2019年08月12日

ベトナム戦争で戦死した空軍パイロットの遺体 エアラインの機長となった息子が故郷へ連れて帰る

機長を始めパイロットは、アメリカの国旗がデザインされたネクタイをしめてます。
機内でアナウンスを聴いた乗客は拍手。
空港の大勢のスタッフは直立不動で迎えています。

息子さんご自身、どんな気持ちだったんだろう。

アメリカと言う国、と言うか国民について
国民と軍の関係みたいなものについて
いろいろ思ったお話しでした。






posted by てっちゃん at 10:59| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: