2018年12月02日

F-35 100機追加取得で1兆円 安倍とトランプがお友達だから?そうじゃないんですよ

安倍さんとトランプさんがお友達で、今回のF-35の大量購入にトランプさんが感謝とか言う記事ばかりですが、それは結果論でしょう。
「お友達」論がホントなら、安倍さんはとてつもない「独裁者」と言うこと。安倍さんに反対しようものなら、あっと言う間に投獄、死刑になるよ。

f35img0004.jpg
※画像引用元 航空自衛隊公式サイト 主要装備F-35A

日本の防空を担ってきたF-15戦闘機が老朽化して時代遅れになってきた現状
今までは改修して使ってきたけど、それもできなくなってきた

日本に導入されて、すでに40年近く経っているF-15

F-15DJ 62-8089 第6航空団第306飛行隊 246618335_org
※2017年小牧基地オープンベースにて管理人が撮影

F-35は多くの国が開発に携わってきた「国際共同開発機」ゆえ、アメリカの取り分(儲け)は実は多くない
→1兆円と聞くととんでもない数字に聞こえるけど、10年で100機、1年では1000億円
→自動車関連では年で5兆円の対日貿易赤字

今回の大量購入で貿易赤字を減らすと言う「手柄を立てさせた」

などなど

この追加取得計画が気にくわないパヨクのみなさん
F-35はポンコツだーとデマを流すのに必死(笑)
そりゃそうでしょう、日本の防衛力が強くなっちゃ困る人達ですから

記事はこちら
※下記リンクをクリックで、該当記事が別タブで開きます

F-35買い増しなぜ必要? 実は5年前からほぼ既定路線 100機1兆円超えも現実的なワケ

民主党政権時代、防衛大臣政務官や防衛副大臣を務めた長島昭久衆院議員はこんなツィートをしてます
100機の追加云々は別として、F-35Aの導入を決めたのは民主党政権
ここから別の戦闘機を追加取得と言うのも、これはこれで「全く」現実的ではない話








「乗り物ニュース」で筆者の関賢太郎氏があげた、

「近代化改修に適さない戦闘機(F-15)について、能力の高い戦闘機に代替するための検討を行い、必要な措置を講ずる」
と言うのは、「中期防衛力整備計画(平成26年度〜平成30年度)について」の5ページから6ページに明記されています

WS000001.JPG
※記事引用元 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2014/pdf/chuki_seibi26-30.pdf

「航空偵察部隊1個飛行隊(RF-4E)を廃止し、(戦闘機)飛行隊を新編」は
新たな防衛計画の大綱・中期防衛力整備計画〜「統合機動防衛力」の構築に向けて 〜、これに書かれてます

WS000000.JPG
※記事引用元 http://www.mod.go.jp/j/approach/agenda/guideline/2014/pdf/chuki_seibi26-30.pdf

この手の話を書くと、根拠はーと言われる事が多いんで上げておきます。

1兆円、これを国民生活にあてたら・・・私も同感です。
でもね、日本の周りで何が起きてるか、そして我が国の装備の現状を見たら
新しい、強い装備品を持って対抗していかないと「ダメ」
なんじゃないかなぁ、そう思う今日この頃です。












ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 20:13| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: