2019年10月17日

航空自衛隊 令和元年台風19号にかかる災害派遣で各種航空機が活動中

物資の輸送でC-2が、人命救助でCH-47Jが頑張ってる姿が、航空自衛隊公式フェイスブックでアップされてます。
もう少しテレビで取り上げてくれてもいいのになぁとも思うけど、そこは仕方がないでしょう。

深夜にも関わらず物資を空輸、入間基地にて陸上自衛隊に引き渡す美保基地所属のC-2輸送機



こちらは入間基地所属の入間ヘリコプター空輸隊のCH-47J輸送ヘリコプターが、孤立した被災者を救助する様子





入間ヘリコプター空輸隊は、情報収集のため日の出直後から飛行を開始しているそうです。

テレビでは(入間基地の隊員ではないかも知れませんが)
被災された方を救助するために降下した隊員が、お年寄りに「よく頑張りましたね」と声をかけているところが流れました。

ホントに強い男が発する言葉が持つ優しさは、助けを求める人にどれだけ安心を与えるものなんだろう。
ちょっとジーンとした。

















ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 21:45| Comment(0) | 自衛隊のお話&イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月26日

画像付 千葉県で起きた台風による停電で患者の緊急空輸 航空自衛隊入間ヘリコプター空輸隊が行う

このような活動の様子はなかなか報道されないので、私が代わりに・・・なんて大それたことを考えてるわけではないけど
誰かが発信して誰かが繋いでいく。そうやって少しでも認知が拡がればいいなぁ、なんて思ってます。
航空救難団や防衛省のサイトに、現場の写真があったのでシェアしますね。

9月10日(火)12時00分、台風15号による千葉県内の電力供給途断のため、千葉県知事から中部航空方面隊司令官へ患者(8名)空輸の災害派遣要請がなされ、入間ヘリコプター空輸隊のCH−47Jが12時55分に入間基地を離陸。木更津飛行場に着陸後、2回に分けて患者8名、医師3名及び看護師3名を下総飛行場に空輸しました。下総飛行場に着陸後14時38分、15時57分それぞれ待機していた救急車に患者の移管を完了し、16時45分入間基地に着陸。16時55分災害派遣を終了しました。

010910_iruma.jpg

※説明および画像引用元
 https://www.mod.go.jp/asdf/arw/katudou/ninnmujisseki/gannnenndo/gannnenndo.html#0828_nyuutabaru


患者さんのベッド、こうやって作るんだ・・・と言うのは貴重な発見

以下の写真は
防衛省・自衛隊公式サイト 令和元年台風15号に伴う千葉県及び神奈川県の停電に係る災害派遣ページから

2_20190915a.jpg

2_20190915c.jpg

2_20190915b.jpg

2_20190915d.jpg

2_20190915e.jpg

※画像引用元 https://www.mod.go.jp/j/approach/defense/saigai/tokusetsu/2019_typhoon15/index.html
※このページには給水や入浴の支援、ブルーシートを張るお手伝い、倒木や土砂の除去の様子、活動する隊員の子供さんを預かる様子もアップされてますのでぜひご覧ください








ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 21:26| Comment(0) | 自衛隊のお話&イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月24日

ラグビーワールドカップ 出場チームの国歌演奏は航空自衛隊中央音楽隊が収録

ラグビーワールドカップ、航空自衛隊からはブルーインパルスだけではなく航空中央音楽隊も協力していたとか。
知らなかった。





たかが軍楽隊とバカにすることなかれ
オーディションで瞬殺された私が言うのもなんだけど、マジで上手い
こういうムズい曲をさらっと演奏して、ドライブ感や曲の盛り上げも完璧にこなすんだから
やっぱりスゴイ






posted by てっちゃん at 21:16| Comment(0) | 自衛隊のお話&イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月19日

航空自衛隊入間ヘリコプター空輸隊のCH-47J DMATと連携し患者空輸を行う

「病院へ搬送を実施」てカンタンに書いてるけど、普段から一緒に訓練しているからこそ、スムーズにできるんだろうね。



防衛省からのプレスリリースより、関連部分を抜粋

B 患者空輸【10日、14日】
空自・入間ヘリコプター空輸隊(入間)のCH−47及び陸自・第1空挺団(習志野)等の車両により、患者(計12名)を木更津等から柏・松戸の病院へ搬送を実施。


※引用元令和元年9月17日 防 衛 省 令和元年台風15号に伴う千葉県及び神奈川県の停電に係る災害派遣(14時00分現在)


先日も小牧基地ではなく、県営名古屋空港へ航空自衛隊のCH-47Jが飛来
大規模地震を想定したDMATとの連携訓練をしていました





さてDMATとは何ぞや?

「災害急性期に活動できる機動性を持ったトレーニングを受けた医療チーム」と定義されており※、
災害派遣医療チーム isaster edical ssistance eam の頭文字をとって略して「DMAT(ディーマット)」と呼ばれています。
※参照元 厚生労働省DMAT事務局

1995年1月の阪神淡路大震災で、平時の緊急医療レベルの医療が提供されていれば助かった命があったのではないか
との教訓から発足したものだとか。

医師や看護師、業務調整員(医療職や事務職)で構成され
大規模災害や事故の発生から概ね48時間以内から
活動できる機動性を持った、専門的な訓練を受けたチームとのこと
※引用元 厚生労働省DMAT事務局


posted by てっちゃん at 08:18| Comment(0) | 自衛隊のお話&イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年09月09日

県営名古屋空港に航空自衛隊CH-47J チヌークが来たぞ

航空自衛隊小牧基地ではなく、県営名古屋空港への飛来は珍しいこと。
令和元年大規模地震時医療活動訓練の一環として飛来したんだとか。
フォロワーさんのおかげで、生チヌークを見ることできました(^^♪

訓練は、首都直下で地震が起きたと想定
SCU(Staging Care Unit:広域搬送拠点臨時医療施設)を県営名古屋空港に設置
小牧市民病院や春日井市民病院のDMAT(Disaster Medical Assistance Team:災害派遣医療チーム)が
被災地からの患者を受け入れや搬送先の決定などを訓練するもの

いざと言う時に国や地方公共団体、自衛隊などが協力して
円滑に動けるようにしておきましょう、と言う訓練です

詳細については
内閣府 令和元年度 大規模地震時医療活動訓練について
愛知県医務課 大規模地震時医療活動訓練への参加について
それぞれのページをご覧ください。





























自衛隊、いざと言う時に備えてこんな訓練にも参加していること
多くの方に知ってもらえれば、と思います。





※記事中の画像は全て管理人である私が撮影し、著作権を保持しています。無断転載厳禁。













posted by てっちゃん at 21:45| Comment(0) | 自衛隊のお話&イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする