2019年04月19日

アメリカ海軍公式Flickrで超絶カッコいい写真ありました

これ、カッコいいわwww
著作権見たら「Some rights reserved」になってるから、改変無しで作者明記ならOKでしょう。

出典元はOfficial U.S. Navy Page
作者は当然アメリカ海軍
※画像クリックで元画像のページが開きます。もちろん大きい画像を見ることも可能

@USS Kearsarge (LHD 3) conducts flight operations.

USS Kearsarge (LHD 3) conducts flight operations.

AAn SH-60R Sea Hawk helicopter turns as an F/A-18F Super Hornet prepares to land aboard USS Abraham Lincoln (CVN 72).

An SH-60R Sea Hawk helicopter turns as an F/A-18F Super Hornet prepares to land aboard USS Abraham Lincoln (CVN 72).

極めつけはこれ
鳥肌モノの迫力

BAn F/A-18F Super Hornet prepares to launch from USS Harry S. Truman (CVN 75).

An F/A-18F Super Hornet prepares to launch from USS Harry S. Truman (CVN 75).

写真を撮った方「 Mass Communication Specialist 」と言う肩書きを持つそうです。
さすが見せ所を心得てらっしゃる(^^♪

















posted by てっちゃん at 21:52| Comment(0) | 撮影術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月15日

画像を無断使用されました プロの写真家でもない私が使用料を請求します その4

今回は弁護士に面談に行った話です。(ちょっと加筆して、再アップ)思ったより進展したわけじゃないけど、自分が調べていた事の裏付けもできたし、専門家ならではの視点からの話を聞けたのは大収穫。
行って良かった。わざわざ名古屋まで(笑)

ちょっと長いです。
お時間ある時にどうぞ

もう少し早いペースで事が進むかと思ってましたが、意外と進みません。
会社勤めしながらだと、なかなか進まないと思った方が良いですね。

@弁護士はこうやって選びました




先日電話した弁護士の方、そして警察の方がまさにこのタイプ。
話をするだけムダ。絶対に相手にしちゃいけません。

そもそも著作権法に、プロとか素人なんて条項なんてないだろ。

で、ネットで調べてみた。
Googleで「愛知県 著作権 弁護士」と検索

著作権を専門とする弁護士さんのサイトも出てきましたが、そういう事務所は費用が心配
経済的に余裕がない私にはムリそう・・・

「ココナラ法律相談」と言うサイトでは、著作権に強い弁護士さんも登録しているのを発見
それぞれの弁護士の詳細を見ていくと、「初回相談無料」とか「分割払い可能」とか「法テラス利用可能」等々が載っています。
※クレジットカード可能の先生もいますよ(^^♪
また注力分野と言う欄も参考になります。

このページから、それぞれの分野で検索できます
※インターネット上の画像無断使用等は「インターネット」分野で検索すると良いでしょう
ページは以下のリンクをクリックすると、別タブで開きます

ココナラ法律相談

もう1つ参考にしたサイトが「Legalus」と言うサイト
こちらもそれぞれの分野を得意とする弁護士さんを検索できます

Legalus 著作権 ネットトラブル

できるなら複数の意見を聞きたいと言うことで
いろいろ調べて、2人の弁護士を選びました。

今回伺ったのは、そのうちの1人。

A持っていった資料

元画像=自分が撮った写真
当たり前ですが必須です

私の場合、元々撮った写真が暗い感じがする辛気臭い(笑)写真でした
それをフォトショップで明るさを色温度を上げて、暖かいイメージに仕上げてます

なので元々の画像とフォトショップで補正した画像、2つを持って行きました
先生、これを見て「独創性、芸術性は認められるよね」と言われました。

案件Aは画像が削除されているので、見つけた時に保存していたWebページとそれをPDF化したもの
またこのケースはサムネイル表示のページなので、クリックして大きく表示された画像

案件Bはまだアップされたまま。
※ホテル予約サイト3つに無断使用してますが、先方とはコンタクトを取っていません。
削除して知らん顔するのがオチですから、まだ泳がせてます。
なので、現在表示されているサイト3つがすぐに見ることができるようにしておきました。

私はipad proの12.9インチを持っているので、資料を見せるには重宝しました。
ノートPCとかタブレットを持っているかたは、この方法をおススメします。
ただし、元写真(画像)等は最低でもB5サイズでプリントして持っていきましょう。
端末の画面とプリントした写真を見比べることができますから。
片手に自分の画像、片手に無断使用されてる方の画像(パクって使ってるサイト等)これ大事です。

端末を持っていない方は、プリントアウトして行くと良いでしょう。

これらの資料を基に、現状がどうなっているか
どのようにパクられてるのかを説明しましょう。

B自分がどうしたいか、何を相談したいかハッキリ伝える

自分はどうしたいか、何がわからないかをハッキリ伝えましょう

私は2つある案件を持っていきました
画像の無断使用と言うことで著作権侵害で訴えたい、損害賠償を請求したい
素人の写真が無断使用された、著作権侵害で訴えることはできるか
出来れば2つともと行きたいが、費用的に不安があるのでまずは案件Aを優先したい
と先生に伝えました

ちょっと休憩(^^♪




まずは
「プロの写真家でもない私の撮った写真に、著作権侵害が成り立つのか」
と言うところから開始です

ここから先は、私が今回相談した先生の見解です
その点ご了承の上、読み進めてください

C著作権侵害が成り立つか、訴えることはできるか

撮影者がアマチュアで趣味で撮った写真でも、画像を無断使用されたら著作権侵害が成り立つ。
案件Aについては、トリミングされてるので著作者人格権侵害で(金額は大きくないにしても)慰謝料が請求できる、とのこと。
※取れるとしても10〜20万。目いっぱい行っても30万行くかなぁ・・・と言う言い方でしたね
当然案件Bについても著作権侵害が成り立つので、使用差し止め請求ができるそうです。

D使用料の算出について
※別の弁護の方は「使用料」と言うのは使用許諾を出した場合で、無断使用なら「損害賠償」になると言ってました

金額の算出に、特に根拠は必要ないそうです
※その金額が相手との交渉や裁判で認められるかどうかは話は別
一般的に画像販売大手のアマナイメージズの料金が相場と言われてますが、とお話ししましたが特に否定はされていません。

E使用期間の計算について

使用料と言うからには、使用期間も問題ですよね?と質問

アップした(削除された)日時がページに書いてあるなら、それがベスト
それが判明できなければ、自分が無断使用を見つけた日もしくは該当画像を自分がネットに上げた日

私の場合、風景写真が楽天トラベルで使われました
ホテルの近くにこんなところがあるよー的なつもりで使ったのでしょう

ホテルの宣伝ですから、部屋の写真やらお風呂などの設備の写真も上げなくてはなりません
観光スポットだって、1か所じゃないです
となると、どの写真をいつ上げたかなんて、まず思い出せません

念のため、楽天トラベルに問い合わせてみました
当たり前だけど、公的機関からの問い合わせにのみ回答するとのこと
でもまぁ、それがわかっただけでも収穫。そうやってきちんと回答をもらえるのは、ありがたいことです

G費用

今回相談した弁護士の場合、着手金は10万(最低ライン)で裁判を起こすとなるとさらに10万が必要
※最低着手金は弁護士よって違うみたいですので、ご確認を

H今回の相談の結論

訴訟を起こすことは可能
しかし弁護士費用を回収できるだけのリターンがあるかと言う点は厳しい

法テラスを使うか、安くやってくれる弁護士を探すかした方が良い
・・・とのことでした。

私もお金に余裕があるわけではありません。
生活を脅かしてまで訴訟を起こすか・・・となると、厳しいところはあります。

なので、今回はこの弁護士に頼むか否かは保留
費用の安い方法を探す方向です。

また、もう1人の弁護士の方がアポが取れていないので
そちらとも近いうちに面談するつもりです


※追記
アタマに来てるので、ネットに晒してやろうかと画策しましたが
「名誉棄損になる可能性があるよ」と諭されました。
たとえ事実であろうとも、止めた方が得策・・・とのこと
良い子は守ってね☆




この件については「弁護士ドットコム」と言うサイトにも質問出してます
こんな回答をいただくことができました。
参考になれば幸いです

画像がトリミングされ無断で商用利用されました 損害賠償等請求できますか?


しかし
他人の写真を勝手に宣伝に使って、あとは知らん顔してるのも腹が立つ
商用利用されてます

おそらくは公告にカネを使いたくない
でもcopyrightのロゴが入った写真はつかいたくない
そこで検索かけて引っかかった写真を「安易に」使ったのでしょう

どことは言いません。名誉棄損の可能性があるので
私の撮った写真を勝手に使ったのは、函館の某ホテル。しかも2社。

私も函館出身。
あの写真のスポットね、昔はホントにさびれたところだったのよ
潮の香りと言えば聞こえはいいけど、廃油か何かの匂いやら何やらかんやらが混じってクサいし

それが今では、多くの観光客が訪れる一大観光スポット
ホントに良いところ☆
関係者の方々の努力の賜物です。

なので、少しでも多くの人に訪れて欲しい。函館を応援したい。
そう言う想いからブログや写真投稿サイトにアップしたのが、あの写真。

それを奴らはケチくさい考えで安易に使った
画像の無料サイトなんて、「探せばいくらでもある」
先方と話をしたら「?」て反応

著作権の事なんか考えてもいない
おそらくは勉強すらしていないでしょう

宣伝に知恵をしぼろうとすらしていないよ、こいつら。
その安易な姿勢に腹が立つわけです
儲けたいならアタマ使えよ、て話ですわ。


とは言え、お金やさまざまなことでハードルが高いのも事実
また進展がありましたら、このブログにアップします。

何かご質問があるようでしたら、コメント欄に書き込んでください。
わかる範囲でお答えしたいと思います。


※記事中の桜の写真。私が撮影した者です。著作権放棄してません。
無断転載は厳禁。
桜の写真なら、無料画像サイトにいっぱいありますよー。しかもキレイで見事なものが(笑)











































posted by てっちゃん at 08:08| Comment(0) | 撮影術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月14日

飛行機写真展開催☆ぜひお越しくださいませ

ツィッターのフォロワーさんたちが、飛行機写真展を開催されるそうです。
しかも記念すべき第1回。しかも令和元年。

実は別のフォロワーさんも参加していてDMでお誘いを受けたのですが
この際、ブログでも(微力ながら)応援させていただこうと思いまして(^^♪

興味のある方、お友達も誘ってぜひお越しくださいませ。





場所はこちら



すいとぴあ江南の公式サイト アクセスのページは以下のリンクからどうぞ

すいとぴあ江南公式サイト アクセス方法

お車でお越しの方、ルートによっては細い道もあります。
運転にはくれぐれも気を付けてお越し下さいね。


普段ツィッターで写真を見てる方たちなので、どんな写真かワクワクします(^^♪

















posted by てっちゃん at 21:23| Comment(0) | 撮影術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月02日

画像を無断使用されました プロの写真家でもない私が使用料を請求します その3

この件で警察に相談したお話しです。
結論から言うと「話にならない」でしたね(笑)
もう苦笑いしか出てきません。

頼もうと思っていた弁護士の方が、超多忙で2週間は対応できないと返事が来たことは、先回の記事で書きました。
時間があるのでその間に警察へも相談してみようと思い、地元の警察に電話。

画像が絡む話だし見てもらうのがイチバン、あちこちパクられてるから話も長くなるだろう
だったら、あちらも都合があるだろうからアポを取ったほうがいいよなぁ、と。

で、出てくれたのが保安課の方。
事の概要をお話ししたら
「写真は著作物とは認められない」
私的には、ここでもう頭が真っ白(笑)

いろいろお話をしたのですが
「無断で使われる可能性もある」
だから
「ネットに上げるのが悪い」
的なことまで言われました。

この保安課の方、ご自身は著作権にはあまり詳しくないと
なので、一度確認して折り返し電話します・・・で、その場は終了

この程度の認識しかない人が担当?
もう不安しかありません。

3時間ほどして、先方から電話があったものの、仕事中で出れず
なので今日、私から電話。

何を確認したのかわかりませんが
結論と言うか、先方の言ってることは変わらず

事件として扱うのは難しい(刑事告訴も考えてる旨は告げてある)
なぜなら
私の写真が著作物と認められるか難しいから
無断使用(無断転載)を認めていないなら、転載禁止等の表示をひと目でわかる位置に表示しなければならない
(フォト蔵にアップした写真は、画像をクリックした先のページに表示してあるので、それがイカンと言ってます)
※ブログの方にはページ下部に All Rights Reservedが入ってるんですけどね

今どき、こんなことを言う人がいるなんて
しかも警察で著作権侵害を扱う部署に・・・です。

それよりも「証拠等々すぐに見れるように用意してる」と言ってるのに、それを見ようとすらしないこと
オリジナルの画像も、写真を載せた私のブログも転載先のサイトも何も・・・です。

オリジナル、私が撮影した写真には@ABと3つの特徴があります
無断転載したサイトはここ、この画像にはこの3つの特徴があてはまってるでしょ?
と見ながら説明もできるのですが、それすらもしようとしない

これで見切りを付けました
「コイツじゃだめだ」と。

あとは弁護士通しますと告げ電話を切ろうとしたんですが
「画像の掲載サイトに削除するよう注意しますが、どうしますか?」
としつこい。3回くらい食い下がられましたね。

これで確信しました。
事件(刑事告訴)として扱うのがめんどくさいんだ、と。

なので、この場は撤収。
弁護士が決まって、相談してからの方が良いですね。

今回の反省
@やはり、まずは弁護士に相談。警察は弁護士が付いてれば態度がコロッと変わる可能性大。
話をしていて「弁護士がー」と切り出すと、態度が変わった印象は否めません。
A警察に電話するにも直接所轄にではなく、一度県警本部に相談の電話なりメールをするのが、よりベターでは?
警察は縦割りの組織、ゆえに上から言われればイヤとは言えない可能性はあるかと思います。



今日のところは、ここまで。
また何か動きがありましたら、書きます。



あと
NAVERまとめに画像をパクられて使用料を請求、徴収したお話しもありますが
それはまた機会を見て。

いろいろ見たら、NAVERまとめのキュレーターに使用料を請求した話はけっこうあるようです。
しかし運営元のNAVER社は投稿者に責任をおっかぶせて、知らん顔。当然、支払いに応じてません。
これもちょっと考えもの。

プロバイダー責任法?
著作権者から侵害の申し立てがあった時点で、該当画像を削除すれば賠償責任は負わなくても良いみたいです。
私の画像が侵害の申し立てをして、いつの間にか(著作権者に通知なしに)削除されていたのは、賠償責任逃れもあるのかも知れません。

これに風穴を開けるネタが出てきたかも知れません。
またNAVERまとめに私の画像がパクられてた(笑)







posted by てっちゃん at 22:27| Comment(0) | 撮影術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月26日

画像を無断使用されました プロの写真家でもない私が使用料を請求します その2

今回のてんまつをざっと書いた、先回の記事。なんと4400ものアクセスがありまして。
それだけ皆さんの関心が高いんだな、と改めて気が引き締まる思いです。

さて

弁護士に依頼すべく「この方なら」とメールにて相談してみましたが
さっそくつまづきました(笑)

非常に多忙につき、対応できるのが2週間後
と事務所の方から電話連絡

弁護士難民です(-_-メ)

待つか、他をあたるか
ちょっと思案中

ある意味これは他の手も考えなさい、と言う神様の思し召し?
なので他の手を考えました

刑事告発するか(できるか)どうかは別としても
警察に相談しようかと思いまして

この件をボソっとつぶやいたら、ツィッターのフォロワーさんからDMが来まして
その方はプロの絵描きさん、しかもベテランの方
ご自身の経験をいろいろと教えていただきました

この中で「警察」と言う話が出てきました
詳細はごめんなさいです

刑事告発にしても、民事で使用料を請求するにしても
この写真は私のですよ、と言う証拠を出さなければなりません

この件、無断使用が判明しているのは1法人と3個人
@1法人は楽天トラベルでの無断使用
A1個人は個人ブログへの無断転載。しかも2枚。私のブログをまるまるパクってます(怒)さらに今現在も残ってやがる
B2個人はNAVERまとめでの無断使用。Aの個人ブログからの引用し記事を投稿。別のまとめ記事がまた引用と言う、使い回し状態。

楽天トラベルで無断使用したのは、某ホテルチェーンなんですが
あのサイト、ホテルの部屋や料理、その他画像は当然自前でアップする仕組みのはず
管理画面があって、そこで画像をアップするんでしょうが
ネットの画像はタダで誰でも使って良いとか思っていたようです

気になって先日グーグルで画像検索かけたら、あらたに2法人で無断使用を発見
1法人はホテル予約サイト3つで使ってくれてます。これは当然3倍プラス割増金です
もう1法人はちょっと意外な業種

この新たに発見したところは、警察に相談してから動くつもりです
それまでは泳がせておくつもり

それに法人が相手となると、ヘタに動くと返り討ちともなりかねません
きっちり証拠を警察なり弁護士に見せてからの方がいいでしょう

この新たに発見した連中も含め
全て、WEB魚拓とスクリーンショット、HTMLソースを保存してあります

ただ
他人様に説明するにはごちゃごちゃしてるので、整理せなアカンな・・・というのが今現在です。
相談するにもわかりやすく説明しないと、味方になってくれないですから。

警察に相談・・・で、ちょっと調べたら、こんなページがありました。
イラストの場合のようですが、勉強になりましたね。

おそらくは地元の警察署の生活安全課となるんでしょうが
「めんどくせぇ」と相手にされない可能性もあり(笑)だって警察ですから
以下のサイトの方のように、きちんと相談に乗ってくれるかどうか、そこがイチバン心配ですわ

togetter 2016.04.11 アフィリエイトサイトに無断転載されたので警察に相談してみた



また何かありましたら、このブログに書きます

ホントはね
好きな飛行機の話とか写真とかをアップしたいのよ、私。
それだけに無断使用しやがった連中には、むっちゃ腹が立ってます。












posted by てっちゃん at 22:21| Comment(0) | 撮影術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする