2019年05月01日

JAL日本航空のA350がロールアウト 特別塗装の初号機がお目見え

令和、新しい時代にふさわしい機体ではないでしょうか。
シンプルだけど、カッコいい(^^♪

JAL日本航空でB777の後継として導入される、ワイドボディのエアバスA350 XWB(eXtra Wide Body
その1号機がフランス・トゥールーズの塗装工場からロールアウトしたと発表がありました。
※記事参照元 Aviation Wire 2019.04.30 JALのA350ロールアウト 9月から羽田ー福岡便

この機体はロールアウト後、地上試験や飛行試験に進みます。
引き渡しは今年中ごろ、就航は2019年9月1日の羽田ー福岡便を予定とのこと。

JALは標準型のA350-900を18機、国際線用に長胴型のA350-1000を13機発注。
さらにオプション(仮発注)で25機。
最大56機を購入予定。

最初に導入するのはA350-900で、最初の3機がA350のロゴを入れた特別塗装。
1号機がレッド、2号機がシルバーで3号機はグリーンとのこと

国内線は福岡便からスタートし、札幌(新千歳)や那覇への便にも投入予定。
北海道出身の私としては、名古屋からじゃなくわざわざ東京に行ってからでも、この新しい飛行機に乗りたい(^^♪

エアバス社から、この特別塗装機の写真が公開されてますのでシェアしますね。

download.jpg

download.jpg

※画像引用元 エアバス社公式サイト 2019.04.30 First JAL A350-900 rolls-out of Airbus paint shop

2014年に羽田に初飛来した時の動画です
機体のディテール、最後の方にはコックピットや客室の映像も収録されています
(約16分。4KですのでWi-Fi環境推奨)













posted by てっちゃん at 07:15| Comment(0) | 民間機&民航機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: