2019年06月10日

航空自衛隊三沢基地のF-35が墜落した事故の原因とされる空間識失調とは

この事故について真摯に知りたい方だけ読んでください。
私らのような素人でもわかりやすく書いてあります。

欠陥機だーとか安倍がーとか騒ぐバカもいるけど、恥ずかしいと思わないのか。
軍事や航空って難しいけど、知らなければ知らないで詳しい人の話を取り入れれば良いものを、そうしようとすらしない。
結局自分の主義主張だけが大事で、日本のこととか、亡くなったパイロットやご家族のことなんか毛頭考えていないんだよね。
だから私は徹底的に軽蔑します。

さて、言いたいことは言った(笑)

航空軍事評論家の関賢太郎氏が「乗りものニュース」に記事を書いてます。
ぜひ、ご一読を。




亡くなられたパイロットの方に、改めて追悼の意を表したいと思います。








ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 21:19| Comment(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月29日

航空自衛隊三沢基地のF-35A戦闘機墜落事故 朝日新聞の報道は扇情的にすぎないか?

岩屋防衛大臣は「跡形もない」なんて、一言も言ってないんだけどね
防衛省の公式サイトで記者会見を確認したけど、やっぱり「言ってない」

記事の見出しはこう
中身は、記者会見で岩屋防衛相が発言したそのまんまなんで、リンクは貼りません

墜落のF35A、跡形なしか 防衛相「海底に破片散在」

跡形なしか・・・は無いでしょうよ
安否が不明なパイロットについては、一言も触れてません

もう殺意レベルの怒りが込み上げてきます(笑)

100億円以上の最新鋭のステルス戦闘機が墜落
その墜落した「欠陥機」を100機以上、1兆円以上かけて「爆買い」するアベはけしからん
とでも言いたいのか

それと
例えば、これが違う機種だったりしたら
仮にF-4やF-15だったら

墜落してからだいぶ経った今でも、大臣に捜索状況なんか質問するだろうか
しないでしょうよ

朝日新聞、だから支持されないんじゃないの?

岩屋防衛相の発言を以下に貼ります
改行は管理人が入れました

Q:F−35Aの墜落に関して、捜索状況の進展や何か回収できたものがあればお願いします。

A:これまでの捜索状況は、皆様御承知のとおりだと思います。
新たに当該海域におきまして、エンジンの一部とみられるもの、それから、主翼の一部とみられるものなどを揚収しております。
しかし、揚収物はそれぞれ破損が激しく、海底にはF−35Aの部品とみられるものが破片となって散在している状況ですので、引き続き、捜索並びに揚収に努めてまいります。
一方で、以前から申し上げていますとおり、F−35Aがもっている機体同士の通信機能であるMADLのデータも残っておりますし、基地から捉えたレーダーの軌跡も残っております。また、隊員からも聞き取り調査を進めておりまして、事故原因の調査については、着実に進展をしているといった状況です。

Q:捜索の規模については、引き続き同じような。

A:一番部品が散在していた一帯を重点区域に定めて、そこを徹底的に行っているところなので、規模としては縮小しています。

※記事引用元 https://www.mod.go.jp/j/press/kisha/2019/05/28a.html



ただねぇ・・・パイロットの方が、やっぱり気になるのよ。
早くご家族のもとに帰してあげたいですよね。

f35img0002.jpg

※画像出典元 航空自衛隊公式サイト 主要装備 F-35A









ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 20:50| Comment(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

県営名古屋空港でのF-35試験飛行中止を求めるアンケートがあまりにもずさんな件

普段「数の力がー」とか言ってるくせに、こういう時になると「回答の6割がー」とか言って数に頼ろうとする
言ってることとやってることが矛盾だらけ
だから支持されない

他人の悪口ばかりです。胸糞悪くなること必至。
アレだったらスルーしてくださいませ。

航空自衛隊のF-35A

f35img0002.jpg
※画像引用元 航空自衛隊公式サイト 主要装備 F-35A

2019年5月17日の中日新聞朝刊より
※ネット版には記事が上がっていなくて、紙面を写真で上げると著作権がマズイので割愛

県営名古屋空港を利用して行われている、F-35の試験飛行についてアンケートを実施したら
試験飛行中止を求める声が6割、詳細な説明を求める声が9割だった・・・と言うもの

アンケートを実施したのは、愛知県平和委員会
はい、お察しの通り。共産党系の団体です。

まず、この団体の事務局長のコメント
「住民の安全に関わる問題だから、国や自治体は説明会の開催を検討すべきだ」
これについては私もそうだよなぁ、と思います。

説明会とまでは行かないとしても
自治体の広報誌などで情報を発信していく必要があるんじゃないだろうか
ネットで情報を得ることができる人ばかりとは限りません
と私も考えます。

問題は

「数」

自分たちの意見が世の中に広く受け入れられていると「見せかける」ために
アンケートの6割がー、とか9割がーと言っているのはダメでしょう

アンケートの配布数が15000
回収できたのは383

まず最初に回収数が少なければ、回収率も低い。
25%ならともかく、2.55%じゃ話にならないでしょう。

共産党に関わる世帯だけじゃなく、広い層にアンケートを取ったと言うのは見てとれるけど
回収率の低さは、この団体がいかに世間に支持されていないかを証明したようなもの

配布地域は県営名古屋空港(小牧基地)周辺の愛知県の名古屋市北区と守山区、春日井市と小牧市。そして豊山町となってるけど
15000は少なくね?と思って調べてみたら

平成31年4月現在の各地域の世帯数です
名古屋市北区 78615
同守山区 73307
春日井市 129145
小牧市 61967
豊山町 6664

合計 349698世帯

35万世帯近くに対して15000程度の配布、約4%
そんなアンケートで周辺住民の声がどれだけ拾えるの?
やる気あるの?て話です。

35万近い世帯に15000しか配布せず
回収できたのは400弱で0.1%。つまり1000分の1
試験飛行中止を求める声が6割と言っても、数で示せば230イコール0.006%。
35万世帯あるうちの10万分の6弱。
計算間違ってたら、ゴメンです。

それで「地元住民の声がー」とか言う。
真剣に世の中の声を聞きたいなら、アンケートのやり方も考えないとならないし配布数も増やさなければならないんじゃないの?
アンケート結果を防衛省に持っていくとか言ってるけど
鼻で笑われて終わりでしょ

そして回収率も増やす努力しなきゃ。
普段言ってることやってることがおかしいから、アンケートを受け取ったところでゴミ箱行きになるわけです。
当然回収できない。当たり前。

このアンケートと言うか、説明会をーと言うのは右左関わらず賛同する声もあるだろうから
ここはキチンと筋を通すべきじゃないかと思います。

愛知県平和委員会、公式サイトでこんなこと言ってます
※下記リンクをクリックで、該当ページが別タブで開きます

F35戦闘機 愛知に大結集か!? 在日米軍32機、韓国40機、シンガポール12機、日本147機

県営名古屋空港(小牧基地)に隣接する、三菱重工業小牧南工場に修理と整備をする拠点を設けることにより
>三菱重工小牧南工場に修理・整備のために結集するのは、オーストラリアを除いた200機強になることが考えられます
※赤文字部分が引用 引用元 F35戦闘機 愛知に大結集か!? 在日米軍32機、韓国40機、シンガポール12機、日本147機

確かに、アジア太平洋地域で運用が予想されるF-35は約300機くらいになるかと予想されてはいます
飛行機の定期点検は飛行時間などで決まってます
作られた時期も違えば飛行時間も違う機体がいっぺんに点検・整備に入るわけがない

でも、こいつらここで「大結集」と言う言葉を使い
300機のF-35がいっぺんに集まるかのような印象操作をしている

ちょっと考えれば、すぐにバレるウソを平気で垂れ流す
二言目にはF-35は欠陥機だー、危険だーと言うけど
デマを流すと言う意味で、愛知県平和委員会の方が「よっぽど危険」
違う?

もう1つ、三沢基地のF-35墜落した事故
パイロットの安否が不明なうちから飛行中止の申し入れをしたのも、ここと関わりがある小牧平和県民集会実行委員会
それを誇らしげに自分らのサイトにアップしている
2019.04.15 F35戦闘機墜落 飛行中止を求め申し入れ

飛行中止を求めるのも良いでしょう
原因究明や再発防止?そんなもん当たり前だし、当事者たちはあんたらよりずっと真剣に考えてる

ただ、この時期やるか?
パイロットの安否が先でしょ
人命より自分らのイデオロギーが大事なのかい、あんたらは

人としてどうなの?と思うと同時に
こんな団体は、とても支持できない。

皆さん、どう思いますか?











posted by てっちゃん at 20:54| Comment(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

KC-46A空中給油機 F-35Aへの空中給油認証試験を完了

近く航空自衛隊に導入される、KC-46Aペガサス空中給油機。
F-35A戦闘機への空中給油認証試験が完了したとのこと

ボーイング社が動画付でツィッターに上げてます












ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 20:14| Comment(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月07日

航空自衛隊三沢基地F-35墜落事故 パイロットに関心がないメディアってどうなの?

パイロットの安否に無関心な報道があること、どうにも我慢ならない私です。

航空自衛隊のF-35A戦闘機(事故機ではありません)

f35img0003.jpg
※画像引用元 航空自衛隊公式サイト 主要装備 F-35A

報道の概要は以下のとおり

現場海域の深度1500mの海底で、文科省所管の海洋研究開発機構研究船「かいめい」が発見。
米軍のチャーター船(おそらくは「ファン・ゴッホ」)が海底から回収。
回収されたのはキャノピーの一部と、フライトデータレコーダーの一部。
しかし機体の状況などのデータが入っていた記録媒体は見つかっていない。

※記事参照元
@時事通信 2019.05.07 F35機体の一部回収=墜落現場の周辺海底−防衛省
A朝日新聞 2019.05.07 墜落F35Aの部品を発見 記録媒体は見つからず

今日5/7午前の記者会見で岩屋防衛大臣が記者の質問に対し答えた内容は以下の通り

F−35Aの墜落につきましては、現在、海上自衛隊の掃海艇による海面捜索に加えまして、文科省が所管するJAMSTECが保有する海底広域研究船「かいめい」、米軍のチャーター船「ファン・ゴッホ」及び「民間サルベージ船」等がソナー等を使用した海中の捜索活動を開始しております。
そして、「かいめい」が得た情報を基に、「ファン・ゴッホ」が海底を確認したところ、5月3日以降、フライト・データ・レコーダー、FDRの一部を含むF−35Aの部品が確認されました。
FDRの一部については、「ファン・ゴッホ」により引き揚げておりまして、現在、防衛省・自衛隊が調査しておりますが、現段階では、肝心のメモリー、記録媒体については、発見されておりません。
なお、防衛省・自衛隊としては、これらの船舶としっかり連携・協力して、引き続き、行方不明になっている操縦者並びに機体の発見、引揚げに努めるとともに、事故調査委員会において、事故原因等の究明に努めてまいりたいと思っております。

※記事引用元 防衛省・自衛隊公式サイト 防衛大臣記者会見 令和元年5月7日 防衛記者会会見室
 改行は管理人が入れました

記事参照元で、時事通信と朝日新聞をあげました。
この2つのメディアで大きく違うのは、パイロットの安否に触れているか否か。

時事通信はパイロットが行方不明で捜索している、と書き
朝日新聞はパイロットの「パ」の字もありません。

朝日新聞だけじゃありません。
今回のこの事故。
機体そのものも大事だけど、でもパイロットの安否に「心から」関心を寄せているメディアがどれだけあるのだろう。
機密の塊でー、とか異例の日米協力体制がーとか

そしてそれは国民にも言えることじゃないでしょうか。
ツィッター見てると
まず安否を心配する声が上がったのは当然

でも高価な機体がーとか欠陥機がーと言う声が上がったこと
そしてそう言う連中が普段どんな発言してるかと言ったら・・・

元航空自衛隊、航空総隊で司令部幕僚も務めた潮 匡人氏が以下の記事を寄稿されています
ぜひお読みください
そしてぜひ拡散してくださるよう、お願いします
※赤太文字クリックで該当記事が別タブで開きます

アゴラ 2019.04.21 F-35墜落事故:隊員の安否に冷たい日本社会(特別寄稿)


パイロットの方のご家族に心を寄せたい
ただただ、そう思います
















ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 20:40| Comment(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする