2018年02月01日

小牧基地オープンベースでのブルーインパルス告発 地域住民の数はこれだけいますが

反対してる人達から、賛成にまわる人を1人でも増やすことも、一つの手ではないでしょうか。民主主義は多数決の世界ですが、告発している数が少ないからと言って無視してはいけません。

地域住民からしてみても「ブルーインパルス?どっちでもいいんじゃね?」と言うのが、ホンネかも知れません。
ウチの嫁なんか、その典型的な例。
来れば見に行くし、来なかったら「ま、いいか」そんなもんです。
この告発を機会に、こういう人たちも仲間にしちゃいましょうよ。

私はブルーが大好きです。
だからみんなにもブルーを好きになって欲しい、と思ってます。
押し付けられた方は大迷惑だけど、好きになっちゃえば皆仲間(笑)

小牧基地オープンベースにブルーインパルスが来ることを歓迎する人が、1人でも多くなればいいなぁ・・・なんて野望を抱いてます(爆笑)

今回の告発に参加した住民は388人。昨年の展示飛行の際に、反対の愛知県の大村知事に提出したのが8479人。
ハッキリ言って少ないです。
※人数についての参照元 ブルーインパルスを告発! しんぶん赤旗(1月28日付)

小牧基地周辺自治体の人口は以下のとおり
春日井市と小牧市は平成30年1月1日 豊山町は平成29年4月1日現在の数字

春日井市 総人口:311,708人 世帯数:133,237
小牧市 総人口:153,096人 世帯数:66,277
豊山町 総人口:15,394人 世帯数:6,326

※各自治体ホームページより引用

合計すると総人口が480,198人 世帯数が205,840世帯となります。
単純計算で
告発状に加わった人は 0.08% 反対署名を書いた人は1.7%

小牧基地への進入経路、周回経路には名古屋市北区や西区、犬山市もあるから
告発状や反対署名に加わった人たちが住んでいるのが、この2市1町とは限らない可能性もあることを考慮すれば、割合はもっと少なくなるんじゃないでしょうか。

ただ
この周辺自治体2市1町は、それぞれの首長連名でブルーインパルスの展示飛行を中止して欲しい要望を出してます。
※記事参照元 愛知県豊山町議員 山本亮介氏のブログ 自治体の同意なしにブルーインパルス展示飛行は許されない!

市長(町長)は住民が選んだ住民の代表であることは無視できません。
実際この中止要望は、あちらの人達の主張のよりどころにもなっています。

それぞれの議会でも、この中止要望に反対と言う声が上がっていないのも問題です。
議員だって住民が選んでるんですから、かれらが「中止をー」と言えば、それが住民の声になってしまうわけですから。

一番いいのは「歓迎」の意を示してくれること。
でもそれはなかなか難しいでしょう。

ネットでは署名の運動も広がってるようです
そこへ地域住民にどう加わってもらうか。

あちらは反自衛隊色の強い新聞やテレビも総動員して、ブルーインパルスの展示飛行を潰そうとかかってます(大げさかもしれないけど)
じゃあ、こちらはどう対抗する?















posted by てっちゃん at 21:38| Comment(0) | ブルーインパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月31日

小牧基地オープンベースでのブルーインパルスを訴えた人達 言いたいことはこう

今回の告発に関わっている愛知県豊山町の山本亮介議員が、経緯など詳細をご自身のブログにまとめてます。この件新聞やテレビでも取り上げられていますが、それぞれのメディアの思惑が先行して、肝心なところは抜けていると言う印象です。




なので、興味のある方は山本議員のブログを読んでください。

リンクは、以下のツィート内にあります




そして元空自のパイロットだった、空飛ぶたぬき(@FlyTanuki)さんが航空法の観点から書いた記事も読みましょう。関連していくつかツィートされてますので、合わせてご覧ください。

記事はこちらから

小牧航空祭のブルーインパルスの飛行は航空法違反?

もちろん告発の対象となった、2017年3月の小牧基地オープンベースでの演技飛行の動画も見てくださいね。

私自身、昔々航空自衛隊にいた身。ブルーインパルスも大好きです。
今回の告発、非常に腹立たしく思っています。

しかし腹立ちまぎれに誹謗中傷してもロクことになりません。
向こうの言い分もきちんと聞いて、事実を持って一つ一つ反論していく事が一番大事じゃないかと思ってます。

今はツィッターでもフェイスブックでもインスタでも・・・SNSはたくさんあります。ブログだってあります。
私はこう思ってる、と言うのが簡単に発信できる時代です。しかも何を言っても逮捕されません(笑)

ネットでは署名の動きもあるようですが、せっかくならご自身の思いとか考えを発信してみてはどうでしょうか。何かが変わるかも知れませんから。

まだ言いたいことはいっぱいあるけど、上手く言葉にできません(笑)












ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 20:01| Comment(0) | ブルーインパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月30日

小牧基地でのブルーインパルスを告発した団体について

ブルーインパルスが、昨年の小牧基地オープンベースで行った展示飛行。これ曲技飛行にあたるだろ、航空法違反だろと告発したのは「ブルーインパルスの飛行をやめさせる会」です。

「平和で住みよい小牧をつくる会」ではないですよ。
この告発に賛同しているんであれば一緒だろ、と言うツッコミが入りそうですが
こう言うところをキチンと押さえるクセを付けておかないと、足元すくわれまっせ。

ただ「ブルーインパルスの飛行をやめさせる会」でググると、一番最初にヒットするのがこの団体。
さらに「ブルーインパルスの飛行をやめさせる会」では、SNSとか公式サイトなどは運営していないもよう。

今回の告発に関わっている愛知県豊山町の山本亮介議員に、SNS等はないか聞いてみました。
今のところ返信無しですね。グーグルでもヒットしないので、実際無いのでしょう。

・・・と書くと、この議員へ誹謗中傷の書き込みするバカが湧いて出るかも知れませんが、そういうことをする奴が「バカ」です。止めてくださいね、同じブルーファンとして恥ずかしいから。

ネット万能とは思わないけど、便利なツールではあると思ってる私。
SNSなどを使わないことに、どういう思惑があるかはわかりません。

逆に、この告発で一気に注目されるようになった「平和で住みよい小牧をつくる会」。
「43名が小牧基地現地見学学習に参加 !!」と言う記事。この記事中の画像、2枚目に学習会の様子が写っているのですが、参加者の後ろに並んでる写真に注目。
案の定、以下のようなツッコミが




これについても山本議員からこのような返答が来てます




議員さんがこう言ってるのであれば、この件についてはいいかな・・・と。
万が一の場合はExifデータで争えばいいことです。

あちらの告発に対して、ブルーのファンからは署名運動を・・・と言う動きが出てます。
署名ももちろん有効な手立て。

それに加え
あちらの言うことに対して、きちんと反論することも大事ではないでしょうか。
あなたの言ってることは、こういうところが違いますよ・・・と。
誰が告発したのか等々、事実関係はキチンとつかんでおこうよと言うのは、このためです。

ウチの嫁さんねぇ「ブルーインパルス?どうでもいいんじゃないの?」と
元航空自衛隊員の妻とは思えぬ発言をします(笑)

でもね
そういう人を「ブルーインパルスって最高だよね」て、仲間を一人でも多くしていきたいなぁと思うんですよ。

ブルーのファンだけ盛り上がるのも、大いにけっこう。
このさいだから、世の中も巻き込んで盛り上がりませんか?














posted by てっちゃん at 22:30| Comment(0) | ブルーインパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年01月28日

元空自イーグルドライバーが見た ブルーインパルス告発

あの「けもフレ 痛飛行機」を飛ばしていた空飛ぶたぬき(@FlyTanuki)さんが、航空法の面から今回の告発を考察されています。

けもフレ痛飛行機 9C3A256C-D067-4FD4-86E5-EACC85792960

この方は、ご自身も航空自衛隊のF-15を操縦。ブルーインパルスで使っているT-4で飛行教官も務めてました。
※プロフィールはこちらのページから→https://twitter.com/FlyTanuki

難しい航空法や施行規則について、私達素人でもわかりやすく書いてくれています。
ぜひご一読を

なお、今回リンクをはらせていただく記事は「小牧スペシャル」と言われる、小牧基地での飛行を対象にしてます。他の基地で見られる宙返り・背面などを含む展示飛行とは違うので、その点ご注意願います。

記事はこちら
空飛ぶたぬきの航空よもやま話 2018.01.28 小牧航空祭のブルーインパルスの飛行は航空法違反?

この記事をアップしたあと、「急激な姿勢の変化」に焦点があるようですね・・・ともツィートしてますね。
※引用元 https://twitter.com/FlyTanuki/status/957473517452193793

また曲技飛行パイロットのウィスキーパパこと内海 昌浩氏からも、こんなご指摘をいただきました




ネットでもそして司法の場でも、議論がはじまることになります。
いろんな立場の声に耳を傾けつつ、自身も勉強していかなくてはならないなぁ・・・と感じてます。

ある意味「キチガイの言うことにいちいち構ってられない」と言う見方もできるかも知れません

でもね
私がボランティアスタッフでお手伝いさせていただいてる、あいち航空ミュージアムの零戦展示に難癖つけてきたのも、この手の人達。
ブルーにしてもミュージアムにしても、誤った情報を発信される可能性も否定できません。

いや、それ違うから・・・と言う発信は要るんじゃないか
放置・・・はできないかな?
と私は思ってます。

最後、問題の展示飛行
2017年3月に行われた、小牧基地オープンベースでの本番での飛行の動画をあげます
20分あるんで、時間のあるときにでもたぬき先生の記事を見比べてみてください。





















ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 19:17| Comment(0) | ブルーインパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

小牧基地オープンベースでのブルーインパルス展示飛行は危険だー ホントにそう思ってる?

この人たち「小牧基地周辺住民が危険だー」と言うけど、その割にはあの事故の話が出てこないのは何故?

今回告発をした人達が、口をそろえて言うのが「ブルーインパルスは危険だー」。で次に来るのが「何度も事故を起こしてー」。で例に上がってくる事故で一番多いのが、宮城県の女川原発の近くで起きたT-2ブルーの故。
※2000年7月にT-4ブルー2機が訓練から帰投中に、女川原発近くに墜落したもの。原発近く、です。
※参考記事 ウィキペディア ブルーインパルス牡鹿半島墜落事故


小牧基地周辺の住民の話なのに、なぜ山の中に墜落した事故の話で出てくるの?
意味不明。

小牧基地と言う所は、大都市名古屋の北となりにある基地。小牧市や春日井市、豊山町にまたがり、周辺は工場や住宅地が広がります。
田んぼとかも、まだあるんだけどね。

周辺住民が心配と言うなら、1982(昭和57)年の浜松基地航空祭の事故に焦点をあてるべきだと私は考えてます。
市街地に墜落したこの事故が、一番近い事態ではないでしょうか。

私その日は戦闘機のレーダーの初級課程で、浜松基地第2術科学校に入校中。
浜松南基地(現・浜松基地南地区)の西側グランドに設置された臨時駐車場で、警備と整理にあたってました。

周りは車関係の工場や農地、住宅地が広がっていた浜松基地。
事故機が墜ちたとこが、工場で完成した車の置き場。しかし、破片が住宅を直撃したため家が壊れると言った被害も出ています。

その日、演技を行うブルーインパルスの画像がこれ。あの174号機の画像を中心にアップします。
私にとっては生まれて初めての、ブルーインパルスでした。

あの「下向き空中開花」で、あきらかにおかしな角度で降下していく機体
機体が見えなくなり、湧き上がる黒煙。
35年経つ今でも忘れません。

T-2 ブルーインパルス SCN_0003
T-2 ブルーインパルス SCN_0003 posted by (C)てっちゃん

T-2ブルーインパルス #174
T-2ブルーインパルス #174 posted by (C)てっちゃん

T-2 ブルーインパルス
T-2 ブルーインパルス posted by (C)てっちゃん
※この画像は知り合いが撮影したものを譲り受けたものです。

今の小牧基地周辺は、当時の浜松基地周辺とはくらべものにならないほど、家が建ち工場がたくさんあります。
もし、そこに飛行機が墜ちたら・・・と考えたらゾッとしますよね。

でも、この告発した人達。何故か浜松基地での事故がーとは言わない。
何故そこに焦点をあてない?
ホントに「住民の安全」を考えているの?








ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 18:26| Comment(0) | ブルーインパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする