2018年10月25日

橋に貨物船が衝突して断水 支援に航空自衛隊も

今どきの教育隊は、海水から真水を作る装置も持ってるんだ・・・とニュースを聞いてビックリ。
私が新隊員のころは、そんなもんなかったぞ(笑)

貨物船が橋に衝突、水道管が破損し島のほぼ全域でで断水している、山口県周防大島。
航空自衛隊防府南基地の航空教育隊が、海水から真水を作る装置を持って支援に駆け付けたそうです。

この装置、1日に海水から真水を8000リットルも作ることができるんだとか。
2基の装置を約60km離れた防府南基地から島へと運び込み、午後には手を洗うのにも苦労していた島の病院へと届けることができました。

10/24の14:30に山口県知事からの災害派遣要請を受け
21:00過ぎには防府南基地の航空教育隊や、防府北基地の第12飛行教育団の隊員達が出発。
翌朝には給水装置を設置し給水を開始と言う、迅速な展開です。

ただ

山口県知事からの災害派遣要請に先立ち、航空自衛隊や陸上自衛隊が山口県庁や周防大島町役場へと連絡幹部LOを送り込んでます。
事前にニーズを調査してるゆえの、迅速な展開・活動ですね。

島の病院の院長先生、大助かりとNHKの取材に応えてます。
記事はこちら。動画付です。

海水から真水を 断水続く周防大島町 自衛隊が給水開始


今回の災害派遣について、防衛省からの発表はこちら

山口県大島郡周防大島町における給水支援に係る災害派遣について








ラベル:航空自衛隊
posted by てっちゃん at 21:46| Comment(0) | 防衛のお話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: