2018年12月12日

航空自衛隊小牧基地のC-130H輸送機 今年もクリスマスドロップに参加

人道支援や災害支援における能力向上、日本とアメリカやオーストラリアとの相互運用の向上、この2つを目的とした「クリスマスドロップ」。
ミクロネシアやパラオの島々へと飛ぶこの訓練に、小牧基地のC-130H輸送機が赴いています。

子供たちへおもちゃなどのプレゼント、そしてさまざまな生活物資を投下するこのミッション。
荷物の梱包から投下、航空輸送訓練がホントの目的。

航空幕僚監部からの報道発表から引用します

ミクロネシア連邦等における日米豪人道支援・災害救援共同訓練の実施について

航空自衛隊は、人道支援・災害救援に係る能力向上及び米豪空軍との相互運用性の向上を目的に、下記のとおりミクロネシア連邦等における日米豪人道支援・災害救援共同訓練を実施します。



1 期間(基準)
平成30年12月5日(水)〜12月17日(月)

2 実施場所
アメリカ合衆国グアム島アンダーセン空軍基地、ミクロネシア連邦、パラオ共和国および北マリアナ諸島並びに同周辺空域

3 参加部隊等
(1)航空自衛隊:航空支援集団第1輸送航空隊(小牧基地)C−130H×1機及び人員約30名
(2)米 空 軍:C−130J×3機
(3)豪 空 軍:C−130J×1機

4 訓練項目
航空輸送、物料梱包及び物料投下訓練等

5 その他
本訓練への実機の派遣を伴う参加は、今回で4回目となります。


※記事引用元 航空幕僚監部 11/30発表 ミクロネシア連邦等における日米豪人道支援・災害救援共同訓練の実施について

読売新聞の英語版では、太平洋への海洋権益の拡大を狙う中国へ対抗するため、日本と太平洋の島々の交流を促進する・・・とも報じてます。
※関連記事 The Japan News 2018.12.07 With eye on China’s maritime advances in Pacific, Japan to promote strategic ASDF visits

あぁ、そう言う見方もあるんだなぁ。
言われてみれば、そういうのもアリですね。

何はともあれ、あちらの国々の人たちが喜んでくれるのがイチバンです(^^♪

去年の様子がYouTubeに上がってます
約3分半弱の動画















posted by てっちゃん at 06:30| Comment(0) | 小牧基地 輸送機 C-130H | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: