2018年10月11日

インドネシア地震へ各国の空軍が援助に飛んでます

大きい被害が出た、インドネシアの地震と津波災害。各国空軍の輸送機による救援物資の空輸が活発に行われています。画像でご紹介。

まずは、我が航空自衛隊。
小牧基地のC-130Hが国際緊急援助隊として活動中。



アメリカ空軍もC-130Jを投入

181006-F-ZM606-091.JPG

181005-F-ZM606-017.JPG
※以上2枚 画像引用元 アメリカ太平洋空軍公式サイト フォトギャラリー


オーストラリア空軍はC-130Jに加え、C-17も参加させています

20181007raaf8198167_026.jpg

20181007raaf8198167_105.jpg
※以上2枚の画像引用元 オーストラリア空軍公式サイト フォトギャラリー

え?と思ったのが中国
Y-20と言う、C-17にも匹敵する輸送機を配備したばかりですが
今回は民間機をチャーターしての援助活動を行っています

6f570709-0837-490b-8e77-dc1220e33347.jpg
※画像引用元 http://japanese.china.org.cn/politics/txt/2018-10/10/content_65552618.htm

日本では、災害派遣専門のチームを創設しては・・・と言う声も聞かれます。
それはそれでアリとは思うけど、装備や人員の技量の維持とか考えるとどうかなぁ、と言う気もします。
みなさん、どう思いますか?


posted by てっちゃん at 19:19| Comment(0) | 世界の軍用機ネタ&動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: