2019年10月27日

旧日本海軍重巡洋艦「鳥海」フィリピン レイテ島沖で発見される

故ポール・アレン氏の探索チームが、またもや発見したとのこと。
旧日本海軍艦艇に限らずアメリカ海軍艦艇も次々と探し出している、このチーム。

ミッドウェーで「赤城」や「加賀」を見つけてから、1週間も経っていません。
しかも3000q近く離れた海域に移動しての発見
何が彼らをそこまでさせるのか知りたい、とも思います。

「鳥海」と言う重巡洋艦が、この艦(フネ)

ship_chokai7.jpg
※画像引用元 ウィキペディア

水深5173mの海底で眠る「鳥海」の姿
13分ほどの動画の中では、艦体はもちろん艦橋や20cm主砲も見てとれます



この近くには日本艦隊に砲撃され沈んだ、アメリカ海軍の護衛空母「ガンビア・ベイ」やアメリカ駆逐艦数隻もいるので
これらの艦艇を探し出す中で見つけたのかも知れません

おおよその沈没位置がこのあたり
すぐ近くには水深が9000m以上の海溝もあります



以下は、この重巡洋艦「鳥海」について

艦名は秋田県と山形県にまたがる鳥海山を由来としたもの
就役は1932(昭和7)年

全長203mは現在海上自衛隊で活躍しているミサイル護衛艦「ちょうかい」の161mよりも一回り大きいことになります
私イージス艦って見たこと無いから、どんだけ大きい艦(フネ)なんだろうと思う

太平洋戦争開戦時は、マレー半島方面での作戦に従事。
ミッドウェー海戦は「赤城」や「加賀」とは違う部隊で、後方に展開
ガダルカナル方面で活動した後は、マリアナ沖海戦に参加

レイテ沖海戦に参加し、「武蔵」が沈められたシブヤン海戦の後アメリカ機動部隊と交戦した、サマール沖海戦で沈没。
1944(昭和19)年10月25日のこの海戦で損傷し、警戒駆逐艦とともに戦場を離れたもののその後の経緯は不明。
損傷した経緯も敵空母艦載機によるものとか、味方の戦艦「金剛」からの誤射によるものとも言われているし
沈没した経緯も味方駆逐艦に雷撃処分されたとの説もあり、はっきりしたことはわからないそうです。

乗員を救助し戦場を離脱した駆逐艦「藤波」は、、翌26日アメリカ海軍機により撃沈
2艦の乗組員全員が戦死しているので、詳細は不明。
定員は「鳥海」には7〜800名、「藤波」には250名ほど。合わせて1000人以上が戦死していることになります。
数ではありませんが。

駆逐艦「藤波」
1024px-Capt._Matsuzaki_and_Fujinami.jpg

今の時代は、ミサイル護衛艦「ちょうかい」が名前を受け継ぎ3代目として活躍中です。

真っ暗な深海に沈んでいる「鳥海」の姿、どう受け止めるといいんだろう。
なんて思ったりします。














posted by てっちゃん at 09:00| Comment(0) | 第2次世界大戦や太平洋戦争のお話し | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: