2019年12月11日

在日アメリカ空軍横田基地にて CV-22オスプレイ用の新しいエプロンの起工式

第21特殊作戦飛行隊のCV-22オスプレイが駐機するエプロンの起工式が、神主さんを招いて行われたとか。
※記事参照および引用、画像引用元 https://www.yokota.af.mil/News/Article-Display/Article/2032349/yokota-breaks-ground-for-afsoc-airfield-apron/

横田基地からはこんなコメントが
※自動翻訳

日本でCV-22オスプレイのこの恒久的な住まいを作ることは、アライアンスへのコミットメントの明確な例です。米軍は、日本の防衛を支援し、地域の安全と安全を図るために、インド太平洋地域にいくつかの最も先進的な能力の位置を進め続けています。

191205-F-RU502-204.JPG

日本のオスプレイは佐賀への配備は反対だー、習志野の暫定配備は期間をハッキリさせろーとかでゴタゴタしてますが
アメリカの特殊作戦用オスプレイの配備、準備が着々と進んでいます。

マスコミの報道見ても、日米共同訓練ではその内容や背景よりも「オスプレイガー」
オスプレイって、そんなに特別な飛行機なの?

画像はMV-22

44D4F542-461D-49D2-80AA-0EDFE11E8D34.jpeg
※画像引用元 https://commons.m.wikimedia.org/wiki/File:US_Navy_SEALs_hoisted_into_AF_CV-22.jpg#mw-jump-to-license









posted by てっちゃん at 07:32| Comment(0) | オスプレイ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: