2018年10月28日

平成30年北海道胆振東部地震 民間の船舶が活躍した理由

9月に北海道で発生した地震。民間の「はくおう」や「ナッチャンWorld」が災害派遣で出動。支援物資の輸送や、入浴支援に活躍したのをニュースで見た方も多いかと思います。

「はくおう」や「ナッチャンWorld」の支援実績は、防衛省発表の以下の資料の10ページからご覧になれます
平成30年10月14日 防衛省 平成30年北海道胆振東部地震に係る防衛省・自衛隊の対応について(最終報)

1024px-はくおうIMGP1452.JPG
※画像引用元 ウィキペディア

でも・・・なんで自衛隊の活動に民間の船舶が?と思われた方も多いはず。
はい、私もです。

軍事フォトライターの矢作真弓氏が、そのあたりの事情を分かりやすく記事にしています。
自衛隊が民間の船舶を使うPFI契約について、「はくおう」と言うフネについて、今回行った被災者支援について
防衛装備庁の担当者の方への取材を通じて、乗り物ニュースに書かれています。

これも自衛隊の災害派遣を支える、大事な部分
ぜひお読みください。

記事は以下のリンクから
※リンクをクリックで、該当記事が別タブで開きます

貨客船「はくおう」北海道地震で被災者支援に参加 なぜ普通のフネが自衛隊の活動に?(写真20枚)







ラベル:自衛隊 防衛省
posted by てっちゃん at 21:46| Comment(0) | 自衛隊のお話&イベント情報 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: