2018年12月24日

古いF-15をアメリカへ売却し装備品調達の財源に でも日経の記事がひどい

F-35戦闘機を100機以上追加取得する原資として、航空自衛隊が保有・運用しているF-15戦闘機の一部をアメリカに売却する検討を日本政府が始めたそうです。
※記事参照元 日本経済新聞 2018.12.24 旧型F15を米に売却検討 政府、装備品調達の財源に

ちょっと長いです
私は評論家でもなんでもないです。自衛隊が好きで防衛に興味がある、そこらへんのオッサンです。
こんな見方もあるんだ・・・と、お時間ある時にでも読んでいただければ幸いです。

F-15DJ #089 第6航空団第306飛行隊 IMG_9431_2
F-15DJ #089 第6航空団第306飛行隊 IMG_9431_2 posted by (C)てっちゃん

周辺諸国が最新鋭の機材を開発・配備する中、日本だけが古く使い物にならない機材を使っているのでは、この国を守ることができません。
やはり対抗できるものが必要です。
でもさ、そのお金を国民生活に回して欲しいよなぁ、とも思ってます。

古いF-15をアメリカが買ってくれれば、多少はお金も浮くだろうし
これはこれで良いお話しではないでしょうか。

ここから先は会員限定記事のため、非会員は読めません。
しかし、ここから先がとても酷い内容。
ウソあり偏向あり、安倍ガーとなるとこうもひどくなるんから怖い(笑)

f35img0004.jpg
※画像引用元 航空自衛隊公式サイト 主要装備F-35A

この偏向報道、「いや、ちょっと違うんじゃない?」と思った点が3つ

@東南アジアなどへの転売

F-35の追加取得の交渉の中で、日本政府が古いF-15の下取りを打診
アメリカは買い取った旧式のF-15を、空軍力が弱い東南アジアなどへ売却す可能性も含めて検討する意向を示したとのこと

東南アジアへ売れば、海洋進出を強める中国へのけん制にもなるんじゃないか
とも書いてます

「防衛装備移転三原則」に照らして、問題はないか
日本の安全保障に資する、と言う条件を満たせば輸出はできるようになりました
海上自衛隊で使っていたTC-90練習機を、フィリピンへ譲渡した時は無償だったけど、売却となったら問題はないの?
ここらは制度上の問題があれば、改めて対応を検討するとのこと。

ただ
F-15よりも新しい戦闘機を装備している国も多い現状、どこの国が買うのかと言う疑問も出てきます

アメリカでは民間会社がアグレッサーをやってるので、そこに売るんじゃないか
なんて話も出てるけど
運用コストが高い機体ゆえ

日経がそこに触れていないのは、ちょっと疑問。
武器輸出がーと煽りたいのが、ちょっと見え隠れしてるようにも見えます。

A日本のマスコミお得意「トランプ大統領ガー」

今回のF-35追加購入は、一部メディアでは「爆買い」とも言われてます。
それはアメリカ・トランプ大統領が対日赤字削減圧力をかけ、アメリカ製装備品の購入拡大を迫ってきたから、だと。

これ赤字対策でF-35を買うんじゃなくて
F-35を買うから赤字対策になるんであって、こんなもん素人でもわかる話です

そしてF-35の取得については2013年、今から5年前に出された「防衛大綱」と「中期防衛力整備計画(2014〜2018)」にハッキリと書かれています
※記事参照元 乗り物ニュース 2018.12.02 F-35買い増しなぜ必要? 実は5年前からほぼ既定路線 100機1兆円超えも現実的なワケ

この部分を上げます

「近代化改修に適さない戦闘機(F-15)について、能力の高い戦闘機に代替するための検討を行い、必要な措置を講ずる」
と言うのは、「中期防衛力整備計画(平成26年度〜平成30年度)について」の5ページから6ページに明記されています

WS000001.JPG
※記事引用元 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2014/pdf/chuki_seibi26-30.pdf

「航空偵察部隊1個飛行隊(RF-4E)を廃止し、(戦闘機)飛行隊を新編」は
新たな防衛計画の大綱・中期防衛力整備計画〜「統合機動防衛力」の構築に向けて 〜、これに書かれてます

WS000000.JPG
※記事引用元 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2014/pdf/chuki_seibi26-30.pdf

老朽化したF-4にF-15、と言う現状を考えれば新しい戦闘機の大量購入は必要不可欠
海外諸国の戦闘機の購入状況も考えれば、F-35「しか」考えられない

ゆえにF-35を大量購入し、それが日米の貿易にも資する・・・と考えるのが自然じゃないでしょうか

B旧型のF-15でも部品を更新すれば十分使える(キリッ

物理的にはできるんだろうけど、とんでもない手間と多額のお金がかかる話。
古い戦闘機にお金と手間をかけるんだったら、新しい戦闘機買った方がよいでしょう

まず平成31年度以降に係る防衛計画の大綱、航空自衛隊関連部分の抜粋にこう書かれてます
□航空優勢の獲得・維持
○近代化改修に適さない戦闘機(F-15)について、戦闘機F-35A)の増勢、短距離離陸・垂直着陸が可能な戦闘機を新たに導入することで代替

※記事引用元 http://www.mod.go.jp/asdf/news/release/2018/1218/images/taikou301218_PDF.pdf

防衛省と航空自衛隊はF-15には改修できない機体もあるんだよ、と言ってますが
日経そこは無視のようです

F-15と一口に言っても、改修された機体とそして「改修が困難な機体」があるそうです
知ってはいたけど、イマイチわからなかったので調べてみました

軍事航空評論家の関賢太郎氏が以下の記事を書いてます
内容としては大まかに3つ

同じF-15でも搭載電子機器が大きく異なる
機内でデータなどをやりとりする通信線に問題あり
コスパを考えると買い替えが現実的

「あぁ、そうなんだ」と納得の内容
以下にリンク貼りますので、ぜひご一読を

乗り物ニュース 2017.12.17 空自F-15J、約半数はファミコン並み? 同じF-15でも性能に大きく差がつくワケ



日経がF-35の追加購入に反対しようが、安倍ガーあろうがトランプ大統領ガー、そんなのは自由です。
日本と言う国は言論の自由が保障されてますから

でも、この記事
日本を守る自衛隊員を軽視してるし
ひいては日本国民の生命をも危険にさらしかねない
とも私は思いました。
















posted by てっちゃん at 17:56| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: