2018年06月22日

大阪の地震 入浴支援をする自衛隊に文句をつけるヤツがいましてね

入浴支援なんてボランティアでもできる、何で自衛隊が「しゃしゃり出てくるんだ」と言うご意見の方がいまして。
じゃ、とっくにボランティアで設営した風呂が出来てるはずなんだけど、そんな報道ありませんねぇ。
そこらはどうなの?

あ・・・このツィ主。アカウント消して逃亡した模様です。

自分のツィートを載せます。




これとおなじような意見として
「風呂のプロを呼んできて、指導を受ければボランティアでも出来る」
とか言う意見とか
「自衛隊しかできない、と言う神聖視はいけない」
とか言うツィートもありました。

自衛隊しか・・・と言う、まるで神様を崇めるような見方も問題だけど
考えてみてください
今回の地震でボランティアが設営した風呂なんてあるの?

被災者がこれだけいて、お風呂に入りたい人だってたくさんいるでしょう。
報道見ると、営業できる銭湯もあるけど数が知れてるもよう。

これだけの人数を入浴させられる資材はどうするの?物はどこに保管してあるの?
これだけの資材、あと燃料も必要でしょう。
それらをどうやって日頃から確保しておくの?と言う問題もある。
運ぶ手段だって要るでしょうに。

ちょっと考えれば、いろんな事が見えてくるはずなんですが
反安倍反自衛隊が命、被災者なんてそっちのけの彼らにはそんなことも見えないようです。

批判も良いけど、これはちょっとヒドイなと思って記事にしました。
皆さん、どう思います?

今回の入浴支援、多くの方に喜んでもらってるようです。
私なんぞは昔自衛隊にいたけど、災害派遣は行ったことがありません。
こうやって感謝されている彼らが、正直うらやましいとも思います。

関連した記事やツィートをいくつか紹介します

毎日新聞 6/20配信 大阪震度6弱臨時の無料入浴施設に列 ガス供給停止で

WS000002.JPG




朝日や毎日なんて反自衛隊の急先鋒?でもあるけど、きちんとした記事書いてます。
特に朝日新聞は、自衛隊の入浴支援の詳細と利用者の声、合わせて街の銭湯の状況などもわかりやすく書いてるので
被災した読者には有益な情報が伝わるのではないでしょうか。

最後は自衛隊側からのツィートを




自衛隊員でも悪いことをするヤツがいるのは事実
でもね、こうやって感謝されることだってしてるのよ。
そこらへんはちゃんと見分けられるようにしないとね。


















ラベル:自衛隊
posted by てっちゃん at 17:32| Comment(0) | 自衛隊のお話&イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月20日

大阪府北部の地震に対応する防衛省と自衛隊のスピード感

南海トラフだー東海沖だーと、大地震が近いと言われてる東海地方に住む者にとって、このスピード感ある対応は頼もしい限りです。

地震発生から1時間以内に11機の航空機が離陸。航空機による上空からの偵察は、災害派遣要請なんて要らないので、1番早いところでは海上自衛隊・舞鶴航空基地のSH-60対潜哨戒ヘリコプターが地震発生から16分で離陸。その1分後には、航空自衛隊・小松基地第6航空団のF-15戦闘機も離陸しています。

12時に出された大阪府知事から給水支援にかかる災害派遣要請に対しては、1時間後に部隊が出発してます。この対応の早さ、自治体側とのコミュニケーション、また部隊側も即応体制をとれるように訓練していたからこそなんでしょう。一朝一夕で出来ることではないですよね。

6/18(月)朝07:58に発生した地震に対しての、防衛省・自衛隊の対応です
※記事引用元 http://www.mod.go.jp/j/press/news/2018/06/18e.pdf


【18日(月)】
08時00分 防衛省災害対策室設置。
08時04分 防衛大臣の指示
  1 関係府省庁及び自治体と緊密に連携し、情報収集に努めること。
  2 被害が発生した場合に備え、万全な準備態勢を確立すること。
  3 今後の状況の推移に的確に対応し、災害対応に万全を期すこと。
08時14分 第23航空隊のSH−60×1機が離陸。
08時15分 第6航空団のF−15×2機が基地を離陸。
  第24航空隊のSH−60×1機が離陸。
08時21分 中部方面航空隊のUH−1×1機(映像伝送機)が離陸。
08時23分 中部方面航空隊のUH−1×1機(映像伝送機)が離陸。
08時35分 第24航空隊のSH−60×1機が離陸。
08時37分 中部方面航空隊のOH−6×1機が離陸。
08時44分 小松救難隊のUH−60×1機が離陸。
08時46分 小松救難隊のU−125×1機が離陸。
08時48分 徳島教育航空群のTC−90×1機が離陸。
10時05分 第36普通科連隊のFAST-Force(人員約5名、車両2両)が高槻市に向け駐屯地を出発。
12時00分 大阪府知事から第3師団長に対して、給水支援に係る災害派遣要請。
13時00分 第36普通科連隊の給水部隊(人員約40名、車両約10両(うち水トレーラー4両))が大阪府吹田市の国立循環器病研究センターに向け駐屯地を出発。じ後、当該施設に対して、給水支援を実施。


引用ここまで、以降支援活動は継続中

もちろん自衛隊だけではなく、消防・警察や海上保安庁、自治体も動いていることでしょう。
自衛隊以外については、全くと言っていいほど知識がないので、この記事では取り上げません。ごめんなさい。
消防庁の資料があったので、リンクを貼ります。

※参考資料 大阪府北部を震源とする地震による被害及び消防機関等の対応状況(第14報)

さて

「映像伝送機って何?」とか「何で戦闘機が地震で飛ぶの?」なんて思った方もいるかと思います。

地震や気象災害などでよく聞く、映像伝送機。
UH-1ヘリコプターに機器を積んで出動、首相官邸や防衛省にリアルタイムで映像を送ることができるスグレものです。
後で紹介する関氏の記事によれば、このUH-1も緊急発進体制を敷いているとか。

YouTubeに動画がありました。参考になるので、シェアしますね



「何で戦闘機が地震で飛ぶの?」って話
航空軍事評論家の関賢太郎氏が、乗りものニュースで記事を書いてます
下記のリンクをクリックすると、該当ページが別タブで開きます

熊本大地震21分後にF-2発進 何も見えない戦闘機、災害時になぜ飛ぶ?

地震はどうやっても防げないけど、助けが早く来る・・・この安心感は何物にも代えられません。






ラベル:自衛隊 防衛省
posted by てっちゃん at 22:13| Comment(0) | 自衛隊のお話&イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月08日

あの「ひそねとまそたん」 岐阜基地飛行開発実験団が特設ページを開設

アニメ「ひそねとまそたん」には、航空自衛隊岐阜基地と飛行開発実験団が登場。
制作前にはスタッフが基地を訪れ、綿密に取材をして行ったとか。
アニメでは細部に至るまで描かれていて、アニメファンだけではなく自衛隊ファンも唸らせる出来栄えとか。

それにあやかってか
航空自衛隊岐阜基地にある飛行開発実験団公式サイトでは
劇中のシーンに出てくる格納庫などの場所を、写真で公開しています。

あの「8格」、今は第2補給処の倉庫で実は大正時代の貴重な建物とか
待機室「マンボウ」は実在するとか

「ひそねとまそたん」ファンは必見です。



今年の岐阜基地航空祭は11月18日。残念ながらブルーインパルスは来ません。
でも「ひそねとまそたん」の聖地を訪れる人が増えるかも(^^♪

飛行開発実験団の特設ページは、以下のリンクからどうぞ

http://www.mod.go.jp/asdf/gifu/adtw/hisomaso_adtw01.html






ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 18:07| Comment(0) | 自衛隊のお話&イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月10日

小牧基地にて 愛知県市長会議の視察があったそうですが

小牧基地の公式サイトで知ったこの話、愛知県市長会のサイトでは全く触れられていません。かろうじて?今年度に愛知県市長会副会長に選出された水野義則・尾張旭市長のブログに、「会議後は、自衛隊小牧基地を視察させていただきました。」の一言とKC-767の写真があっただけです。

何しに行ったの?

市長会って、自衛隊のことに触れるとマズイのかね?


以下、画像・文章ともに基地の公式サイトより引用
引用元 航空自衛隊小牧基地 「愛知県市長会議」による視察の状況

平成30年4月27日(金)15時30分〜17時15分の間、第169回「愛知県市長会議」として、愛知県内の自治体の長及び職員92名の方々が小牧基地を視察されました。
 基地司令による概要説明の後、C-130H及びKC767の航空機見学を実施しました。

1.JPG

3.JPG

6.JPG

※引用ここまで

基地についての概要説明は、基地司令の船倉慶太空将補が行ったとか。
説明に「概要説明」とあるので、その後の航空機見学の時間も考えると説明だけだった可能性もありますね
市長さんたちからの質問などはなかったんでしょうか

市長と言えば、市民を守る立場
北朝鮮のミサイル騒動に、中国の海洋進出・・・まわりは物騒な国がたくさん
国を守る自衛隊に直接触れることができる、貴重な機会だったはず

ちょっと「もったいない」気もします








posted by てっちゃん at 20:11| Comment(0) | 自衛隊のお話&イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月25日

岐阜基地航空祭 日程が出ました☆ そして「あのX-2」に気になる話が

岐阜基地航空祭、今年は11/18(日)に決まりました。空自ならびに岐阜基地公式サイトで、アップされています。
※記事参照元 以下の青文字クリックで該当ページが別タブにて開きます。

航空自衛隊公式サイト 平成30年度 イベントスケジュール
岐阜基地イベント情報

ブルーインパルスが気になるところですが・・・
基地のサイトでは触れてませんが、空自公式サイトのブルーインパルスのスケジュールを見ると
11/3に入間基地航空祭、11/25にエアフェスタ浜松と出ています。
スケジュール的には厳しいけど、ここは岐阜基地さんに頑張ってもらいましょう。

※参照元 航空自衛隊公式サイト ブルーインパルス展示飛行予定

岐阜基地と言えば、飛行開発実験団。やっぱり「あの」ステルス機が気になりますよね。

これ去年の岐阜基地航空祭で撮った、ATD-X改めX-2。
34回の試験飛行を行い、お役御免・・・となったのですが
ひょっとしたら、ホントにひょっとしたら、また飛ぶかも。なんて話が浮上してきました。

JASDF X-2 51-0001 IMG_1542_2

F-2の後継として、次期戦闘機の開発のために作られたX-2。
国産化断念とかイギリスと共同開発とか、さらにはF-22とF-35のハイブリッドとかいろんな話が聞こえてきます。
現在はどの方向に進むか皆目見当もつかない状態のようです。

そんな中、海外軍事航空サイト「Flight Global」が、
日本の匿名の関係者が「またテストを行うかもしれない」と語ったと報じてます。

何を根拠に、どのような関係者がそう語ったのか・・・イマイチ読み取れませんが
そういう話もあるよ、と言う感じの記事です。

記事はこちら
太文字クリックで、別タブが開きます。英文ですが、自動翻訳でも大意はわかるかと思います。

4/23配信 Tokyo eyes multiple routes for new fighter jet








posted by てっちゃん at 08:05| Comment(0) | 自衛隊のお話&イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする