2019年07月24日

C-1輸送機による国外運航訓練が実施

程度の良い機体をフィリピンに無償供与?
今回のフィリピン行きは、C-1と言う輸送機の実物を見せに行く目的もあるのでは?
なんて妄想をしてる私。これ、全く根拠ありませんので(笑)

引退が始まりすでに解体された機体もある中で、何故今?と言うところに興味津々です。

入間基地第2輸送航空隊第402飛行隊のC-1輸送機

C-1 78-1025 402SQ IMG_5177_2
※管理人撮影

以下、航空自衛隊航空幕僚監部発表のお知らせから

C−1による国外運航訓練について

標記について、次のとおり実施するのでお知らせします。

1 目的
アジア方面における航空路及び地域特性を把握するとともに、輸送機(C−1)運航要員の国外任務遂行能力の向上を図る。

2 期間
令和元年7月22日(月)〜7月25日(木)

3 目的飛行場
(1)クラーク国際空港(マバラカット/フィリピン)
(2)ベニト・エブエン空軍基地(セブ/フィリピン)

4 参加部隊等
航空支援集団 第2輸送航空隊 C−1×1機 人員約20名

5 その他
ベニト・エブエン空軍基地等において、フィリピン空軍と部隊間交流を実施する。

以上、引用元 航空自衛隊航空幕僚監部 令和元年7月19日 C−1による国外運航訓練について

仮に・・・ですが
C-1がフィリピンへ、となるとまたひと騒動ありそう(笑)
でもこの輸送機が、フィリピンの役に立つなら、それはそれで良いことではないでしょうか。

と言うわけで、早速空自の公式フェイスブックに現地での写真がありました






ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 21:41| Comment(0) | 空自 その他輸送機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: