2019年07月27日

航空自衛隊F-35Aステルス戦闘機 飛行訓練再開へ

F-35飛行隊がある三沢基地の地元紙「東奥日報」が伝えてます。
地元三沢市の副市長や市議会議長などが防衛省を訪れ、安全管理体制の確立を求める要望書を提出。
これを受けて防衛省は週明け29日にでも、飛行訓練の再開を青森県へ伝達するもよう。
東奥日報 2019.07.27 F35飛行訓練再開へ 29日、青森県に伝達

この先具体的なスケジュールは現時点では不明
4月上旬の墜落事故発生から約4ヶ月
自治体からの要望書云々とは別に空自内で再発防止策は練られていた事でしょう。

あとは無事故と言う実績を積みあげて行くのが、住民そして国民の皆さんに対する答えなのかな、と思います。

三沢基地を離陸して行くF-35達






ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 16:47| Comment(0) | 空自 戦闘機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: