2019年08月18日

あいち航空ミュージアム 八〇式名市工フライヤー着座体験やります

高校生が作ったエンジン付きの飛行機としては「日本で初めて飛んだ」、この八〇式名市工フライヤー。
愛知県の高校生が作った飛行機って、知ってました?

普段は皆さんにお見せするだけの展示。
夏休みと言うことで未就学の子供さんから高校生までを対象に、特別に操縦席に座ってもらおうと言うスペシャル企画をやります。

もちろん実際に飛んでもらうことはできません。そこはゴメンなさいです。

でも
操縦席に座りコントロールスティックを使って舵を動かしてみれば
ちょっとした飛行体験になるのではないでしょうか。

あいち航空ミュージアムでの去年の様子です。
ボランティア活動の合間に撮影しました。

あいち航空ミュージアム 八〇式名市工フライヤー解説イベント 3D888B17-3171-4BF3-B983-50074BF7096F

親子連れの方が多かったです
飛行機ファンの方にも、ぜひ見て欲しい機体です。



15秒ほどの動画

難しいことはわからなくても、子供さんにはいい思い出になりますよね
こう言う体験から飛行機と言うものに興味を持ってもらえれば良いなぁ・・・そう思います。

あいち航空ミュージアム 八〇式名市工フライヤー解説イベント 6485D344-F3C0-4304-8814-602A0673CACC

期間は8/23(金)〜25(日)の3日間
時間は10:00〜12:00と13:00〜16:30


8/25(日)には、FDAフジドリームエアラインズのパイロットさんとフライトアテンダント(客室乗務員)の方が来館し
それぞれのお仕事について語っていただくイベントも行います。
実際にお仕事に就いている方のお話しを聞けば、何か興味が持てるかも知れません。

八〇式名市工フライヤーの着座体験、パイロットさんや客室乗務員の方のお話しを聞くイベント
両方ともに入館料だけでOK。予約も要りません。

夏休みも終盤。
この機会にぜひ、あいち航空ミュージアムにお越しくださいませ(^O^)/





※記事中の画像は全て管理人である私が撮影し著作権を保持しています。無断転載厳禁。
posted by てっちゃん at 21:48| Comment(0) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: