2019年08月25日

あいち航空ミュージアム 八〇式名市工フライヤーの着座体験 体験してきました

私も特別に乗せてもらいました。
実際に乗ってみると「どんな風景が見えたんだろう」とか「どんな風を感じたんだろうか」とか、いろんなことを思ったりするものですね。
子供達にも良い思い出になるのと同時に、ワクワクも感じてもらえたのではないでしょうか。

八〇式名市工フライヤー、高校生が作った有人動力機としては日本で初めて飛んだ飛行機。
作ったのは名古屋市立工業高校の飛行機同好会の生徒さん達と先生方。
愛知県の高校生が成し遂げた快挙です。

縁あって、あいち航空ミュージアムに展示されてます。
こんな飛行機。

あいち航空ミュージアム 八〇式名市工フライヤー解説イベント 3D888B17-3171-4BF3-B983-50074BF7096F

シンプルでしょ?
でもね・・・隣にある三菱重工のMU-300に負けずとも劣らない存在感を放ってます。

50過ぎたオッサン、乗せてもらいました



コックピット・・・より頭の上のエンジンが気になったかな?
舵を動かすコントロールスティックを動かしてみたけど、軽すぎず重すぎず適度な抵抗感があって
これは「飛行機を飛ばしてる」と言う感覚が味わえる機体じゃないかな

これコックピットビュー



オッサンの話は終わり(笑)

驚いたと言うか・・・
機体の前で先生とお話しをしていた時のこと

開館直後だったんですが、八〇式名市工フライヤーめがけて走って来た子がいましてね
いやぁ、ホントに嬉しかった。

こんな感じで名古屋市立工業高校の生徒さん達も、手伝ってくれました
約10秒の動画
(動画の撮り方が悪くて、上手に伝わらないのが申し訳ない)



今日、あいち航空ミュージアムに来ていただいた名古屋市立工業高校の生徒さんや先生方。
本当にありがとうございました。

M先生、次回もよろしくお願いします。




※記事中の画像は全て管理人である私が撮影し、著作権を保持しています。無断転載厳禁。













posted by てっちゃん at 20:03| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: