2019年10月18日

あいち航空ミュージアムに展示されている 名市工八〇式フライヤーにこんな声をいただきまして

秘かにガッツポーズの私(^^♪
名市工八〇式フライヤーと言うのは、高校生が造ったエンジン付き飛行機として

日本で初めて

空を飛んだ飛行機。
名古屋市立工業高校の飛行機同好会の生徒たちが造った飛行機です。

そこに目をつける貴方、お目が高い。



全体像がこれ



隣には世界に名だたる三菱重工が造ったMU-300がいるけど、その存在感は負けずとも劣らず
愛知県が世界に誇る飛行機の1つ、と言っても良いでしょう

私はそう思ってるし、あいち航空ミュージアムでボランティアをさせてもらってる時、機会があればこの飛行機を紹介するようにしています。
実際、来館者の方からは「すごいね」と言っていただけることもたびたび。

機体の周りには、この機体を解説したパネルもあるので
あいち航空ミュージアムに来られた際は、ぜひじっくりと見て頂ければ嬉しいです。






























posted by てっちゃん at 07:22| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: