2019年05月07日

航空自衛隊三沢基地F-35墜落事故 パイロットに関心がないメディアってどうなの?

パイロットの安否に無関心な報道があること、どうにも我慢ならない私です。

航空自衛隊のF-35A戦闘機(事故機ではありません)

f35img0003.jpg
※画像引用元 航空自衛隊公式サイト 主要装備 F-35A

報道の概要は以下のとおり

現場海域の深度1500mの海底で、文科省所管の海洋研究開発機構研究船「かいめい」が発見。
米軍のチャーター船(おそらくは「ファン・ゴッホ」)が海底から回収。
回収されたのはキャノピーの一部と、フライトデータレコーダーの一部。
しかし機体の状況などのデータが入っていた記録媒体は見つかっていない。

※記事参照元
@時事通信 2019.05.07 F35機体の一部回収=墜落現場の周辺海底−防衛省
A朝日新聞 2019.05.07 墜落F35Aの部品を発見 記録媒体は見つからず

今日5/7午前の記者会見で岩屋防衛大臣が記者の質問に対し答えた内容は以下の通り

F−35Aの墜落につきましては、現在、海上自衛隊の掃海艇による海面捜索に加えまして、文科省が所管するJAMSTECが保有する海底広域研究船「かいめい」、米軍のチャーター船「ファン・ゴッホ」及び「民間サルベージ船」等がソナー等を使用した海中の捜索活動を開始しております。
そして、「かいめい」が得た情報を基に、「ファン・ゴッホ」が海底を確認したところ、5月3日以降、フライト・データ・レコーダー、FDRの一部を含むF−35Aの部品が確認されました。
FDRの一部については、「ファン・ゴッホ」により引き揚げておりまして、現在、防衛省・自衛隊が調査しておりますが、現段階では、肝心のメモリー、記録媒体については、発見されておりません。
なお、防衛省・自衛隊としては、これらの船舶としっかり連携・協力して、引き続き、行方不明になっている操縦者並びに機体の発見、引揚げに努めるとともに、事故調査委員会において、事故原因等の究明に努めてまいりたいと思っております。

※記事引用元 防衛省・自衛隊公式サイト 防衛大臣記者会見 令和元年5月7日 防衛記者会会見室
 改行は管理人が入れました

記事参照元で、時事通信と朝日新聞をあげました。
この2つのメディアで大きく違うのは、パイロットの安否に触れているか否か。

時事通信はパイロットが行方不明で捜索している、と書き
朝日新聞はパイロットの「パ」の字もありません。

朝日新聞だけじゃありません。
今回のこの事故。
機体そのものも大事だけど、でもパイロットの安否に「心から」関心を寄せているメディアがどれだけあるのだろう。
機密の塊でー、とか異例の日米協力体制がーとか

そしてそれは国民にも言えることじゃないでしょうか。
ツィッター見てると
まず安否を心配する声が上がったのは当然

でも高価な機体がーとか欠陥機がーと言う声が上がったこと
そしてそう言う連中が普段どんな発言してるかと言ったら・・・

元航空自衛隊、航空総隊で司令部幕僚も務めた潮 匡人氏が以下の記事を寄稿されています
ぜひお読みください
そしてぜひ拡散してくださるよう、お願いします
※赤太文字クリックで該当記事が別タブで開きます

アゴラ 2019.04.21 F-35墜落事故:隊員の安否に冷たい日本社会(特別寄稿)


パイロットの方のご家族に心を寄せたい
ただただ、そう思います
















ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 20:40| Comment(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月25日

航空自衛隊三沢基地F-35墜落事故 捜索に潜水作業支援船や海底研究船を投入

合わせて行方不明になっているパイロットさんの発見、こちらもできるだけ早くできると良いですね。
・・・良いですね・・・と言う言い方しかできないのが、歯がゆいですが

航空自衛隊のF-35A(事故機ではありません)

f35img0003.jpg
※出典元 航空自衛隊公式サイト 主要装備 ギャラリー

岩屋防衛大臣が4/23の記者会見で発表してます

発表事項

4月9日に発生した航空自衛隊三沢基地所属の戦闘機、F−35Aの機体につきましては、現在も海上自衛隊の艦艇等により捜索を実施しているところですが、今般、防衛省・自衛隊からの依頼によりまして、文部科学省が所管する国立研究開発法人海洋研究開発機構(JAMSTEC)の保有している海底広域研究船「かいめい」が海中の捜索活動に参加することとなりました。「かいめい」は、海底資源の調査等に当たって高い能力を有する船舶と承知しており、防衛省・自衛隊としては、文部科学省及びJAMSTECの協力に感謝するとともに、「かいめい」と協力して、一刻も早い機体の発見に努めてまいります。

質疑応答

報道陣からの質問
F−35Aの捜索状況をお伺いします。先程、冒頭で説明があった「かいめい」、それから、日米「2+2」、防衛相会談で話題に出た、米軍が民間に委託している「ファン・ゴッホ」、これらが実際に現場海域で捜索活動に入る予定、日時について教えてください。

岩屋防衛相からのコメント
>「ファン・ゴッホ」につきましては、調整中でございまして、できるだけ早く現場での活動を開始してもらいたいと思っておりまして、今月中には現場での活動がスタートできるのではないかと思っております。それから「かいめい」も、何日からということが確定しているわけではありませんが、同じく、1日も早く現場での活動をお願い申し上げたいと思っております。

※以上、引用元
防衛省公式サイト 岩屋防衛大臣閣議後会見 平成31年4月23日(火) (08:41〜08:52)

関連記事を紹介します

「ファン・ゴッホ」と言う潜水作業支援船について、乗りものニュースが取り上げてます

那覇軍港に「異形の真っ赤な船」あらわる その「深海能力」で墜落のF-35戦闘機捜索へ

防衛省は文部科学省に、海洋研究開発機構の海底広域研究船「かいめい」での協力も依頼しています
「かいめい」と言う船がこの船
複数の遠隔操作型無人探査機(ROV)、自律型無人探査機(AUV)の運用能力を備えるそうです

1024px-JAMSTEC_research_vessel_KAIMEI.jpg
※記事引用及び画像引用元 ウィキペディア

記事はこちら

機体捜索に海底研究船=文科省関連組織が保有−F35墜落事故

機体の機密保持とか、そんなことは専門家にお任せして

今はただ、パイロットの方の一刻も早い発見を願うばかりです。




ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 19:30| Comment(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月16日

航空自衛隊三沢基地のF35墜落事故 報道に思う

こんな男気のある知事さんもいるんです。




リンクがはってあるNHKニュースのウェブサイトに行ってみた

NHK NEWS WEB 2019.04.12 F35墜落 司令官が知事に謝罪

内容そのまま引用すると著作権法にふれるのと
近いうちに削除されるでしょうから
要約してアップ

航空自衛隊三沢基地所属のF35戦闘機が墜落した事故を受けて、
4月12日に航空自衛隊北部航空方面隊の司令官が県庁を訪れ、三村知事に謝罪

空自側からは司令官と総務部長が青森県知事を訪問
捜索を継続していることと、三沢基地のF35残る12機の飛行を停止
「県民に大きな不安を与え申し訳ない」
と陳謝

青森県知事は
「捜索に全力を」
「県民が非常に不安がっている。再発防止に全力を」

空自の森川司令官
「皆様に不安を与えて、申し訳ない。」

ここまで要約したものです
転載不可なので、言葉は若干変えてあります。

「不安」という言葉がキーワード
県民に不安を与えて、けしからん。と言う論調にも思えます。

それはそれとして・・・・

ただ、動画内で三村青森県知事は、パイロットについて
「われわれにとっても大事な、国を守ってくれている重要な方」
なので
「何とぞ見つけてください」
と熱く話されています。

動画見てください。
ホントに「熱く」話されてます

こう話される知事さんもいますが

パイロットの安否が不明なのに
原因究明もまだなのに

欠陥機だー、税金がーとか言ってる政治家もいます
政治家だけでなく、一般の人でもそう

主張はいいでしょう
人それぞれ考えがありますから
でも、それって今言うこと?

ホント「同じ人間とは思いたくないわ」









ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 08:15| Comment(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月10日

航空自衛隊三沢基地のF-35が墜落した事故 報道に配慮が欲しい気もしますが

ご家族や関係者に対する配慮が足りない報道があるように思えます。
朝「行ってきます」と家を出たお父さんが帰ってこない、乗ってる飛行機が墜落した・・・そんあな時に、こんな報道みたらどう思う?て話です。

報道・・・と言うよりは、防衛省と航空自衛隊が「マスコミに流す必要のない情報」まで流してるんじゃないか。
私はそう思ってますが、皆さんどうですかね。

マスコミ各社が小まめに報道してくれるおかげで、いろんな情報を知ることができてます。
そこは、ある意味感謝。

でも
もう少し配慮すべきなんじゃないか、と言う報道もあります。

ん?と思ったのが時事通信社のニュース。
※以下の青文字クリックで、該当記事が別タブで開きます。

時事ドットコムニュース 2019.04.10 21:16 緊急脱出の形跡なし=F35墜落、突発トラブルか−防衛省

読み手にすれば「緊急脱出してなければ、じゃ機体もろとも・・・?」となるのは当然
記事中にはていねいに「脱出できないまま墜落した可能性もー」とか書いてるし
要らない想像をかきたてる、煽るだけでしかない

安否がわからず帰りを待つご家族のことを配慮すべきではないかと思うんですよ。

まだ発見されていないんだから「行方不明」「捜索中」で良いんじゃないの?

この事故、日本だけではなく世界中が注目しています。
発見・収容されたのか、まだなのか
世界中の人はそれが知りたい、私はそう思ってますが皆さんはどうですか?

航空自衛隊航空幕僚監部から発表された報道資料へのリンクはります。
https://www.mod.go.jp/asdf/news/houdou/H31/310410_01.pdf

今朝、熱いココアを飲みながら思った
パイロットの方が無事帰って、奥様の淹れたコーヒーを2人で飲む。一刻も早くそうなって欲しい。
ただただ無事を祈ります。











ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 22:02| Comment(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月07日

航空自衛隊百里基地第302飛行隊のF-4EJ改の神動画をご紹介

ホントにカッコいい。まさに神動画。
海外軍事航空サイトでも取り上げられていたので、ご紹介します。

THE AVIATIONIST 2019.04.06
You Have To Watch This Crazy Cool Video Of The Last JASDF F-4EJ “OJIRO” Phantoms Of The 302nd Squadron

オジロのスペマ機はもちろん、ノーマル塗装の機体だって分け隔てなくカッコよく撮ってあります
スローモーションも効果的に使ってあって、ホントにカッコいい動画

Crazy Cool
このカッコよさ、マジでヤバい(笑)

約8分半の動画












ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 21:45| Comment(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする