2018年12月16日

あいち航空ミュージアム 入場者数は低空飛行 ボランティアとして思うこと

新聞各社が続々と取り上げてます。私は、あいち航空ミュージアムでボランティアをさせていただいてます。その立場で、この記事について思ったことなどを書きます。

もちろん、あいち航空ミュージアムとしての意見ではありません。今から書くことは、「あくまでも」「一個人」の意見です。

参考にしたのは、以下の2紙
中日新聞 208.11.27 航空ミュージアム、入館目標届かず 豊山、30日に1周年
日本経新聞 2018.12.13 あいち航空ミュージアム低空飛行 開業1年、目標割れ(会員向け記事)

現状、1周年を迎え入場者数が目標の65万人を大きく割り込み、50万人ほどにしか届いてません。
開業1か月で19万人と言う、セントレア(中部国際空港)のB787体験施設「FLIGHT OF DREAMS」や
2018年3月のリニューアル・オープン後2ヶ月で10万人と言う、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館(宇宙博)
これらに比べると「少ない」と言うのは否めないです。

私は土日中心でボランティアで行きますが
実際問題お客さんが「少ないなぁ」と実感する日もあります。

各紙ともに別に悪口書いてるわけじゃないし、地元紙の中日新聞は「入場者数が未達」と書きつつも応援してくれてるようにも読み取れます。
でも、何となく凹むよなぁ(笑)

各紙、愛知県の担当者のコメントとして取り上げてるのが
@MRJの量産が遅れていること(納入が2020年へ延期)
A学校行事での利用が伸びていない
この2点

@MRJについて
MRJの展示構想から始まっている、あいち航空ミュージアムと言う施設
MRJの見学客を当て込んでるところに、この量産の遅れ。飛んでる姿を見ることが出来ないのは大打撃です。

でもさぁ
納入延期なんてオープン前からわかってたことでしょう
今になって何を言ってるの?と言う話です。

三菱 MRJ模型 IMG_0446

模型とパリ・エアショーでのデモフライトの写真だけじゃ・・・ねぇ。

お客さんと話していても、「MRJて今どうなの?」と聞かれることもしばしば。
関心が高いのは事実。

知ってる範囲でお話しはするけど
それって、私らボランティアが個人的に話をすることじゃないでしょ。

MRJがーと言うなら
MRJミュージアムと被らない形で展示資料を増やし、愛知県として情報発信することも必要だと思いますよ。

そして何よりも

MRJは今は無いんだから、MRJに頼らない集客も考えなきゃならないんじゃないの?

永遠の0で使われた零戦の模型と、警視庁で使われたヘリが新しく入るけど
今のこの状況、まだまだ手を打つ必要はあるかと思います。

A学校行事について
周辺の学校からの利用は「それなり」、そう少し多いと思っていた(中日新聞)
学校へのアプローチを始めた(日経新聞)

中の人からも「学校が少ない」と言う話は聞いてます。

おそらくは学校の先生方なんだろうなぁ、と言う人たちの姿は私も見かけました
でも、先生方から見て今の展示内容はどうなんだろう。

遠足・・・で遊ぶことが目的なら、フライングボックスなんて最高だし
天気が良ければ、屋上展望デッキから飛行機を見たり、ハンモックで寝転ぶのもいいでしょう
充分イケます\(^o^)/

でも
校外学習と言う視点ではどうなのか

あいち航空ミュージアムのコンセプトは3つ
「航空機産業の情報発信」、「航空機産業をベースとした産業観光の強化」「次代の航空機産業を担う人材育成の推進」
※引用元 https://aichi-mof.com/about.html

学校で習う学習指導要領と関連して、各学年では以下の内容があります

小学4年:「特色ある地場産業」
小学5年:「国内における主要な産業としての航空産業」
小学6年:「産業学習のまとめ」
中学校:「日本の産業」

※引用元 https://aichi-mof.com/program/school.html

オリエンテーション・シアターでは、愛知時計から始まった愛知県の航空機作りを簡単に紹介しています
また飛行の教室では、飛行機が飛ぶ仕組みをプロジェクションマッピングで見せています
当然、実機展示してる

これはこれでいいんだけど、ちょっと足りないんじゃないかなぁ。

名機百選では、愛知県にゆかりのある飛行機がたくさんあります
愛知県の航空機産業の歴史と言う括りで、愛知で産まれた飛行機はこんなのがありますと言う学習でもいいのでは
あちらの政党が文句つけるかも知れませんが

そして、愛知県ではボーイング社のB787やB777Xと言った旅客機の胴体や翼なども作ってます
三菱系の企業ではエアバスの旅客機で使うエンジンのメンテナンス事業も始めました

愛知県のどこでどういうものを作ってるか
そういう展示が「無い」
どこで・・・と言う地図も無ければ
どういったものを・・・と言う実物も無い

豊山町にある、航空館boonではこんな展示してます

まずB777のドア

航空館boon 展示資料 IMG_1079

ちょっと内容が古い感は否めないけど、このパネルもわかりやすいかな
小さいモニターで製造現場の様子を動画で見ることもできます

航空館boon 展示資料 IMG_1085

愛知県、航空機産業は車と並んで重要な産業です
アジアのナンバー1をめざし、航空宇宙産業クラスター形成特区と言う取り組みも行っています
このパンフレットには、どこでどのようなものが作られているかが書かれています

※パンフレットはこちら
資料ダウンロード | アジアNo.1航空宇宙産業クラスター形成特区 - 愛知県

あいち航空ミュージアムでは、名機百選の隣にB787の模型を展示。
そこには「日本が約3割を分担」みたいなことは書いてありますが、それだけです。

愛知県(岐阜県・三重県も含め)どこで何を作っているのか
あとは実物を触れられる、見ることができるような展示をしていかないと、学習施設としては役不足なんじゃないか。

これ、岐阜かかみがはら航空宇宙博物館の収蔵庫にあった素材の展示

かかみがはら航空宇宙科学博物館収蔵庫 554

愛知県の担当者は
「学習がメインの施設、他の施設との違いをアピールできる」(日経→そのまんま転載できないので、言葉を変えました)
と言ってるようですが

今の展示内容では「学習」にはまだまだ足りない、私はそう感じています。

入場者数を増やすのに、学校(学年)単位での来館を増やすのは必須だし、ある意味個人客を増やすよりは早い。
でも今の展示内容では、「学習」には弱すぎると「私は」思ってます。

学校の先生方や教育委員会の方々にも、どんどんアプローチして
どんな展示があれば学習に役立つのかを聞いてみるのもいいかも知れません。

愛知県議会では「周辺施設との共存・繁栄を」なんて声も出てるようで
岐阜かかみがはら航空宇宙博物館との共通入場券はすでに実施、こんどはセントレア(中部国際空港)のFLIGHT OF DREAMSとの共通入場券も検討するとか。

おトク感を出すのもいいけど、まずは「わが身」を考えるべき
あいち航空ミュージアムとして展示内容やイベントをもっともっと強化しないと

現状では、あいち航空ミュージアムは「ついで」にしかならないし
「他の施設に喰われる」んじゃないか、危機感すら持ってます

愛知県の施設である以上、愛知県が主導して欲しい
各紙に答えたコメントを読む限りでは(記者がどんな質問をしたか、も問題だけど)
現状認識もできてないし、ちょっと考え方がズレてるとしか見えません。

中の人が頑張ってるのが、十分活かせてない気もします。


さて・・・言いたいことは言った
他人を批判することは簡単。
じゃボランティアとして自分は、何の役に立てる?てことを考えないとね(笑)


あいち航空ミュージアム 462


































posted by てっちゃん at 19:52| Comment(3) | あいち航空ミュージアム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
はじめまして。自衛隊側に住んでいる者です。
以前から愛知航空ミュージアムは、小さい子供が楽しめる施設だから行っておいで♪と、会社の同僚に進めていてのですが、昨日、豊明市から家族で出向いたそうです。
で、今朝、彼から奥様や子供達の率直な感想を聞きました。
"はっきり言って小さい。"
当然、飛行場に隣接する航空機の博物館なので、もっと迫力のある大きい物をイメージしていたそうです。
確かに各務原と比べると・・・。
また、YS11も内部見学したそうなのです。が、古い新幹線の座席を見ているようで、コックピットを見ても今時の子供達にはアナログ過ぎるようです。
同じアナログでも浜松のエアパークは戦闘機で子供達のワクワク感が違ったとも言っていました。
屋上のデッキには上がった?FDAのパイロットさん達が飛び立つ前に、手を振ってくれるよ。って、聞きましたが・・・分かり辛くて行きませんでした。と。
零戦も私達にとっては色々思う物があるのですが、彼ら家族には完全に過去の物のようです。これを見たからと、どこかの党が騒いでいた事などありませんよ。とも言っていました。(確かにデジタルの世界でゲームをしている子供達にとっては、全く興味がないでしょうね。)
彼は二階の模型は凄いと思ったようですが、奥様曰く、飛行場に来ているのに所詮、模型は模型と言っていたそうです。
あの規模で2500円は、もう無いからなぁ。とも。
これが現状だと思います。
愛知の航空産業が云々と、県の偉い人達が言う前に、一周年を迎えたいだからこそ、大人も子供も、ワクワクする施設の方向に持って行けませんかね。
ごめんなさい、偉そうな事をコメントしてしまい。
近所に住む者として、もっと、もっと、愛知県の航空産業の情報発信地になって貰いたいと切に思う次第です。
Posted by こもさん at 2018年12月17日 23:07
こもさん、コメントありがとうございます。

偉そうなこと・・・いえいえ、とんでもありません。こういう声が「山を動かす」と思います。

おそらく中の人や県の航空対策課の人は、もっと厳しい声を聞いてるでしょう。

いろいろと手を打ってはいるのですがねー、それが実にならないもどかしさもあるように見受けられます。

私個人としても思うことがあるので、それは追々記事にしようかと思います。


Posted by てっちゃん@管理人 at 2018年12月19日 21:28
こもさん、こんばんは。昨日、日曜日にボランティアに行ってきました。

ワクワクする施設・・・どうすればいいんでしょうかねぇ。悪い意味ばかりではないんですが、ちょっと考え込んでしまいました。

正月休み、あの人気の施設に行ってこようかと思ってます。
何か得るものがあるかと考えてます。


Posted by てっちゃん@管理人 at 2018年12月24日 21:51
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: