2019年02月13日

春日井市議会でブルーインパルスの話題が出ました

小牧基地オープンベースでのブルーインパルスの展示飛行について、話題が出たのは春日井市議会平成30年第6回定例会 (11/29〜12/17)。
春日井市議会が発行している「春日井市議会だより」より引用します。
※引用元 http://www.city.kasugai.lg.jp/_res/projects/default_project/_page_/001/001/819/shigikai31no102.pdf

何年か前に撮った写真ですが、小牧基地オープンベースでのブルーインパルス

ブルーインパルス 朝の列線風景 IMG_4616_2

質問者の長谷川達也議員は市議会最大会派の自由クラブ所属

WS000002.JPG

長谷川議員の「一部住民感情基づく反対は不適切で」と言う発言、私もその通りだとは思います

小牧基地オープンベースで行われたブルーインパルスの展示飛行が、航空法違反だーと告発されました。
告発に参加したのは300名あまり。署名は3000筆あまりと聞いてます。

ところが
小牧基地周辺、いわゆる2市1町の春日井市と小牧市そして豊山町の人口は350000人以上。
「一部」と言えば「一部」です。

さらに、この告発には岩倉市の方も参加してます。となると分母はさらに大きくなる。
イコール反対派はどれだけの割合なの?と言う話になります。
そんなんで「市民の声」なんぞ名乗って欲しくないですがね。

ここらの話を書きだすと、とても長くなるので割愛。
同じ定例会では、こんな話も出てます。

質問者の丹羽一正議員は単独会派の「味美クラブ」所属

WS000001.JPG

県営名古屋空港(小牧基地)の話題が出ると、必ずと言っていいほど出てくるのが、この「飛行場周辺対策市民協議会」。

「飛行場の撤去を目的に設立」といい、愛知県平和委員会との繋がりと言い、あちら界隈の団体なんだなぁと言う印象。

ただ

春日井市のトップである市長の伊藤太氏は、三菱重工出身。自民や公明などの推薦で出馬し当選した方。
環境政策課の答弁は市長の意向を受けてるはずなので、この市長の意向は何故なんだろう。

さらに言えば、あの共産党は春日井市議会32議席のうち、4議席を持つだけの弱小会派。
共産党がー、と言うのも違うんじゃないかと思ってます。

市長や春日井市そして共産党を批判するのは、ちょっと違うんじゃないかとも感じてます。。
そんなところにエネルギー使うんだったら、ブルーインパルスを応援した方が建設的でしょう(笑)

ただし、ウソやデマは徹底的に潰すのも忘れずに。

今はSNSで、個人が簡単に意見を発信できる時代。反対派の方は声を上げてます。
賛成派は賛成派で声を上げて行きませんか?

ブルーインパルス展示飛行 IMG_5009_2


















posted by てっちゃん at 21:14| Comment(0) | ブルーインパルス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: