2019年01月13日

政府 電子攻撃機開発へ

電子攻撃機と言う名前が適当かどうか別として、敵のレーダーや通信の無力化を図る航空機を開発する方針を固めたとの事。読売新聞が報じてます。
※読売新聞 2019.1.13 政府、「電子攻撃機」開発へ…レーダーを無力化

またぞろ、あちら界隈が騒ぎそうですが

この電子攻撃機の開発は、先に決定された防衛大綱で
「我が国に対する侵攻を企図する相手方のレーダーや通信等を無力化するための能力を強化する。」
※記事引用元 防衛大綱 p18~19
とされた事を具体化するものの一つ。

どんな使われ方をするのか、運用イメージが記事参照元の読売新聞に載っていますので、そちらもご覧になると良いでしょう。

母機となる機体はC-2輸送機とP-1対潜哨戒機を想定。
C-2型は2027年度の導入を目指し、P-1型は開発スケジュールから検討するそうです。

航空自衛隊C-2輸送機

924D06F8-6373-4166-B0B7-DE8521A23B3C.jpeg

海上自衛隊P-1対潜哨戒機

8B35C424-0E78-47AF-A042-25B37A39AC80.jpeg

少し前、アメリカ海軍やオーストラリア空軍で運用されているEA-18Gグラウラーの導入が取り沙汰されていました。
さてこの話が消えたのか、生きているのかも興味があるところですね。









posted by てっちゃん at 09:09| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: