2018年06月04日

NHK朝ドラ「半分、青い」のロケ地 岐阜県恵那市岩村町に行ってきましたDカステラcafeカメヤさん

NHK朝ドラ「半分、青い」のロケ地、岐阜県恵那市岩村町へのお出かけ記事。一つアップしてませんでした\(◎o◎)/!
今回の記事は、カステラcafeカメヤさんについて。ゆったりとした、いい雰囲気の良いお店です。インスタ映えもします(^^♪

岩村で有名なのが「女城主」のお酒と、カステラ。江戸時代11代将軍徳川家斉の頃、岩村藩の御殿医が長崎へ医術を学びに行ったさいに、製法を岩村に持って帰ってきたのだそうです。以来、変わらぬ製法で造られているとのこと。

※岩村のカステラについて詳しくは、お店のホームページに載ってます。興味のある方は、以下の太文字をクリックすると、別タブで該当ページが開きます。

いわむらカステーラのルーツをさらに紐解いてみよう

何軒かお店があるのですが、まずは岩村でカステラと言ったらここ、と言うくらい有名な松浦軒。
松浦軒も本店と本舗とあるのですが、こちらは本店の方。岩村醸造の真向かいにあります。

カステラ 松浦軒本店 IMG_0316

でも松浦軒さんは本店も本舗も行ったことがある私達。
なので今回は違うお店を・・・と言うことで、インスタで見つけたお店へ。
こちら「かめや菓子舗」さんに併設されてる「カステラ Cafe カメヤ」さんにおじゃましました。

お店の外観

岩村 カステラcafeカメヤ IMG_2740

カワイイ亀さんのタワシがお出迎え

岩村 カステラcafeカメヤ IMG_2745

店内、入り口付近はショップ。奥にカフェのスペース。
カフェは畳敷きの和の部分と、イスとテーブルのイス席。全部で25席だそうです。

洋の部分には、和のテイストも
(店内奥から入口方向を撮影。画像左手に4人用のテーブル席)

岩村 カステラcafeカメヤ IMG_0327

こちら畳敷きの和の客席
朱色の高膳は江戸時代につくられたものだそうです
※実際の室内は、もう少し明るいです

岩村 カステラcafeカメヤ IMG_0328

私はアイス焼きかすていらセットに、アイスコーヒーをオーダー。
器も趣があります。

岩村 カステラcafeカメヤ IMG_0324

焼いたカステラって初めて。表面はパリッと、中の部分のモチモチ感がアップして、なかなか「まいぅ〜」。
アイスクリームも無駄に甘くないし、コーヒーも美味しかった。

ドリンクだけのオーダーでも、ミニカステラが付いてきます。
なおドリンク+スイーツのセットだと、50円引き。うれしいじゃありませんか。

私達が座ったのは、一番奥。目の前には風情あるお庭。
画像にはありませんが、ここにも天正疎水が流れています。

他のお客さんはイス席にいたので、和の方には私達だけ。
BGMはジャズ。これまた、程よい音量。

流れる水の音が、心を癒してくれます。

縁側にあるこれは、糸巻かな?

岩村 カステラcafeカメヤ IMG_0318

岩村 カステラcafeカメヤ IMG_0325

場所はココ



久しぶりに、のんびりとした時を過ごすことができました。
岩村町に行かれる方、こちらのお店も訪れてみてくださいませ。










































posted by てっちゃん at 18:42| Comment(0) | 飛行機とは全く関係ない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月05日

北海道 函館・・・私の育った故郷の桜です

今日は私が18歳まで育った、北海道・函館の桜の話を。
飛行機の話、全く出てきません。ごめんなさい。

昨日5/4は、4年前に亡くなった親父の命日。
親不孝な私は、墓参りに帰省もしていません(笑)

亡くなる前に仲間と花見に行くはずだったみたいよ、と母親から聞いてたのが今から紹介する、五稜郭公園の桜。
満開の桜に見送られ旅立った、ウチの親父。
いろんなことを含め、幸せな死に方だったんじゃないか・・・そう思ってます。

命日が近づき、「そう言えば」と思い出した私。
今年はどんなだろうとYouTubeで動画ばかり見ていたら、嫁に笑われました。
「そんなに見てるなら帰ればいいのに」と。

でね・・・「あ、これスゴイ」と思ったのがこの動画
葬式や法要で帰った時は、見ごろを過ぎていたり天気が悪かったりで、正直あまりいい状態ではありませんでした。
いっぺん、こんな満開の桜をお天気の良い時に見てみたい。

8分弱の動画。見ていただきたいのが、冒頭の2分半くらい
※音楽鳴ります。音量に注意。



この五稜郭。江戸末期に作られた城郭ですがお城と言っても天守閣はありません。
明治維新前後の箱館戦争(※その当時は「函」ではなく「箱」)では、新撰組の土方歳三も五稜郭を本拠に戦ったそうです。
※詳しくは、こちらのサイトを参考にしてください
箱館奉行所公式サイト 五稜郭と箱館奉行所

2年前に帰った時に撮った写真をあげます。

五稜郭を見下ろすように建っている白いタワーが、五稜郭タワー。
今のタワーは2代目。高さは約100m。GW中はこいのぼりが泳いでます。

函館 五稜郭タワー 422_2

このタワーから見下ろすと、こんなふうに見えます

函館 五稜郭 全景 191_2

満開だとこの城郭全体がピンクに染まり、言葉を失う圧倒的美しさとか
いっぺん見てみたい

Goryokaku_Park-1.jpg
函館市のサイトから引用(著作権フリー)

私・・・入学した小学校が、この五稜郭公園のすぐそばだったんだけど
桜を見に行った記憶が全くありません(笑)

展望デッキには、箱館戦争当時の模型も。当時の建物も1棟だけ残ってるとか。
当時の大砲もありますよ。

函館 箱館戦争当時の五稜郭 復元模型 190_2

中央の箱館奉行所は、2010年に一部が復元され再建されたもの

函館 五稜郭 箱館奉行所 196_2

城郭内や周囲には、こんな見事な桜がたくさん咲いてます
ソメイヨシノを中心に、その数約1600本(!)

私が行ったときは見ごろが過ぎて、さらに強風と言う悪天候。でも、まだこれだけ見事に咲いてました

函館 五稜郭の桜 417_2

函館の桜、おススメスポットが「ホントに」たくさんあります。
五稜郭以外でおススメしたいのが、函館山のふもとにある「函館公園」

中学校がこの公園の隣でした。
この桜を見ながら通学していたのを、思い出します。

花見の時期になると授業中にも関わらず、ジンギスカンの匂いが・・・
※北海道人、花見は焼肉ではなく「ジンギスカン」ですから

日本最古の観覧車がある、ミニ遊園地。これまた「ミニ」な動物園。古くて渋い造りの博物館や図書館があったりで、見どころ満載(^^♪
適度に起伏がある公園内には、約400本の桜が咲きます。
小高い丘に登ると目の前には津軽海峡が広がり、天気が良ければ対岸の青森県まで見ることが可能。
これまた絶景です☆

動画上げます。4分半弱。音楽鳴るので、音量注意。



もっとあっさりした記事にするつもりが、あれも見て欲しい、これも見て欲しいになって
何か、観光地の紹介みたいです。

来年のゴールデンウィークにはどっか旅行を・・・と検討されてる方。
北海道 函館はいかがですか?















































posted by てっちゃん at 18:35| Comment(0) | 飛行機とは全く関係ない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月01日

NHK朝ドラ「半分、青い」のロケ地 岐阜県恵那市岩村町に行ってきましたC

今回の記事は、江戸時代に栄え岩村藩を支えたと言う商家に行ったお話。

NHKの朝ドラ「半分、青い」の時代設定は、1971(昭和46)年。その舞台である、岐阜県恵那市岩村町は、源頼朝の時代1185年に築かれた岩村城が始まりと言う長い歴史を持つ城下町です。

朝ドラの舞台となった城下町は、江戸時代初めの1601(慶長6)年に松平家乗が入城してから整備された町並み。
江戸時代の面影を残した、木村邸。当時の豪商の家を訪ねてみました。

外観

岩村 木村邸 外観 IMG_0329

岩村藩の財政が困窮した時には、何かと助けたのが木村家を含む豪商たち。中でも木村家は格別の貢献をしたこともあり、藩主が度々訪ねたとか。その時に藩主が使う玄関がこちら。

岩村 木村邸 藩主来訪時用の玄関 IMG_0330

室内

江戸末期や明治末期に作られた器たち

岩村 木村邸 IMG_0334

※天保年間は江戸末期(1831~1845年)

岩村 木村邸 IMG_0332

岩村 木村邸 IMG_0333

岩村 木村邸 母屋 お勝手 IMG_0338

岩村 木村邸 母屋 台所 IMG_0339

中庭

岩村 木村邸 中庭 IMG_0341

奥には藩の財政を立て直すために手がけたと言う、酒造りのための土蔵があります。
今は1階では神輿行列のための衣装が展示されてます。これも岐阜県の無形民俗文化財。

岩村 木村邸 土蔵1階 神輿行列衣装 IMG_0347

2階は近年90を過ぎて亡くなったと言う、おばあちゃんが暮らしていた部屋

80を過ぎても、この階段を上り下りしていたとか
「かなり」急角度。

岩村 木村邸 老松小屋 入り口階段 IMG_0356

室内・・・何かオシャレ

岩村 木村邸 老松小屋 IMG_0354

岩村 木村邸 老松小屋 IMG_0355

藩主が来た時には、一番手前の間で過ごしたとか
画像奥が藩主用の玄関

岩村 木村邸 IMG_0359


余談ですが

江戸時末期の1858(安政4)年に私の故郷である北海道函館市にあった箱館奉行所から、当時の岩村藩に陶器の生産をして欲しいとの依頼があったそう。
これにより足立岩次と言う陶工が派遣され、箱館焼と言う陶器を作る試みがなされた(結果的には採算が取れず失敗)と言う記録が残っています。
※記事参照元 http://turuta.jp/story/archives/729

これも何かの縁・・・なんですかね。


さて、今回の岩村訪問記はこれでお終い。
岩村にはまだまだいろんな見どころがあります。いっぱい見て、いっぱい思い出を作って来てくださいね。

岩村に行った際に撮った写真を、写真SNSのFlickrにまとめてあります。
よかったらご覧ください。
※引用元さえ明記してもらえれば、引用・転載は構いません。ブログのコメントにひと言だけ連絡お願いします。

https://www.flickr.com/photos/138474798@N03/albums/72157692793877952




posted by てっちゃん at 14:27| Comment(0) | 飛行機とは全く関係ない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月28日

NHK朝ドラ「半分、青い」のロケ地 岐阜県恵那市岩村町に行ってきましたB

テレビの影響力と言うものは、本当にスゴイ。激混みと言うわけではなかったけど、行列ができていたところもありました。
今日の記事は岩村が再び脚光を浴びたきっかけになった、NHKの朝ドラ「半分、青い」の番組展の写真です。

面白いのは、場所。
江戸時代後期から残る商家を使っていました。

岩村にてNHK朝ドラ「半分、青い」番組展開催中 IMG_2746

この勝川家、江戸末期から台頭してきたそうです。
古い建物と言うのは、人を惹きつける不思議な魅力があるもんです。

中の展示の様子。
中で写真撮る方も大勢いました。

岩村にてNHK朝ドラ「半分、青い」番組展開催中 IMG_2750

岩村にてNHK朝ドラ「半分、青い」番組展開催中 IMG_2748

岩村にてNHK朝ドラ「半分、青い」番組展開催中 IMG_2749

岩村にてNHK朝ドラ「半分、青い」番組展開催中 IMG_2747

こう言うテレビドラマ関係の展示は、著作権がうるさくて写真撮影はNGのところが多いもの。
でもこうやって写真撮れれば、想い出になりますよね。

場所はこちら。古い街並みが続く通りに面してます。



場所などわからないようでしたら観光協会へ
昔の銀行を利用した、なかなか趣ある建物です
※画像左の白い建物

岩村 観光案内所 IMG_2726_2

のんびりとした街並み

岩村 通りの風景 IMG_2739

次回で最終回
江戸中期から末期に栄え岩村藩が財政危機に陥ったときには、資金を調達して危機を救ったと言う木村邸についてです。



















posted by てっちゃん at 21:44| Comment(0) | 飛行機とは全く関係ない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月27日

NHK朝ドラ「半分、青い」のロケ地 岐阜県恵那市岩村町に行ってきましたA

NHKの朝ドラで盛り上がってる岩村町。ちょっと前までは、岩村と言えば日本酒「女城主」。そして蔵元である岩村醸造が、岩村の代名詞の1つでした。今回はこの岩村醸造に行った時の写真をアップします。

毎年冬に蔵開きが行われる、この蔵元。普段でも内部を開放。試飲もやってます。
甘酒のソフトクリームなんてのもあるので、お酒が飲めない方や子供さんでも気軽に行けるスポットです。

店の外観

「女城主」岩村醸造 IMG_0303

20年ほど前までは、店の内部をトロッコが走っていたとか。
原料のお米や、出来上がったお酒の運搬に使われていたトロッコの線路が、今も残っています。
その長さ、約100m。なので蔵元の建物は、奥へと長くなっています。

「女城主」岩村醸造 IMG_0304

「女城主」岩村醸造 IMG_0309

お店に入ってすぐ、試飲コーナーと物販コーナー。
試飲は基本、無料。

「女城主」岩村醸造 IMG_0315

岩村醸造には、数多くの著名人も訪れてるそうです
サイン入り色紙が、こんなに

「女城主」岩村醸造  IMG_0307


建物の一部は築300年だとか。
新しく造られた部分も、とても趣があります。
何かホッとする雰囲気、時の流れがゆったり・・・そんな感じを受けます。

「女城主」岩村醸造 IMG_0305

「女城主」岩村醸造 IMG_0310

風情ある中庭
今から400年以上も前に、時の藩主が整備したと言う天正疎水が流れてます。
じっと耳を澄ますと聞こえてくる、水の流れる音に心が洗われます。

「女城主」岩村醸造 IMG_0306

さらに奥へと進むと、酒蔵。
季節が外れているため仕込みは行われてませんが、見学はOK。

蔵開きでお酒が振る舞われるのが、このスペース。
だいぶ前に来たことあります。ここでみんな、大盛り上がりです(笑)

「女城主」岩村醸造 IMG_2734

樽は、今は木を使っていないようですね

「女城主」岩村醸造 IMG_2737

日本酒の仕込みについて、各工程が説明されてます

「女城主」岩村醸造 IMG_2738

今回の訪問では、日本酒を2種類。
うち1つは大吟醸のにごり酒。しかもスパークリングと言う、ちょっと珍しいタイプ。

日本酒と言うか、お酒がすっかり飲めなくなってしまった私ですが
嫁が選んだこのお酒、スッキリとしてとても「まいぅ〜」でした(^^♪

地図載せます。私達は近くの岩村振興センターの駐車場に停めました。何と無料です。助かります。
ここからだと、岩村醸造まで歩いても5分かからないくらいです。





岩村訪問記、まだまだ続きます。
次は最近オープンしたインスタ映えする、カステラカフェのお話しです。













































posted by てっちゃん at 08:10| Comment(0) | 飛行機とは全く関係ない話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする