2020年02月29日

太平洋戦争末期に登場した人間爆弾「桜花」に関わった人のお話し

1.2トンと言うとんでもない爆弾に翼とロケットを付けた飛行機に乗り、敵艦へと突っ込む人間爆弾「桜花」。
この特攻兵器に関わった人のお話しが現代ビジネスのweb版で配信されました。

「桜花」がどういう兵器で、どれだけ戦果があったか・・・と言うより
この「桜花」で編成された第721航空隊で分隊長を務め、戦後は航空自衛隊で空将補を務めた湯野川守正氏を軸に記事は進みます。

秘密指令の見出しどおり、「こんなことがあったんだ」なんてのもあるけど
ところどころにちりばめられている、指揮官や若い桜花搭乗員についてのエピソードに惹かれます。

特攻云々と言うのは私なんぞが軽々しく言う問題じゃありません。
こんな事実があったことをお伝えできれば、と思ってます。

記事はこちらのツィート内リンクからどうぞ
桜花や搭載母機の一式陸攻の画像もあります
ちょっとボリュームあるので、時間があるときにじっくり読んでください



この「桜花」神雷部隊の一式陸攻がアメリカ機動部隊へ出撃、迎撃される様子を撮影した動画です

この当時はアメリカ空母艦載機の性能も大幅にアップ。
1.2トンもの人間爆弾を積んで重くなり、回避行動がとれない母機の一式陸攻は絶好の標的。
被弾し右主翼が吹き飛ばされたシーンで、1分ちょっと動画は終わってます。

映像から見ると1945年3月21日の第1回目の出撃のもよう
この日出撃した一式陸攻は18機。敵機に迎撃され15分で全滅、とあります。











posted by てっちゃん at 09:07| Comment(1) | 第2次世界大戦や太平洋戦争のお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
特攻に偏る左翼の記事は、同時に並行した祖国防衛の技量を語らない危ない記事でもある。そもそも、爆撃機の話しは、日露戦争から進んだ兵器の開発力が進んだことで防衛力も進んだことであった。

日露海戦で日本が勝利を手にしたのは、当時の一か八かのような兵器力でもある。後に真珠湾やマレー沖で不沈艦船を撃破し、英国海軍とチャー散る首相を意気消沈させ大英帝国が散っていくことになる。

航空機にゾッコンなスレ主が、米英爆撃機話題の戦術を破壊するという飛びつきそうな流れでもある。しかし、当時に英米軍B29の弱点に果敢に挑んだ陸軍の高射砲の成果と軍人の高度な能力を忘れてはいけない。なんと、日本に来たB29の半数以上に打撃を与え、数割に近いB29を撃ち落したのである。笑笑


攻撃兵器に力を入れても、その脅威から防衛することに十分な開発力を注いだドイツの軍事と言われる。ただ、日本もドイツに負けないものが有った日本の人財である。対し世界一の悪事で、無駄な程に世界一という名声を達成しようとしたアメリカの(国際法違反に匹敵する狂った)攻撃もあることも忘れてはいけないのである。今で言えば、アメリカに数兆円の多々な損害を与えたのに・・

Posted by at 2020年05月16日 03:31
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: