2018年12月11日

航空自衛隊向けKC-46A空中給油機の2号機 ボーイング社が受注

現在KC-767が4機と言う、日本の空中給油機体制。これに加えて導入されるのが、新型空中給油機KC-46Aペガサス。
相次ぐトラブルで開発の遅延・・・日本に来るのはいつになるやらと思っていましたが、道筋がついてきたようです。

日本がアメリカ製装備を導入するときの発注→契約から生産と言う流れが、イマイチわからないのですが
3年かそこら後には、このKC-46Aペガサスと言う新空中給油機が日本へと配備されることになりそうです。

契約は1億5800万ドル(現在のレートで約180億円)、作業完了は3年後の2021年6月30日の予定

10月に横田基地へと飛来したKC-46Aペガサス空中給油機

181025-F-PM645-0698.JPG

181025-F-PM645-0700.JPG
※画像引用元 アメリカ太平洋空軍公式サイト




ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 06:34| Comment(0) | 空自 その他輸送機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: