2017年09月12日

陸自OH-6、高校の航空科で第2の人生

熊本地震で被災状況を偵察したOH-6が、規定の飛行時間を経過したため退役。
高校の航空科で整備実習に使われるため、無償で貸与されることとなりました。
※記事参照元 2017.09.09 毎日新聞 陸上自衛隊目達原駐屯地 北陵高にヘリ無償貸与 整備学ぶ

OH-6D 2017年小牧基地オープンベースで撮影

OH-6D観測ヘリコプター 31306号機 IMG_4687_2

貸与先は佐賀市の北陵高校航空科。航空機整備の一環でヘリを解体したり、組み立てたりする授業をしていたため、数年前から新たな機体を探していたとのこと。

3月に退役したOH-6が佐賀県の陸上自衛隊目達原駐屯地にあり、佐賀地方協力本部を通じて無償で貸し出されることが決まったそうです。

自衛隊側の佐賀地本は
学生の職業選択の一助となれば
とコメント。

貸与先の航空科の先生は
教材と実物は全然違う。実習の範囲も広がる
と語っていたそうです。








ラベル:陸上自衛隊
posted by てっちゃん at 06:43| Comment(0) | 陸上自衛隊の航空機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月19日

陸自UH-60JAをアメリカ空軍C-17に積む訓練が行われました

アメリカ空軍横田基地で8/3に行われた、この訓練。
日本側からは、陸上自衛隊・木更津駐屯地の第1ヘリコプター団第102飛行隊が参加しています。

輸送機に積む・・・と言っても、ローターを折りたたんだり、あちこち解体?したり
すごく手間がかかるもののようです
※記事参照元 アメリカ空軍横田基地公式サイト
画像7枚

準備にかかる隊員達
1枚目工具の多さもスゴイけど、整理整頓が徹底されてるのが自衛隊。

170803-F-KG439-0119.jpg

170804-F-KG439-0155.jpg

170804-F-FU330-0554.jpg

搭載作業の様子

170804-F-KG439-0253.jpg

170804-F-KG439-0211.jpg

170804-F-KG439-0181.jpg

170804-F-KG439-0217.jpg

日本の航空自衛隊のC-2輸送機もUH-60Jを積める、と言う話ですが
この訓練の様子は見たことがありません。

やってたら、見てみたい(^^♪



posted by てっちゃん at 00:22| Comment(0) | 陸上自衛隊の航空機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年05月19日

陸自LR-2の事故について、元自衛隊パイロットの方が記事を寄せてます

陸自でLR-2の導入から操縦教育に携わったと言う元陸自パイロットの方と、元空自の救難ヘリのパイロットだったと言う方が、それぞれの考えを書かれてます。

元陸自パイロットの方の記事(某ブログにコメントとして書かれたもの)はこちら
文脈からすると佐官クラスの方と思われます
LR-2に限らず自衛隊機での急患搬送任務の厳しい実態と、そんな自衛隊に対して世間は
>「自衛隊は憲法違反の疑いを免れないが、何かあったら汗をかいて国民を助けろ、血を流して国民を守れ」
>「困った時の便利屋」的な意味合い
的な見方でいいのか、と言うことを述べてます

連絡偵察機LR−2の事故に涙する
※ブログ「大和心への回帰」168.安倍総理に続く国家観ある人材に未来を託したい。の記事へのコメントです。ページ下部へスクロールすると読めます。

次は元空自、救難隊でヘリの機長をしていた方
パイロット目線で「私見」を述べています
事故原因については始まったばかりですし、防衛省の発表以外は現在何も出てません。
「こういうことが考えられる」と言う記事です

陸上自衛隊偵察機 LRー2 災害派遣中の墜落から考えること



陸上自衛隊 偵察機 LR-2 事故原因の憶測について(参考意見)

こちらには、フライトレコーダーの未搭載についても触れられてます


この事故の報道では、テレビ局は元「民航」の機長さんを呼んで、いろいろとコメントさせてますが
それに対して、こんなツィートが




ただ元自パイロットだと、何かとしがらみがありそうな気もするけどねぇ。



今はただ、亡くなられた隊員の方々のご冥福を祈るのと
残されたご家族に想いを寄せたい
そんなふうに思ってます。










posted by てっちゃん at 19:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上自衛隊の航空機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年04月27日

対戦車ヘリに女性パイロットが誕生

女性自衛官の配置制限解除に伴い、陸自では女性初の対戦車ヘリコプター・パイロットが誕生しようとしています。

半浴(はんさこ)仁美3佐がその人。
三重県の陸上自衛隊・明野駐屯地にある航空学校に、幹部戦闘操縦課程の学生として入校。
今日、4/27初めて空へと飛び立ちました。

産経が動画でアップしています。



半浴3佐、2009年2尉当時には東部方面ヘリコプター隊第1飛行隊に在籍。
観測ヘリか多用途ヘリに乗っていたんでしょうか。

海自ではすでに対潜哨戒機で女性パイロットが活躍してます。
空自でも輸送機や救難捜索機、輸送ヘリのパイロットとして女性が活躍中。
さて女性初の戦闘機パイロットの誕生はいつになるのかな?


posted by てっちゃん at 18:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上自衛隊の航空機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年01月14日

第1空挺団、ヘリの天井には旭日旗

この旭日旗見たら、何か感動した。
だからネトウヨだーと言われるんだろうけど、そんなもんは関係ありません。

何があっても日本を守り抜く、
彼らのそんな覚悟を、この旭日旗に見た気がしました

第1空挺団の降下初め。
CH-47Jから降下する隊員達を、産経が動画でアップしてます。

機内、天井には旭日旗。
降下に備え待機してる隊員達、士長とか1士と言う若い子の顔も見えます。

ヘリから次々と降下していく隊員を、機内から撮った動画がこちら



もう1本
こちらには、C-1から降下するシーンやCH-47Jが車両や迫撃砲を吊り下げて運ぶシーン、落下傘を畳む作業の様子があります










ラベル:陸上自衛隊
posted by てっちゃん at 18:25| Comment(0) | TrackBack(0) | 陸上自衛隊の航空機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする