2019年07月02日

G20大阪サミットで警戒任務にあたる航空自衛隊のF-15の動画です

豆粒程度にしか写っていませんが、航空自衛隊が各国トップの警備にあたっている姿を捉えてる意味では、とても貴重な動画です。
撮影者さんもこの姿をもっとたくさんの人にみてもらいたい、と動画をアップしたのではないでしょうか。
小松基地の第6航空団だけじゃなく、新田原基地の機体も見られたとコメントいれてるあたりに、心意気を感じますね。

私のブログで取り上げた小牧基地のKC-767空中給油機は、戦闘機が基地に帰って警戒態勢に穴が開いたりしないよう、燃料補給を行っていたものと考えられます。
航空自衛隊も頑張ってたんだよー、と知っていただければ幸いです
(もちろん陸・海自衛隊や警察や海保、関係各所の方も)

約2分弱の動画
撮影者様に感謝



燃料補給のため、小牧基地を離陸する小牧基地第404飛行隊のKC-767空中給油機


※管理人撮影 無断転載厳禁





posted by てっちゃん at 07:05| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月30日

G20大阪サミット 航空自衛隊小牧基地のKC-767も警備任務に参加していた事 ご存知でしたか?

各国のトップが集うG20大阪サミット。警備にあたる警察の方についてのニュースは数多く流れてますが、航空自衛隊の戦闘機が上空監視ならびに警戒にあたっていた事、あまりニュースでは流れていなかったようです。

実は私も知らなくて・・・ツィッターで知った次第。
小松基地のF-15が実弾やミサイルを搭載し警戒任務にあたっていたとのこと
※他の基地の機体もいたかどうかは確認とれず

小牧基地のKC-767空中給油機は、上空監視にあたる戦闘機へ燃料を補給するため
1日に何回か大阪方面に向かったようです
ツィッターでは朝の4時に離陸して行った、何てツィートも。

6/28土曜日の朝。空中給油任務へと飛び立つ小牧基地第404飛行隊のKC-767が離陸するところに立ち会うことができました。
いつもだと休日は格納庫前に3機いるのですが、この日は1機は任務中で不在。
1機は交代に向かうために離陸。
もう1機は準備のためか、電源を入れて点検作業をしていたもよう(電源車?や車両がいましたね)

パイロットなど乗員の方はもちろん
整備員や運航に関する隊員の方々も、当然出勤でしょう。

訓練とは違うし、相手は各国のトップ。
緊張も強いられることでしょう。
任務にあたる隊員のご家族も何かと大変かと思います。

自分自身、ミグ25亡命事件で機体警備に親父が行ったので
何となくは理解できるかな、と思っています。


画像6枚













最後に
日本の防空の最前線で活躍した、元F-15パイロットの空飛ぶたぬき氏(@FlyTanuki)のツィートをご紹介します






※記事中の画像は、全て私が撮影し著作権を保持しています。無断転載厳禁。







posted by てっちゃん at 15:16| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月20日

ミャンマー空軍の気象将校が来日 航空自衛隊航空気象群で研修を行いました

来日したのが1月末。行った先は府中基地の中枢気象隊と「千歳基地」
1月末の千歳・・・一年で一番寒い時期。放射冷却が効いた朝だとマイナス20度より、まだ下がります。
(私の経験ではマイナス27度)

あまりの寒さに息をすると鼻の穴が痛い、そんな経験をしたんでしょうか。

以下、航空自衛隊航空気象群公式サイト 隊員の活動より
※記事参照および画像引用元 https://www.mod.go.jp/asdf/awsg/act/index.html

ミャンマー空軍に対する研修支援

ミャンマー空軍の気象担当将校が平成31年1月28日〜2月1日の期間において、航空自衛隊の気象部隊の研修を行いました。

 千歳気象隊(北海道千歳市)、中枢気象隊(東京都府中市)において、部隊研修や気象隊の隊員等と意見、情報の交換を行い、ミャンマー空軍と航空自衛隊との協力関係を更に深めることができました。


千歳基地千歳気象隊での様子
※キャプションは、上記の航空気象群公式サイトより引用

千歳気象所の研修

myanmar_af03cj.jpg

北海道の地吹雪を体験
晴れてるけど(^_^;)
ホントの地吹雪だと、写真撮れないか(笑)

myanmar_af04cj.jpg

府中基地中枢気象隊での様子

中枢気象所においてのブリーフィング

myanmar_af01.jpg

移動気象班による装備品の展開

myanmar_af02.jpg


何か・・・鬼のような寒さを体験させてしまって、申し訳ないような。

でもアジア各国とこうやって交流することは、非常に大切なこと。
日本での経験や日本の技術が、ミャンマーの皆さんに役立ってくれると嬉しいですね。






ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 07:48| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月19日

C-2輸送機を擁する航空自衛隊第403飛行隊 フランス空軍と部隊間交流を行う

相手はエアバスのA400M輸送機を擁する部隊。フランス空軍の方々は、日本のC-2輸送機にどんな感想を持ったのでしょうか。



ここでは触れられてないけど、お互いの輸送機で体験搭乗とかしたのかな。




ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 20:16| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年06月18日

インド空軍戦闘機操縦者との交流について

対中国と言うことを考えると、インド軍と言うのは重要なパートナーに思えます。
でも何故小松基地で何故F-2なのか、ちょっと興味深いですね。
以下、航空自衛隊公式サイト ミュースリリースより

※記事参照元及び画像引用元 https://www.mod.go.jp/asdf/news/release/2019/0613/

インド空軍戦闘機操縦者との交流について

6月10日(月)から12日(水)にかけて、インド空軍の戦闘機操縦者が小松基地を訪問し、隊員との意見交換やF−2の体験搭乗を実施しました。
本交流を通じ、航空自衛隊とインド空軍との相互理解を促進するとともに、信頼関係を強化しました。今後も、様々な機会を通じ、インド空軍との防衛協力・交流を行っていく予定です。


1D94D44A-AA6F-4070-A73B-46F2160600B2.png

6509828D-CE2B-4743-8633-EF4B005F5C43.png

引用ここまで

インド空軍の戦闘機パイロットの方々、F-2に乗ってどんあな感想を持たれたんでしょうか。
生の声、聞いてみたいですね。







ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 20:34| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする