2018年11月08日

航空自衛隊美保基地のC-2輸送機 緊急消防援助隊中部ブロック合同訓練に参加

この訓練は全国を6つのブロックに分けて、それぞれ過去の災害での教訓を踏まえた実践的な訓練を行ったとのこと。
中部ブロックでは、静岡県静岡県遠州灘を震源とする地震(南海トラフ地震)を想定した訓練を実施しました。
※九州ブロックでは大雨により地盤が緩んでいる中で地震が発生するという複合災害を想定した訓練だったそうです。

※記事参照元 総務省消防庁 報道資料 平成30年度緊急消防援助隊地域ブロック合同訓練の実施

C-2輸送機を使った傷病者の搬送訓練は、航空自衛隊浜松基地で実施。

3C5BFCB2-4F2D-4671-A2DA-BDBD19864D2D.jpeg
※画像は以下の航空自衛隊美保基地公式フェイスブックより引用

2段ベッドの下段に傷病者、上段には医療機器。2列据え付けても、機内にはまだ余裕があるように見えます。
また離陸時の加速を模することで、傷病者への影響も確認したそうです。







ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 06:20| Comment(0) | 空自 その他輸送機 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: