2019年07月31日

私の撮った写真を勝手に使った病院に使用料を請求したら弁護士からお手紙が来た

配達証明とか書いてあるから、どんなことを言ってきたかと思ったら・・・苦笑いしか出なかった。
この弁護士の先生、検事あがりとのこと。主に扱ってきたのは刑事事件。
著作権に関しては、私から言わせれば「全くの素人」レベル。

※係争中なので、どの画像かはアップしません。現在は削除済み。Googleの検索にも引っかかりません。

そう思った理由その1
今回パクられた写真、使われたのは7年前
某ホテルが無断使用していた件で、今年の3月に「他にもないか」と画像検索かけたら見つかったのですが
「7年も前だから時効じゃないか」と。

画像の無断使用にかかる、損害賠償請求権(民事)の時効は
「損害や侵害者を知った時から 3年」
※参照元 https://yourbengo.jp/houmu/682/

いつから使ったか?ではなく、勝手にパクッた奴が特定できてから
なんですが、それすらご存知ないようです

その2
今回の写真が使われたのを、どこで知ったのか怪しい(とは言ってませんがw)
答はカンタン(笑)
googleの画像検索でーす(爆笑)そんなことも知らないのかねぇ。

画像が無断使用された件でクライアントから相談されたんでしょ?
であれば、それくらいは考えるべきもの

今回の件、ある病院で使われたんだけど
事務長さんに損害賠償をしてます
使用期間7年、無断使用で倍。二けた万円。

金額見てビビったのか、あわてて弁護士に相談したんだろうねぇ
メールでは私の住所なんぞ○○市しか書いてないのに
ちゃんと住所が書いてある(笑)

IPアドレスから発信者情報開示請求かけたんだろうね。
こっちは疾しいことなんか何もないから、別にいいよ。

ただ
逆にこういう素人さんの方が、相場とか常識を知らないだけに
話が進まない気はします。

金額は別にどうでもいいのよ
医者なんてさ、自分の論文とかパクられたら大騒ぎするでしょう
それが人の画像を「無断で」使ったクセに知らんふり?あり得ませんがね。

個人のブログとかなら「まぁいいか」でもいいけど
今回のケースは、ある意味商用利用
ダメです

ツッコミどころ満載のお手紙をくれた弁護士さん
とりあえずは、ゆっくりじっくりお話ししましょうかね

逆に訴訟?
それも良いかもw
ここの病院のドクター、画像を無断で使うんだ。
論文の画像を勝手に使われるかも知れねぇな、あぶねぇあぶねぇ。
学会じゅうにウワサが広まるだろうねぇ。


また何かありましたら、記事にします。
乞うご期待(^O^)/






posted by てっちゃん at 21:35| Comment(0) | 撮影術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月19日

NJAVERまとめで私の写真を無断使用されていたのをLISAHで発見 著作権侵害を申し立てました

画像を無断使用されました プロの写真家でもない私が使用料を請求します その7として
運営元が開発したLISAHと言うプラットフォームを使い、画像を検知。
NAVERまとめへ発信者情報開示請求をかけました、と言うお話を記事にします。

文章力が無い私ゆえ、長い記事です
時間がある時にでもお読み願います
また何か質問などありましたら、コメント欄に質問いただければわかる範囲でお答えしますね。

画像のパクリ天国と悪評高いNAVERまとめ。
私が撮影しネットにアップした写真が、今のところ(今のところ・・・ですよ)4枚、8記事に使われていました。

@そもそも無断使用を発見するには

NAVERまとめに的を絞るのなら、運営元のLINE社が今年開発したLISAHと言うプラットフォームがイチバン手っ取り早いです。

LISAHについてはこちら→ https://lisah.jp/about

まずは「トライアル会員登録にすすむ」をクリック
メールアドレスだけで画像検知機能が使えます

使えるようになったら「これは」と思う画像を「コンテンツ登録」と言うページから登録します
画像をドラッグ&ドロップするだけのなで、とっても簡単

そうすると、AIが自動で検知してくれます
今回新たに3枚、5記事を発見してくれました
「こんな写真、まさかパクらないやろ」と思っていたのもありました(笑)

「LISAH」て精度としてはどうなの?と思っていましたが
なかなか精度も良さそうと言う感想を持っています。

A見つかった画像がこれ

該当ページへのリンクは貼りません。
今日、LINE社へ画像の無断使用にかかる著作権侵害を申し立てたので、数日中には該当画像は削除されるでしょうから。
削除すれば、プロバイダー責任法?で運営元として責任を取らなくてもいいようになっているもよう
NAVERまとめは「そう言うところだけ」早いです(笑)

定番の函館夜景

函館夜景 500KB版
函館夜景 500KB版 posted by (C)てっちゃん

これ、Gogleの画像検索使うと、似ている画像も含めとんでもない数のヒット出てきます

でも私の「特徴のある(笑)」写真を見事に検知しましたねー
しかも3件

牛柄が有名な「モーモータクシー」

函館 モーモータクシー  その2
函館 モーモータクシー  その2 posted by (C)てっちゃん

そして観光スポットとして有名な、旧イギリス領事館
庭園を撮影した写真

旧イギリス領事館庭園と函館山
旧イギリス領事館庭園と函館山 posted by (C)てっちゃん

B証拠を取るのは必須。絶対。

特に後々裁判を考えてる人は、必ず・・・です。
やつら即行で削除、逃亡しますので

web魚拓を取る(魚拓についてはググってください)
私はhttps://megalodon.jp/http://archive.fo/ を使ってます

スクリーンショット、そしてページをPDF化したものも取っておきましょう

パソコン上でwebページの保存もやっておけば安心です。
証拠を取ったうえで相手にコンタクトを取ります

CLISAHを通じて投稿者にメッセージを送る

このLISAHには、画像を勝手に使った投稿者に直接メッセージを送る機能が付いてます
今までは書類を揃えた上でLINE社に発信者情報開示を請求、と言う手間も時間もかかる作業がありましたが
それが無くても投稿者にこちらから連絡を出来るのは、非常に手っ取り早い

・・・のですが、「案の定」ガン無視(笑)
5/13の夜に3人へメッセージを送信してますが、1人も返事が来ません

ネットにある画像は他人が撮ったものであろうと何であろうと関係ねぇ、と言う連中です
最初から期待してませんが

ただ、後々「ちゃんと連絡したよね?」と言う証拠にはなります
外堀はキッチリ埋めておくことが肝心
その点でも、このメッセージ機能はとても便利

DLINE社へ発信者情報開示請求

ここで運営元へ発信者情報開示請求について一連の流れを紹介します
以前はプロバイダ責任制限法で決められた書式を用いる形でしたが、今はお問い合わせフォームからでもOKな形になりました

NAVERお問い合わせフォーム https://help.naver.jp/help
へアクセス。
プルダウンメニューから「まとめ」を選択し「次へ」をクリック

お問い合わせフォームページへ移動
種類のタブで権利侵害申告を選択し、名前やメールアドレスを記入。

著作権を保持している本人なのか
肖像権など別の権利ではなく、著作権なのかをプルダウンから選択

パクられた画像がアップされているページのURLと
自分がアップしたページのURLを記入

お問い合わせの内容に
画像を無断使用されたので著作権侵害を申し立てる、と言った旨を記入。

入力内容の確認がOKであれば送信

必要な書類

・印鑑証明書(取得から3ヶ月以内の原本)
 ・住民票(取得から3ヶ月以内の原本)
 ・運転免許証
 ・住民基本台帳カード
の中から2点

これらをスキャンして、メール添付で送信すればOK

私は5/19現在、これから必要書類を揃えてLINE社に送るところです
向こうが書類を受理してから、投稿者に情報を開示していいか聞き取り
(要はプライバシー保護が絡むんだろうけど、どっちが被害者だよって話だろ)
こちらに連絡先(メールアドレス等)の通知まで約2週間

書類として封書で来るのですが
先回は2ヶ月くらいかかりましたね

今回もこれくらいかかるんだろうなぁ

NAVERまとめは画像の無断使用について、もう1歩進んだ対策を取り始めた様子
無断使用を検知するLISAHを出したこともその1つ
無断使用が少しでも無くなれば良いなぁ、と思います

また何か動きがあったら、記事書きます













posted by てっちゃん at 15:40| Comment(0) | 撮影術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年05月15日

画像を無断使用されました プロの写真家でもない私が使用料を請求します その6

5/1にCOPYTRACKと言う使用料回収代行サイトに何件か依頼して、現在進行中。
相手先にアプローチをかけた、と言う連絡があったところです。

画像の無断転載による、著作権侵害にどう対処していくか。
やはり弁護士に委任・・・と言うのが、一番確実。もちろん著作権に強いと言うのは絶対条件。
しかし、お金がハンパなくかかります。

著作権に疎い方だと「芸術性がー」「写真の1枚や2枚、別にどうってことないでしょ」とか言いだします(笑)
権利を守るべき弁護士が、権利を侵された人間を「平気で見捨てます」

この点、ネットで調べておいたのと
ツィッターのフォロワーさんから、いろいろ教えて頂いていたのが役立ちました

著作権に強い、と言うキーワードで検索、さらに弁護士個人や事務所のプロフィールなどを調べて
この先生なら、と相談した弁護士は2人。

まず交渉を委任するにあたり必要となるのが「着手金」
片方は10万、もう片方は30万(驚

30万と言う先生、これ吹っかけてるわけでもなんでもなくて
ある弁護士法人に所属してる方なんですね
この先生、個人的にはねぇ・・・と言うものの、着手金を自身で決める(変更)できないから、と言われてました
自分的には、この言葉で納得です

さらに相手を個人レベルで特定するのに発信者情報開示請求をするとなると、ケースにより3〜5万
いざ裁判となると、これに加えて10万以上のお金がかかるとのこと

私みたいな貧乏人には、とてもムリ。絶対ムリ。

そこで見つけたのが、COPYTRACKと言うサイト。
無断使用にかかる使用料、と言うのと同時に「使ってもいいよ、でもその分のお金も請求するからね」と言う考えのサイトみたいです。

本家はドイツですが、公式サイトは日本語でも閲覧可能
東京にも事務所あります。もちろん日本人の方が対応してくれます。

以下にリンク貼ります

https://www.copytrack.com/

相手が素直に応じればそれでよし
無視すれば(日本の場合)弁護士が出て行って交渉するシステム

サイトの利用料はもちろん、弁護士費用もタダ
何故か?無断使用した相手から取ったお金の内、約半分を「完全成功報酬」として受け取るから

となると、弁護士の方も頑張らざるを得ないわけで
いろいろ調べると、それなりに成功してるようです

5/1に、ホテル予約サイト4つで無断使用した函館のホテルについて依頼
また、自社のホームページにパクッた会社についても依頼

Amazonで無断使用した会社については、投稿した人間=会社とは限らないのでこれは不可と連絡がありました
しかしこれは、私が直接アプローチしてみるつもり

こういう交渉事は時間がかかると思っておいた方がいいみたい
でも金銭的にも精神的にも負担が少ないのは、本当に助かります
今のところ様子見・・・と言うのが現状です。



でも・・・

今回パクられたのは函館の風景
無断使用した相手は全て故郷函館のホテルだったり、会社だったり

地元なんだから、自分で撮りに行けばいいじゃん
そんな簡単な事にすら手間を惜しむ
そのくせ儲けたい

言いたいことは多々あるけど、今は言いません


また何か進展があったら、記事書きます






posted by てっちゃん at 21:58| Comment(0) | 撮影術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月21日

画像を無断使用されました プロの写真家でもない私が使用料を請求します その5

今日はYahoo!ブログにパクられてた記事に、どう対処していくか備忘録的記事です。
Yahoo!ブログは2019年5月で公開終了。時間が限られてる中でYahoo!と相手がどう応えてくるか、厳しい。
でもまずは動かなきゃ、と言うところです。

私の撮った写真をまんまパクッたブログがこれ
スクショ撮りました
※一部ボカシ入れてます

記事のアップは2012年4月

F6A008FF-7C0E-4264-86E4-B458CBDB9FA1.jpeg

このブログ記事から、あちこちのまとめサイトに拡散
NAVERまとめやDeNA系のまとめサイトにも転用されました

対して、パクられた私のブログ記事がこれ
今は放置の楽天ブログ
記事のアップは2008年10月

9BCC221B-4F25-48FB-B15C-17F2DB0ADF07.png

無断使用を見つけた時に、勝手に使ったことを相手にコメント欄で送ったのですが
完全無視と言う状態。

そこで運営元のYahoo!へ著作権侵害を訴えたわけですが
「著作権侵害にはあたらない」との回答

当然、理由なんて言うワケなどなく

どうしたもんかなぁ・・・と悩んで、早半年以上が過ぎてしまいました。
自分が忙しかったのと、他の無断使用の対応に気を取られていたのと
気が付いたら、Yahoo!ブログが公開終了間近。

笑うに笑えません(>_<)

あのNAVERまとめでさえ、今は画像の無断使用における著作権侵害はあっさり認めるんですが
Yahoo!は変わったかどうか・・・とりあえず、再度訴えてみることにしました

画像のパクリ→著作権侵害を認める→発信者情報開示
・・・とスムーズに行けば良いなぁ、と「淡い期待」を抱いてます。
ダメならダメで、また違う手を考えれば良いだけ。

今日2019年4月21日に以下のフォームから
Yahoo!ブログで画像の無断使用がある、画像の無断使用=著作権侵害で発信者情報開示請求をかけたい
と送りました。

Yahoo!ブログの問い合わせフォーム・・・
どこにあるかホントにわかりずらい。とにかくわかりづらい、と言うより「ムリだよ、見つけるの」てレベル
でも、こうでもしないと問い合わせが殺到して、とんでもなく大変だろうなぁ、とも思います

Yahoo!知恵袋なども駆使し、やっと見つけたアドレスがこれ

https://blogs.yahoo.co.jp/FRONT/FORM/violation_report.html


まずは返信待ち。
今日は以上。



NAVERまとめで無断使用されている画像がないかを検出するサービス、と言うのがあるそうです。
これはまた別記事で。


posted by てっちゃん at 22:42| Comment(0) | 撮影術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年04月19日

アメリカ海軍公式Flickrで超絶カッコいい写真ありました

これ、カッコいいわwww
著作権見たら「Some rights reserved」になってるから、改変無しで作者明記ならOKでしょう。

出典元はOfficial U.S. Navy Page
作者は当然アメリカ海軍
※画像クリックで元画像のページが開きます。もちろん大きい画像を見ることも可能

@USS Kearsarge (LHD 3) conducts flight operations.

USS Kearsarge (LHD 3) conducts flight operations.

AAn SH-60R Sea Hawk helicopter turns as an F/A-18F Super Hornet prepares to land aboard USS Abraham Lincoln (CVN 72).

An SH-60R Sea Hawk helicopter turns as an F/A-18F Super Hornet prepares to land aboard USS Abraham Lincoln (CVN 72).

極めつけはこれ
鳥肌モノの迫力

BAn F/A-18F Super Hornet prepares to launch from USS Harry S. Truman (CVN 75).

An F/A-18F Super Hornet prepares to launch from USS Harry S. Truman (CVN 75).

写真を撮った方「 Mass Communication Specialist 」と言う肩書きを持つそうです。
さすが見せ所を心得てらっしゃる(^^♪

















posted by てっちゃん at 21:52| Comment(0) | 撮影術 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする