2019年01月15日

韓国空軍 3月末までにF-35Aを2機受領

航空自衛隊でも続々と配備が進む、最新鋭ステルス戦闘機F-35A。お隣の韓国でも初のF-35Aが2019年3月末までに受領され、4〜5月には配備の予定。
今年中は10機が、メーカーのロッキード・マーティンから引き渡される計画だそうです。
※記事参照元 THE KOREA TIMES Two stealth jets to arrive in Korea by March

韓国は2014年3月に、40機のF-35Aを7.4兆ウォン(現在のレートで約7130億円)で購入を同意
2017年末からパイロットの飛行訓練のためにアメリカへ派遣。
アリゾナ州ルーク空軍基地には、さらに6機があるとのこと。

130516-F-BU402-566_(8793397581).jpg
※画像はアメリカ軍機
引用元 https://commons.wikimedia.org/wiki/File:130516-F-BU402-566_(8793397581).jpg


さて定期検査とかはアメリカに持って行くんでしょうか
日本に整備拠点がありますが、あちらは嫌がってるご様子。
米軍機が小牧の三菱に整備へ来るのに大反対されてるグループの方々、韓国空軍のF-35Aなら良いですか?
ぜひ聞いてみたいですね。








ラベル:韓国軍
posted by てっちゃん at 06:28| Comment(0) | 韓国軍 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: