2017年05月06日

小牧基地救難教育隊の隊員さんが語るUH-60J機上整備員のお仕事

救難の最後の砦と言われる、航空自衛隊の救難隊。
どんな状況でも飛ぶパイロット、どんな状況でも要救助者を救出し連れて帰る救難員(メディック)。

どうしても、これらの人の方に注目が集まりがち。
でも、この人の存在を忘れちゃいけません。
「機上整備員」

現場に飛ぶために必要な各種データの算出
現場に着いたら救出のためのホイスト操作や、救出したけが人の手当てのサポート
パイロットもメディックも、この機上整備員がいて初めて100%能力が発揮できるとも言えるのではないでしょうか

2006年小牧基地航空祭にて
隊員を降下させる機上整備員

UH-60J DSC09706
UH-60J DSC09706 posted by (C)てっちゃん



この機上整備員がどんなお仕事なのか、目指したきっかけなどについて
小牧基地・救難教育隊所属でUH-60Jの機上整備員をしている三塚2曹がインタビュー記事に登場。

救難隊に興味のある方、ぜひご一読願います
記事はこちら ↓

航空自衛隊航空救難団公式ウェブサイト 隊員の活動 5/1更新 機上整備(UH-60J)

posted by てっちゃん at 20:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 小牧基地 救難機 UH-60J U-125A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月06日

小牧基地・救難教育隊、長野ヘリ墜落事故で出動

3/5午後に発生した、長野県の防災ヘリ墜落事故。
小牧基地の救難教育隊が、災害派遣の要請を受けて出動しています。

※記事参照元 防衛省発表 報道資料 長野県消防防災ヘリ墜落に伴う人命救助に係る災害派遣について
http://www.mod.go.jp/j/press/news/2017/03/05a.html

事故は発生は5日の15時すぎ
15:48に東京空港事務所長から航空自衛隊中部航空方面隊司令官へ
15:50に長野県知事から陸上自衛隊第13普通科連隊長へ
人命救助に係る災害派遣要請がされました

現場はこのあたり
諏訪湖の北西、松本市との中間くらい
長野自動車道を走ると、右手に見えるなだらかな山です



災害派遣要請を受けて救難教育隊は
17:26にUH-60Jを
17:27にU-125Aを発進させ

さらに
17:43にUH-60Jを、もう1機発進させ現地へ向かわせてます

また松本市駐屯の第13普通科連隊は、人員と車両を長野県庁及び現地へと向かわせてます

事故の結末については、各報道機関の報道をご覧ください
悲しくて、ちょっと書けません。ごめんなさい。


その昨日は、小牧基地ではオープンベース
縄ばしご体験のコーナーでは、メディック(救難員)達が子供に縄ばしごの体験をさせてました

IMG_0910_2.jpg

強面のメディックが、とても楽しそうな顔をしていました
実際に彼らが出動したわけじゃないだろうけど(待機している隊員がいるだろうと思うので)

なんて言ったらいいんだろう
こういう隊員たちによって、日本は守られてるんだなぁ
そんなことを想ったりしました





posted by てっちゃん at 23:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 小牧基地 救難機 UH-60J U-125A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月03日

小牧基地オープンベース2016、こんな写真撮れました U-125A編その1

U-125Aの写真をもう少し
いっぱい撮ったつもりだったけど、展示飛行した001号機と列線に並んでた016号機しか撮っていなかった(-_-;)

今回は列線にいた016号機

U-125A 12-3016 IMG_3483_2

U-125A 12-3016 IMG_2926

正面から見ると、けっこうシャープなイメージ

U-125A 12-3016 IMG_2924

今は濃い青を基調とした洋上迷彩を施した機体もあるそうですが
今年のオープンベースでは見ることができるのかな?

小牧基地には配備が無いはずだけど
これは、ちょっと楽しみにしたい

そして
小牧基地でしか見ることができない機体がこれ(笑)
この遊び心…好きです(^^♪

U-125A Advance 3000号機 IMG_0721

U-125A Advance 3000号機 説明板 IMG_0720


私が中にいたころは、この飛行機が救難捜索機として活躍してました
民間仕様の機体が航空館boonで展示されていて、中に乗ってみたけど狭いのなんの

U-125AはMU-2に比べると大きくなった分、隊員さんたちは仕事がしやすくなったのかなぁ・・・なんて思ったりしました。

MU-2 #228
MU-2 #228 posted by (C)てっちゃん
※2005年の浜松基地航空祭にて撮影




posted by てっちゃん at 06:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 小牧基地 救難機 UH-60J U-125A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年03月01日

小牧基地オープンベース2016、こんな写真撮れました U-125A編その1

飛行展示に使われた52-3001号機の飛びっぷりと転がりのシーンです

脚を出しての航過飛行
前は超低空でハイスピードパス、なんて見せてくれたのですが
近年はちょっとおとなしめでしょうか

U-125A 52-3001号機 IMG_2968_2

U-125A 52-3001号機 IMG_2970_2

U-125A 52-3001号機 IMG_2972_2

私は250ミリのレンズしか持っていないので、こういった小型の機体は撮っても小さくしか映りません
そこで活躍するのがPhotoshop。
拡大・補正に大活躍(笑)



転がりです(^^♪

U-125A 52-3001号機 IMG_3132_2

U-125A 52-3001号機 IMG_3210_2

ちなみに・・・小牧基地オープンベースでは機内公開はありませんが
コクピットはこうなてっるそうです

U-125A-1.jpg
※画像引用元 航空自衛隊・秋田分屯基地ウェブサイト

難しいとは思うけど

機内公開、お願いしたいですね










タグ:小牧基地
posted by てっちゃん at 06:09| Comment(1) | TrackBack(0) | 小牧基地 救難機 UH-60J U-125A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年02月28日

小牧基地オープンベース2016、こんな写真撮れました UH-60J編その2 救難展示

今回は要救助者を吊り上げて救い出す救難展示での画像
使用された機体は76-4567号機

写真を撮る際は、シャッタースピードに注意しましょう
あまり早いとローターが止まってしまって、動きがない絵になっちゃいますから

手ブレを注意するように、肘をがっしり固定して撮れば
1/320とか1/200でも大丈夫

UH-60J IMG_3049_2

UH-60J IMG_3181_2

UH-60J IMG_3206_2

扉を開けて、メディックが降下準備に入ります

UH-60J IMG_3182_2

2人のメディックが要救助者のもとへと降下
高度は約30m

UH-60J IMG_3186_2

機上整備員が吊り上げ

UH-60J IMG_3187_2

無事、要救助者を機内へと収容

UH-60J IMG_3194_2

撤収

UH-60J IMG_3199_2

動画がありました
ちょっとだけ見せてくれた機動飛行に彼らの技術の神髄を感じます































posted by てっちゃん at 05:37| Comment(0) | TrackBack(0) | 小牧基地 救難機 UH-60J U-125A | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする