-goose-bay/

30秒の動画のうち、15秒あたり・・・通常の状態との対比がよくわかります



カナダの空港へ緊急着陸する瞬間
乗客の方から拍手がおこってます



・・・にしても、エンジンが酷い状態になってます。

こんな深刻な状態になっても飛んでいられる機体を作った人達や
こんな状態でも墜落を避け、けが人なく機体を着陸させたパイロットやクルーの方々に
改めて敬意を表したいと思います。
















posted by てっちゃん at 13:46| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月29日

速報☆MRJミュージアムができるんだって!?

県営名古屋空港ターミナルビルに隣接する、MRJ最終組立工場の中にMRJの展示施設をオープンさせます。
オープンは11/30、見学は事前予約制。見学予約は10/30から受け付ける、とのことです。

MRJ最終組立工場がこれ

IMG_5602

※記事参照元 三菱重工業 9/29発表 プレスリリース
「MRJミュージアム」を11月30日にグランドオープン 開発・製造の本拠地でMRJの最先端技術を体感

展示内容の概要は以下の通り
@最終組立工場5階には、MRJのフライトデッキや客室、エンジンなど実物大模型を展示
AMRJに採用された最新技術の紹介
B実機に使われた部材や素材に触れることが可能
C2階では実機の製造現場の見学も可能


住所について、三菱重工のプレスリリースでは
「愛知県西春日井郡豊山町大字豊場1」とありますが、そこはいわゆる「小牧南工場」
愛知県西春日井郡豊山町豊場小道が正確な所在地となるはずなので(実際の立地場所からたどっていくと)、公式サイトがオープンしたら要チェックです。



開館時間は10:00〜17:10、毎週火曜日が休館日。
休日、GWやお盆も開館。ただし、年末年始は休館するとのことです。

見学予約については、MRJ公式サイトにて10/末から受け付けるとのこと。
公式サイトは工事中。アクセスなど詳しい情報も追ってアップされることでしょう。

完成した機体の駐機場は、神明公園(航空館boon)からは目の前

IMG_1183

量産が始まれば小牧基地西側(県営名古屋空港北側)の駐機場には、いろんな航空会社の色とりどりの機体が並ぶことになるでしょう。

真新しい機体の上を、これまたカラフルなFDAの機体や航空自衛隊の飛行機が飛んでいく・・・
想像するだけでワクワクしませんか?

FDA ERJ-175 JA05FJ IMG_5873_2



11/30と言えば「あいち航空ミュージアム」も同じ日にオープン。
航空ファンのみなさん、期待して待ちましょう(^^♪



















posted by てっちゃん at 19:25| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする