2019年06月30日

G20大阪サミット 航空自衛隊小牧基地のKC-767も警備任務に参加していた事 ご存知でしたか?

各国のトップが集うG20大阪サミット。警備にあたる警察の方についてのニュースは数多く流れてますが、航空自衛隊の戦闘機が上空監視ならびに警戒にあたっていた事、あまりニュースでは流れていなかったようです。

実は私も知らなくて・・・ツィッターで知った次第。
小松基地のF-15が実弾やミサイルを搭載し警戒任務にあたっていたとのこと
※他の基地の機体もいたかどうかは確認とれず

小牧基地のKC-767空中給油機は、上空監視にあたる戦闘機へ燃料を補給するため
1日に何回か大阪方面に向かったようです
ツィッターでは朝の4時に離陸して行った、何てツィートも。

6/28土曜日の朝。空中給油任務へと飛び立つ小牧基地第404飛行隊のKC-767が離陸するところに立ち会うことができました。
いつもだと休日は格納庫前に3機いるのですが、この日は1機は任務中で不在。
1機は交代に向かうために離陸。
もう1機は準備のためか、電源を入れて点検作業をしていたもよう(電源車?や車両がいましたね)

パイロットなど乗員の方はもちろん
整備員や運航に関する隊員の方々も、当然出勤でしょう。

訓練とは違うし、相手は各国のトップ。
緊張も強いられることでしょう。
任務にあたる隊員のご家族も何かと大変かと思います。

自分自身、ミグ25亡命事件で機体警備に親父が行ったので
何となくは理解できるかな、と思っています。


画像6枚













最後に
日本の防空の最前線で活躍した、元F-15パイロットの空飛ぶたぬき氏(@FlyTanuki)のツィートをご紹介します






※記事中の画像は、全て私が撮影し著作権を保持しています。無断転載厳禁。







posted by てっちゃん at 15:16| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: