2019年09月09日

県営名古屋空港に航空自衛隊CH-47J チヌークが来たぞ

航空自衛隊小牧基地ではなく、県営名古屋空港への飛来は珍しいこと。
令和元年大規模地震時医療活動訓練の一環として飛来したんだとか。
フォロワーさんのおかげで、生チヌークを見ることできました(^^♪

訓練は、首都直下で地震が起きたと想定
SCU(Staging Care Unit:広域搬送拠点臨時医療施設)を県営名古屋空港に設置
小牧市民病院や春日井市民病院のDMAT(Disaster Medical Assistance Team:災害派遣医療チーム)が
被災地からの患者を受け入れや搬送先の決定などを訓練するもの

いざと言う時に国や地方公共団体、自衛隊などが協力して
円滑に動けるようにしておきましょう、と言う訓練です

詳細については
内閣府 令和元年度 大規模地震時医療活動訓練について
愛知県医務課 大規模地震時医療活動訓練への参加について
それぞれのページをご覧ください。





























自衛隊、いざと言う時に備えてこんな訓練にも参加していること
多くの方に知ってもらえれば、と思います。





※記事中の画像は全て管理人である私が撮影し、著作権を保持しています。無断転載厳禁。













posted by てっちゃん at 21:45| Comment(0) | 自衛隊のお話&イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: