2018年09月29日

F-35B アメリカ・サウスカロライナで墜落 詳細は不明

事故が起きたのは現地時間の28日。 アメリカのサウスカロライナ州ビューフォート郡、ビューフォート海兵隊航空基地付近の近く。
事故機はこの基地に所属するVMFAT-501の機体。
※記事参照元 https://news.usni.org/2018/09/28/breaking-f-35b-crashes-near-marine-corps-air-station-beaufort

F-35としては初の墜落事故でしょうか、詳細は不明なれどパイロットは脱出し、病院で診察を受けているとのこと。
アメリカのCNNは1機1億1550万ドル(約130億円)の高価な機体がーと書いてますが、パイロットの命には代えられないですよね。
しかし、そこは税金の使い道にとてもシビアなアメリカ。徹底的な原因追究がなされるでしょう。

今回墜落したのは短距離離着陸が可能なB型。日本の航空自衛隊が導入し始めたA型とは、一部仕様が違う機体です。
しかし事によっては日本のF-35Aにも影響するかも知れないこと。
素人的にも気になる事故ではありますが、詳細が発表されるのを待ちますか。

事故を目撃した人のツィート




VMFAT-501のF-35B

F-35B_Lightning_of_VMFAT-501_takes_off_from_Eglin_AFB_2013.jpg
※画像引用元 ウィキペディア







posted by てっちゃん at 20:07| Comment(0) | 世界の軍用機ネタ&動画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: