2018年11月10日

海上自衛隊 無人攻撃機の導入を検討へ

「攻撃機」とはありますが、目的としては日本周辺で活動する中国艦艇の監視や、北朝鮮の船舶による密輸監視が目的のもよう。読売新聞が報じてます。

※記事参照元 YAHOO!NEWS 2018.11.09 海自、無人攻撃機導入へ…中国艦など監視強化

アヴェンジャー→ジェネラル・アトミックス・アヴェンジャー:通称プレデターC
時速740kmと飛行速度が速く、ステルス性も追求した機体。
対艦ミサイルや爆弾も搭載可能。

広域監視センサーなども搭載し、1度の飛行で18時間以上飛べるそうです。

無人機の活用を位置づけた、新しい防衛計画大綱に基づき
2020年代後半に運用開始を目指すとのこと。

800px-A_Predator_C_Avenger_unmanned_aircraft_system_and_inert_ordnance_sit_on_display_on_a_tarmac_at_Palmdale,_Calif.,_Aug._8,_2012_120808-N-WL435-054.jpg

※画像引用元 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%B4%E3%82%A7%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%83%A3%E3%83%BC_(%E8%88%AA%E7%A9%BA%E6%A9%9F)

動画ありました








ラベル:海上自衛隊
posted by てっちゃん at 19:30| Comment(0) | 海上自衛隊の航空機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: