2017年09月29日

小牧基地で飛んだF-35国内生産2号機、動画がありました!

国内生産2号機のAX-6(79-8706)離陸前のようですが、近い距離ゆえ大きく撮れてます。

あれが「あのヘルメット」なんだ・・・
「あ、タッチパネル触った?」
なんて、いちいち興奮してます。

みなさーん、小牧基地に来ると最新ステルス戦闘機を見ることができますよー(^^♪
試験飛行のスケジュールは非公開なので、そこは「運」次第。
まずは行ってみましょう。

この動画、機体の質感をよりリアルに感じます。
約3分半の動画。
撮影者様に感謝♪




posted by てっちゃん at 19:53| Comment(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月25日

F-35 国内生産2号機、初飛行だと!?

国内生産としては2号機にあたるAX-6(79-8706)
本日9/25にF-35の最終組立工場がある小牧基地を飛び立ち、岐阜基地ではタッチアンドゴーをしたそうです。
今日撮ることできた人、相当強い「運」を持っていらっしゃる。

私?仕事でしたから、行ってません。
そうそう有休取ってたら「明日から来なくていい」とか言われるので(笑)

その「運を持っている」人から引用許可をいただいたので、シェアさせていただきます。




※私がインスタでフォローさせていただいてる方から、引用の許可をいただいたうえでアップしています。
この画像の無断転載・引用のなきよう、おねがいします。

ツィッターでも大盛り上がりですねー。
画像入りのツィートを引用するのも、何となく気が引けるので
以下に話題のツィートへのリンク貼ります

https://twitter.com/search?src=typd&q=F-35

今日の初飛行を見越してた?
・・・なんてわけじゃないだろうけど、航空軍事評論家の井上孝司氏がF-35についての記事を日経ビジネスへ書かれています。

興味深い話が満載です
ぜひ、お読みになってみてください

空中戦のルールを変える最新鋭ステルス戦闘機
「F-35AライトニングII」の技術的優位性を解説


先日はC-2輸送機の6号機も飛びました。
新しい機体が続々と「進空」してます。
オジサン、いい年ぶっこいてワクワクが止まりません(^^♪







posted by てっちゃん at 23:08| Comment(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月10日

小牧基地に来ると、最新ステルス戦闘機が撮れますよ

現在小牧基地(県営名古屋空港)ではF-35の国内生産初号機がテスト飛行を行ってます
かつてはATD-X改めX-2も飛んでいました

そうやって考えると、すごいところですね
輸送機や空中給油機はもちろん、戦闘機だって来るしヘリコプターもいるんですから




「小牧基地を撮りに行こう」なんてブログを書いてるくせに、全然撮りに行ってない私が言うのもなんですが

小牧基地のウォッチャーさん?がツィッター上でたくさん写真をアップしてくれてます
ツィッターで「小牧基地」で検索すると、カッコいい写真がいっぱい(^^♪

F-35のテストフライトは動画でも上がってますので、貼りますね
明日からお盆休み、F-35に逢えないかな・・・とは思うけど
三菱も自衛隊も休み、だろうなぁ(泣)




ただ・・・いつ何が飛ぶかわからないのが小牧基地
広報さんが「通常の訓練飛行はありません」と言っても、何があるかわからないのが良いところ(笑)

みなさん、時間があったらぜひ小牧基地へ足を運んでみてはいかがでしょうか(^^♪






posted by てっちゃん at 19:53| Comment(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月05日

日本製F-35Aの完成式典ありました☆ニュース動画もあり

日本製F-35Aの初号機AX-5が完成、小牧基地に隣接する(と言うか、お向かいになるんですけどね)三菱重工・小牧南工場内にあるF-35最終組立・検査(FACO)施設で式典が行われました。

大盛り上がりですねー。
アメリカ側も盛り上がってるようで、在日米軍司令部もツィッターとフェイスブックへアップしてます。




もちろん、メーカーであるロッキード・マーティン社も






産経が式典の様子を動画で配信してくれてます。
最新鋭機の前では神事も行われました。その様子も入ってます(^^♪



そりゃあねぇ、日本の空を守るんだから・・・神様にもご協力していただかないと




このF-35A、日本は42機を調達予定。
今年度から、順次青森県の三沢基地へ配備が始まるそうです。

ちょっと感じたこと
この式典の話、19:00現在で防衛省からも航空自衛隊からもニュースリリースはまだ出ていません。
最終組み立てを担当している三菱からも。

アメリカ軍側の発表の速さと対比すると、何か日米の温度差みたいなものを感じる私。
考えすぎかな?







posted by てっちゃん at 19:10| Comment(0) | TrackBack(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年06月02日

航空自衛隊F-35導入に向けてまた一つステップアップです

航空自衛隊では初のF-35パイロットとなる2人が、アメリカ・アリゾナ州のルーク空軍基地で行われているトレーニング・プログラムを5月20日に卒業しました。

04389071-E02E-470F-81B3-7B9E7EFAE5C4-204-0000003FDF55C061.jpeg
※画像引用元 http://www.944fw.afrc.af.mil/News/Article-Display/Article/1198149/jasdf-pilots-graduate-lukes-f-35-program/

2人のパイロットは教室での座学やシュミレーターでの訓練、そして実機での空対空・空対地訓練を順調にこなし、予定より約2週間早く7ヶ月でコースを卒業しました。

そのうちの1人は「トレーニング・プログラムに参加し、初の卒業生となれた事を非常に幸運に思う。アメリカ空軍のパイロットから、とても多くのことを学んだ」(注・管理人の意訳)と述べています。

ルーク空軍基地では今後も日本の航空自衛隊F-35のパイロットの他、整備員の訓練も進められる計画。
機体そのものの製造も進んでますが、一番大事な「人」の教育訓練も順調に進行中。

いくら良い道具があっても、それを使いこなすのは結局は「ヒト」
アメリカまで行って訓練を受けた彼らが日本へ帰って来て、その成果を日本の現場へフィードバックする事でしょう。

私が空自に入った頃のF-15が、そんな時期でした。
アメリカ留学から帰って来た先輩整備員が、いろんな立ち上げに奮闘していた頃。
時は流れ、日本は世界でも有数のF-15の運用技術を持つ国となり、その力は日本の防空に役立ってます。

アメリカでF-35の教育訓練を受けた彼らが、F-35の持つポテンシャルを最大限活用、その力を日本の国防に役立てる事に期待します。


















ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 07:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする