2018年11月04日

海上自衛隊が潜水艦訓練を公表したことで見えてきたもの

自衛隊=人殺し、武器と言えばすぐ戦争。バカの一つ覚えしか言わない人には、ぜひ読んでもらいたいですね。

隠密性が命と言われる潜水艦。どこにいるかも含め、訓練については秘匿されてるもの。
しかし海上自衛隊は9月に南シナ海からベトナムへと動いた潜水艦「くろしお」の行動を、「異例」の公表。
その狙いは何なのか。

潜水艦「くろしお」

596_02l.jpg
※画像引用元 海上自衛隊公式サイト>写真ギャラリー

防衛大卒で毎日新聞で編集委員を務めている滝野隆浩氏が、海上自衛隊で長い間潜水艦に乗り海幕広報室長などを務めた伊藤元海将に聞いた記事がYAHOOニュースに掲載されてます。

軍事に詳しく、ツィッターでは「因幡のよっちゃん」で活動している稲葉義泰氏は、以下のようなツィートを




官邸と防衛省・自衛隊が戦争防止に向けて何を目指しているかを明瞭にした
ここ大事。

伊藤元海将の発言で、私なりに重要だと感じた部分
@この公表は国家安全保障戦略の一環として「政府一体的、戦略的な情報発信」を行ったもので「制服組の独走」ではない
A軍事と言えば「戦争だー」とすぐ騒ぐ人がいるが、「軍事はメッセージにつかうもの」

この記事の結びに滝野編集員は
@大国間の武力衝突が起きる可能性が極めて低いこの時代、それなりの装備を持ち運用できることを「見せる」ことが重要
A作家の山崎豊子氏の「戦争には反対だけど、守るだけの力を持ってはいけないと言う考えには同調できない」と言う言葉を引用
B戦争をしない、させないために適切なメッセージを発し、自衛隊の能力を外交交渉に使う
と書かれています

異論もありましょうが、まずはお読みください
青太文字クリックで、該当記事が別タブで開きます

YAHOOニュース 11/4 <自衛隊>見えない潜水艦訓練「公表」で見えてきたもの






posted by てっちゃん at 16:37| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: